tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

取り戻したい…<総優>  7.





<7話も少し短めです。   お詫びします。>



俺は親父に、即、相談した。


親父と俺は一緒に、優紀ちゃんが所属しているという芸能事務所を訪れた。


親父は、俺の為に、芸能事務所の社長に頭を下げてくれた。


「うちの愚息と優紀さんは、二人の共通の友人を介して、高校生の時に知り合って折り、
 それから、うちの愚息は、高校生の頃には既に優紀さんに惚れていた様なんです。
 それなのに、優紀さんを手放して、後悔しているというんです。
 それに先日は、優紀さんに会えないだけで、ストレスで寝込む騒ぎを起こしまして、優
 紀さんと、付き合いたいと申すんですよ。」
「………」


社長は、何も答えられないで居た。


「そちらの女優さんですから、無茶は言えないでしょうが、何処の馬の骨かもしれない男
 と噂になるより、うちでしたら、西門流ですし、面は割れています。」
「………」


社長は、強引な物言いの家元に、空いた口が塞げない状態だった。


「如何でしょうか?
 この際ですから、公表、致しませんか?」
「………、検討させてもらえますか?」
「承知しました。
 良いお返事をお待ちしていますよ⤴。」




俺は親父に初めて素直に礼を言っていた。


「親父、有難な‼
 今回のこの件は、親父に感謝してる。」
「親だからな。
 お前にも幸せに成ってもらいたいんだよ。
 それに、いくら注意しても止めなかった『女遊び』を、優紀さんに再会しただけなの
 に、再会しただけで止められたって事だろ?
 優紀さんを、お前から取り上げれば、また、『女遊び』を再開してしまうんだろ?
 それが答えだろ?」
「………」


俺は、何も言えなかった。
親父の言葉が正論過ぎて…。


「総二郎、まあ、頑張れ。
 好きな女の為なら、男は頑張れるもんだよ。」
「………、親父、何か、意味深だな?」
「………」


今度は親父が何も言えずに居た。



俺は、こんなに親父と話ししたのも初めてだった。


ちょっと、照れくさいもんなんだな。
親父も照れくさそうだった。


後は、“優紀ちゃんを堕とすだけだな。”と、俺は悟った。
優紀ちゃんを泣き堕とすだけだよな‼




俺はあれだけ決心したにも関わらず、優紀ちゃんとは、あれからもまた、何日も会えねぇ日々が続いていた。


また、俺の限界は、優紀ちゃんに会えない事で、深みに嵌まって行った。



そんな時だった。


俺に奇跡の女神が、またまた微笑んだ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。