tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  12.




つくしと優紀の話しが決まった所で、司からTELが入った。


「つくし、今、何処に居る。」
「今日は、“親友と会う約束が有る。”って、言ってたと、思うんだけど…?」
「ああ、そうだったな。
 此れから、如何するんだ。」
「今から、“飲みに行こうか?”って、話ししていた所。」
「なら、俺等も合流するわ。」
「『等』って、如何いう意味?」
「俺も俺の親友等と飲みに行く事に成ってから、一緒に飲もうぜ‼
 そのつくしの親友も。」
「えっ、聞かなきゃでしょ?」
「はぁ~??
 俺等、F4と会えるのに、断る奴が居んのか?」


つくしは、ほんと、『俺様』と、思っていた。


「車、出すから、それに乗って、メープルに来い‼
 良いな、つくし‼」


つくしは押し切られてしまった。
優紀に何て言おうと悩んでいたのに、意外にも、優紀は喜んで居る様子だった。


「優紀、今から、彼達が飲みに行く所に、“来い‼”って、言われてるんだけど、如何す
 る?」
「もしかして、それって…?」
「そう、そう言う事…。 
 優紀、如何する?」
「行くよ、行く行く‼」
「分かった(笑)。
 じゃあ、行こう‼」


そして、つくしと優紀は、リムジンに乗って、メープルに向かった。


そして、滋も誘ったつくしだった。


「優紀、お姉様にもLINEして来る様に呼んだから、紹介するね。
 優紀を、“紹介して欲しい‼”って、言われてたんだ‼」
「了解‼」


優紀はメープルでF4に会える事を、密かに楽しみしていた。



そして、メープルに着いて、優紀はつくしからF4を紹介された。


「優紀、此方が、私の『婚約者の道明寺司』さん。」
「宜しくお願いします。」
「俺は、『婚約者』より、『彼氏』って言われる方が嬉しいけどよ。」
「………」


つくしは無言で有った。
司は、つくしのその姿が、不服だった。


「此方が、茶道 西門流 次期家元の西門総二郎さん。」
「宜しくお願いします。」


総二郎と優紀は握手を交わした。


「此方は、美作商事の後継者の美作あきらさん。」
「宜しくお願いします。」


あきらと優紀も握手を交わした。


「此方は、花沢物産の後継者の花沢類さん。」
「宜しくお願いします。」


類と優紀も握手を交わした。


其処に、滋が登場した。


「何で、つくしの姉ちゃんが来てんだよ…。」


司は不機嫌に成っていた。


「ごめんなさい。
 私が呼んだの。
 姉から、“優紀を紹介して‼”って、前から言われてたから、如何かと思って…。
 ダメだった?」


司は、罰が悪そうに、つくしに返答した。


「否、お前の姉貴だし、仕方ねぇわな。」
「有難う‼」


つくしは思わず、燥いで、司に抱き着いた。
司は、顔を真っ赤にして、つくしを受け止めていた。


あきらと総二郎が、“ピュー”と、口笛を吹いた。


その途端、つくしは、“はっ”と、気付いて、慌てて、司から離れ様としたが、司がそれを阻止して、つくしを離さなかった。


滋は、それを見て、一言、姉として、司に物を申した。


「道明寺司っ‼
 つくしを泣かしたら、私が、許さないんだからね‼
 私の可愛い妹、何だから…ね。」


滋は、顔を真っ赤にして、怒っていた。


司も反撃とばかりに、つくしを抱き締めながら言って除けた。


「分~ってるよ。
 それに、俺を誰だと思ってんだ。
 この俺様が、つくしを、愛してる女を不幸にすると思うか?
 有り得ねぇっつーの‼」
「了解‼」


滋は、反撃の余地を与えられなかった事に不服では有ったが、司の気迫に免じて、何も言い返さなかった。


優紀は、“こんなに想ってもらって、つくしは幸せなんじゃないか。”と、羨ましく思うのだった。


優紀は、思っていた。
“私にもいつか、こんな風に私を想ってくれる男性が現れるのだろうか…?”と…。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。