tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 26.

<本日も2話連続投稿です。  26.が短めですので、27.と連続投稿します。
 ご了承お願いします。>


【花沢つくし 編  26.】


総二郎➡あきら TELにて…


「よぅ、あきら。」
「総二郎…か?
 急用じゃ無ければ、話しは後にしてもらえるか?」


あきらは桜子が今、どうなっているのか、もう知ってるって事か?
あきら、慌ててんな。
大丈夫か?


「はぁ??
 急用じゃなきゃあ、TELしたらダメってか?
 あきら、切れてんな?」
「否、そうじゃなくってよ。
 桜子に何か有ったらしいんだけどよぅ、連絡、付かないんだわ⤵。」


成程、追い掛けられてる事は、まだ知らねぇってか?


「あぁ、その事なら、今、桜子は、滋に追い掛けられてるらしいぞ(爆笑)。」
「はぁ~??」


だ・か・ら、あきらん家(ち)、集合な‼」
「はぁ??」


何じゃそりゃ。
焦って損しただろうが~。



総二郎➡滋 TELにて…


桜子にTELするより、滋にTELした方が追い掛けっこは終了するだろ。


「今から、あきらん家(ち)に集合するから、滋も桜子を連れて来いよ。」
「どういう事よ?」


滋、少しは、あきらと俺の立場を考えろって言うだ。


「お前、皆に迷惑掛けるなよ?」
「私だけが悪いの?
 皆が私に黙っているから、事が大きくなるんじゃん?」
「はぁ~⤵。」


思わず、溜息が出てしまった総二郎であった。


俺らをいつも引っ掛け廻すのは、滋だよな。


『台風の目』…滋であった。


「後でちゃんと、説明するから、取り敢えず、来い‼」
「分かった。」




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。