tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…<総優>  12.


次の日、道明寺邸にて


「優紀さん、お茶のお稽古、西門邸に通っていらっしゃるそうですね?」
「ええ、そういう事に何故か成っていて、如何してこうなったのか分からないの?
 桜子さん、何か知ってる?」
「申し訳ないのですが、私は、何も存じ上げませんわ。」
「………」


桜子が優紀に追い打ちを掛け出した。
つくしは、ビクビクである。


「優紀さん、西門さんの事、どう思っていらっしゃいますか?」
「ええぇ??  何で?」


桜子は優紀の気持ちに、グイグイ、押し迫った。


「優紀さん、西門さんのお気持ち、ご存知ですよね?
 先輩の婚約パーティの時、優紀さんと西門さんに何が有ったか何て、聞かなくても、何
 となく分かりますよ、西門さんの様子を見ていれば…。」
 「………」


「優紀さん、あの後の西門さんの荒れようご存知ですか?
 大学は休みがち、仕事はミス続き、家元も呆れてしまう始末だったそうです。」
「………」


「優紀さんが西門邸に通われるようになってから、人が変わったように西門さんの“お茶
 の味が変わった。” や 西門さんに“何が有ったんだ。”って、専らの噂らしいです
 よ。」
「………」


桜子は最後の押しの一手とばかりに、押して押して推し捲った。


「それって、どういう意味か、いくら優紀さんでも、分かりますよね?」


女策士桜子 降臨‼


(“はぁ~⤵。” つくしの心の声…。)


「桜子さん~。」



其処へ、F4、雪崩込み…。


「優紀ちゃん、俺は優紀ちゃんの事…、好きだ。
 優紀ちゃんは如何なんだ?」
「西門さん??   私…。」
「………」



皆、優紀の言葉に期待を寄せる顔・顔・顔・顔・顔・顔…。
優紀は困ってしまった。


「優紀ちゃん…??」


「西門さん…、好きです。」


「「「「「「「………」」」」」」」


皆、何が起こったのか、一瞬、分からなかったが、
「「「「「「「やったぁ~‼」」」」」」」
と、叫んでいた。



その後、総二郎と優紀は恋人として、お付き合いを始めましたとさ…。


二人のその後、皆さん、野暮な事は聞かないでぇ~‼


Fin



<でも、やっぱり、恋人 総二郎と優紀は垣間見たいですか?>







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。