tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  6.




司は、つくしとのお見合い後、数日経って、F3に呼び出されていた。


「司、大河原家の下の令嬢との見合い、如何だった?」
「ああ、俺は、気に入った。」


F3は、驚愕していた。


「「「マジか‼」」」
「司が初めて女を気に入ったってか?
 司が、“気に入った‼”って言う、女とは、どんな女だよ?」
「ああ?
 お前等、ぜってぇ、惚れるなよ‼
 俺の女だかんな‼」
「出た、俺様っ‼」
「うるせぇ~な‼
 良いんだよ、俺の女だからな‼」
「で、どんな女だよ‼」
「ああ?
 あいつの良さは、俺だけが分かってれば良いんだよ‼」


F3は、“何処までも、『俺様、司様』だよな。”と、思っていた。


「まあ、また、会えるだろ?
 どうせ、司が気に入ったんなら、何処かのパーティーのパートナーは、その令嬢が司の
 パートナーとして、出席するんだろ?」


司は自慢気に言って除けた。


「当然だな。」


類は、相手の気持ちを司が聞いているとは思えず、司に尋ねていた。


「その令嬢の(司への)気持ちは、司自身は聞いたの?」
「否、まだだ。
 聞いてはねぇが、俺に惚れた事は間違いねぇだろ。
 このハイスペックな俺様だぞ‼
 この俺様に堕ちねぇ女は居ねぇんだよ‼」


類は、“やっぱり…。”と、思っていた。
しかも、F3は、心の中で、“はぁ~。”と、溜息を付いていた。


“司のこの自信は何処から来るんだぁ~??”と、F3は驚愕より呆れていた。




一方、つくしは、姉の滋に問い詰められていた。


お姉様に正直に伝えて相談すれば、道明寺さんは怒るだろうし、だからって、お姉様には、嘘は付きたくない。
“如何すれば、良いのだろう…?”と、悩んでいた。


「つくし、当然、お断りしたわよね?」
「お姉様~。」
「何?
 もしかして、お断りしてないの?」
「彼方(あちら)から、“お断りしないで欲しい。”と、言われてしまって…。」
「はぁ~??
 つくし、如何いうつもり?
 まさか、お付き合いするつもり?」
「お付き合いはしないと思うけど…(多分?)。
 でも、お友達だったら、如何かと思って…?」
「つくし、良い?
 今は、あっちは、取り繕っている状態だと思うけど、慣れて来たら、本性が出て来るわ
 よ…。
 そう成ってからでは、遅いのよ。
 つくしが傷付く姿を見たくないの。
 少しは、姉の気持ちを分かりなさい‼」



そんな話を滋とつくしがしていた数日後、またしても、つくしは、父親に呼び出されていた。


「つくし、今度、道明寺HDとうち(大河原グループ)が提携合意する事は分かって居る
 な?」
「はい、存じ上げています。」
「その、提携合意パーティーの際の司君のパートナーをつくしでお願いしたいと、話しが
 入って来た。
 つくし、了承して居るので、そのつもりで居なさい‼」
「もう、決定、何ですよね?」
「そうだな、決定事項だ‼」
「お姉様が如何仰るか、不安、何ですが…?」
「滋の事ばかり、気にして居たら、先には進まないだろ?
 それに、彼方(あちら)から、“見合いの件は進めて良いか?”と、打診が有った。
 つくし、まだ、司君に気持ちを伝えて居ないそうじゃないか?
 如何するつもりだ?
 司君もそろそろ、答えが欲しいらしいぞ‼」


つくしは、父親の前だというのに、思いっ切り溜息を付いていた。


「はぁ~。」


父親は、つくしの様子を見ていて、怪訝そうな顔をしていた。


つくしは、父親のその様子を見て居なかった。
と言う寄り、気付いて居なかった。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。