tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 24.


【花沢つくし 編  24.】


そんな処に、T3が待ち合わせ場所に到着…


「あれっ、道明寺さん?」
「つくし呼んだの?」
「んな訳、無いでしょ?」
「じゃあ、何で??」
「偶然なのよ。」
「ふ~ん、まあ、良いんですけど。」
「良くないよね?」


女共に任せて於いたら、在らぬ方向へ行きそうだったので、俺がセイブした。


「ああ、今から、こいつ連れて行くから、つくしの今日はキャンセルな。」
「えっ‼  
 そんな訳、無いでしょ‼」


強引に手を繋がれて、引き摺られる様に連れて行かれたつくしであった。


「嫌だつっーの‼
 あぁ~、誰か助けてぇ~。」


只今、司坊ちゃんは、『Going my way』 中で、有る。
突っ走っていますね。
つくし、大丈夫かぁ?



司がつくしを連れ去った後、取り残されたT3は…。


「先輩、行っちゃいましたね。」
「まあ~、良いんじゃないの?」
「あの二人が見れるって、久々でしたよね?」
「何か、懐かしくなかった~? 
 また、あの二人が見られて感無量だよ!」
「ですね。」


桜子が仕掛けに入った。


「何か、私も彼氏に会いたくなって来ましたぁ~。」


滋は、一瞬、逃しそうになった気を呼び寄せて言った。


「ちょっと、桜子、今、聞き捨てならない言葉が聞こえて来たけど、私の聞き間違い?」
「さあ、どうでしょう??」


桜子はその場から逃げ出す➡滋が桜子を追い掛けると、言った構図になる。


「ちょっと、桜子、待ちなさいよ‼」
「きゃーー、優紀さん、助けてぇ~。」
「ごめんね、助けられないわ。」


桜子は、仕掛け人である。
桜子は、何か仕掛けに入っている。


「いや~ん、助けてぇ~。」


そんな処に、偶然にも、桜子にあきらからの電話が入った。
桜子は思わず(?)、あきらから入った携帯の着信の通話ボタンを押した。


何が、“いや~ん。”だよ。
誰に追われているんだよ。
おっ、ヤベっ。
身体が反応して来た、桜子~(by あきら)。


「おい、桜子。
 どうしたんだぁ??」
「………はぁ、はぁ。」


「誰かに追われているんか?」
「………はぁ、はぁ。」


「桜子、今、何処だぁ~?
 今直ぐ、迎えに行く。」


「あっ、切れた。」


チェッ、どういう事だよぅ~。



ほんと、世の中、平和ですよねぇ~。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。