tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…<総優>  あとがき


こんにちは!
amiです。


皆様、『好きなのに…<総優>』を最後までご覧頂き有難うございました。


今回の<総優>のキーポイントは、“桜子の策士振り”でした。
私の桜子の印象は、本当は、『仲間思いの心優しき乙女』です。
表向き愛され下手だけど、誰よりも仲間意識が高いのではないかと思ったんです。


そんな“仲間思いの桜子ちゃん”に、存分に、策士になってもらいました。


後、もう一方、そうです…、総二郎の母親 家元夫人。


花男の漫画を拝見していて感じたのは、家元夫人は表向き、道明寺楓社長と変わらない『鉄の女』振りですが、本当は、家元夫人も人の親…。


兄弟で一番世話の掛かる息子が可愛いのではないかと…。
『手が掛かる“子”程、可愛い』と、申します。


次男で有りながら、次期家元を名乗らなくてはいけない総二郎。
お茶の世界が嫌いではないから苦にはならない。
でも、反発するみたいなぁ~??


そんな総二郎の心内を知ってしまったら…、母親として動くのではないかと。
ましてや、女遊びを止めさせてくれた女性なら尚且つじゃないかと。


で、家元夫人にも動いてもらいました。


今回の総二郎にはダメ振りを発揮してもらいましたが、皆様はどう思われたでしょうか?
普段では考えられない総二郎…、仲間に支えられて、やっとの思いで優紀を手に入れられた。


漫画の世界では考えられない総二郎にしてしまいました。
総二郎ファンの皆様、すみません。



実は、次回作の<総優>も、出来上がっています。
短めでは有るんですが…。
次回作の<総優>は、少し変わりネタかも知れません。


実は悩んでいる事が有るんです。
次回作のお話しをして於いて何なんですが、心残りが有りまして…。


皆様のお陰様で、『好きなのに…<総優>』を沢山の方々にご覧頂け、感謝で一杯と同時に、こんな終わり方で良かったのかと…。


この『好きなのに…<総優>』を作成し始めた頃は、それ程<総優>のCPは人気が無いと踏んでいましたので、<総優>の話題作りの為にお話しは短めで行こうと考えていたんです。


でも、有難い事にご覧頂けている事が分かり、“如何しよう、付き合う前でお話しが終わっているやん。”と…。


もし、続けるなら、続編のような形になるとは思うのですが、自分から言って於いて何なんですが、まだ、何も浮かんでいないので、慌てるだろう事、間違い無しですが…。


続編って、必要でしょうか?
教えて頂けると有難いです。


是非、皆様のご意見をお聞かせ頂けると有難いです。


宜しくお願い致します。


ami








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。