tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  22.




司は、つくしから、つくしの姉ちゃんの気持ちを聞いた上で、類をTELで呼び出した。


「類、俺と、二人で飲まねぇか?」
“えっ、司と二人で?
 何?
 怪しい気もするけど…?”
「何も、怪しくねぇよ。
 飲むだけだろ?」
“まあ、良いけど…⤵。”


こうして、司は類と二人で飲んで居た。


司と類は、差し障りの無い会話が続いていた。


そうこうしている間に、時間も経ち、司は、意を決した様に、類に聞いて居た。


「類、聞いて良いか?」


類は司に、“何?”と、言わんばかりに顔を向けただけだった。


「俺とつくしと一緒に居た時、見てしまったんだよな?」
「何を?」
「お前とつくしの姉ちゃんと一緒に居る所(とこ)。」
「何処で?」
「メープルのロビー‼」
「そう何だ。」
「お前、つくしの姉ちゃんの事…?」


類は、司の言葉に被せる様に言って来た。


「司、勘違いしないでよ。
 偶然、会ったから、お茶しただけ…。
 深い意味はないよ。」
「そうか?
 でもな、つくしの姉ちゃんは…?」


またもや、類は、司の話しに被せる様に話しして来た。


「薄々は、気付いてる。
 けど、其処には、俺は無いよ。」
「やっぱりそうか…。
 つくしが気にしてたからよ。
 類、時間取らせて、悪ぃな‼」
「否、良いよ。」


此れで、話しは終わった。


まあ、類と二人だけなら、いつもこんな感じだ。


類の気持ちも含めて、俺は類と話した事をつくしに伝えた。



つくしは、声を詰まらせる様に言って来た。


「やっぱり、そうだよね?
 お姉様だけが舞い上がっている様にも思うんだよね…。
 お姉様が傷付かなければ良いんだけど…。
 パパに成って言って話そうかな?」
「そのまんまで良いんじゃねぇの‼」
「うん、そうだね…。
 はぁ~
 でも、お姉様からは、パパには言わない約束に成っているんだよね。」


見てる限りじゃあ、つくしは、辛そうに返答していた。



しかし、あれから、何日か経ったある日、つくしはつくしの父親から、つくしの姉ちゃんの件を聞かれ、仕方なしに父親に全てを正直に伝えたと言っていた。
父親には…、“お姉様との約束だから…。”と、つくしから聞いた事は、“内緒にしてもらう様に伝えた‼”と、言って居た。


唯、“相手には、その気が無いみたいだ…。”と、だけ伝えた処、父親のかなりがっかりした態度が、つくしは気になったそうだ。


“此ればかりは、俺でも、如何して遣る事も出来ねぇ…。”と、司は思うのだった。


ましてや、つくしの姉ちゃんが好きに成った相手は、“俺の幼馴染で親友の類だ‼”と…。


“俺がどうこう出来る相手じゃねぇのは、確かだ。
 申し訳ねぇが、此ればかりは…な‼”と、司は思っていた。



つくしが気にして居るのが、つくしの姉ちゃんの事らしいと、司は後で聞いていた。


『お姉様が、想いを伝えたくて、暴走しなければ良いのだけど…。』
と、つくしは、密かに、真剣に思い悩んで居る様子だった。



まあ、あのつくしの姉ちゃんの『暴れ馬』具合なら、有り得ねぇ訳ねぇがな⁉
←司君、忘れていませんか?
 司君も、『暴れ馬』の異名が有った事を…⁉      by  天の声





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。