tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

生まれ変わり…<つかつく>  2.




<司side>



其れからの俺は、床に臥せってしまい、起き上がれずに居た。



俺は、後悔しかなかった。


“あいつは、あの小さい身体で、俺を担ぎ助けてくれたにも拘わらず、つくしを自分自身(司)から遠避け、あいつが居るとイライラすると勘違いをし、あいつを罵り続けた。
そして、当て付けに変な女を俺は近付け、俺はあいつを傷付けた。
そして、あいつは病に伏し、永遠に俺の前には戻って来ない所に、俺は、逝かせたと言うのか…⤵。”と…。


俺は、毎日、泣き叫び、毎日、眠れない日々を過ごし、食事も喉を通さず、窶れて行くだけだった。


毎日、点滴生活。
唯、薬に頼って生かされた生活。


早く、あいつの所に逝きたかった。


あいつに会って、唯、謝りたかった。


“何が、地獄の其処まで追い掛ける…だ。”
俺はあいつに嘘を付いてしまった。


結局、俺は、あいつを労われなかった事で罰が当たったと、後悔しかなかった。



そんな生活が幾日か経った頃、夢を見た。
あいつの夢だった。


「道明寺‼」
「つくし………なのか?」
「そうよ、つくしだよ‼」
「もう、何処にも逝くな‼
 俺の傍に居ろ‼」
「それは出来ないよ⤵。
 私は、もう、現生の人間じゃないから…⤵。」
「そんなこと言うな⤵。」
「ううん。
 道明寺は、現生の人間だよ‼
 まだ、こっちには来れないよ‼」
「否、俺は、今直ぐにでもそっちに逝く‼」
「ねぇ、道明寺‼
 私は、何時でも、道明寺を見てるよ‼
 私を探して‼
 早く、元気に成って、私を探して‼
 私は、何時でも、道明寺を見てるから…⤴。」


あいつはそう言ったかと思えば、スーッと、消えて行った。


俺は叫んだ。


「つくし………‼」と。


そして、眼が覚めた。



其れからは、何度、あいつの夢を見たくても、見る事はなかった。



俺は、あいつが俺にあいつを探せと、言うなら、何か有ると思い、体力を付け、仕事に復帰した。


半年は有したが…⤵。


西田は不思議に思ったそうだ。
急に、遣る気に成った俺の事を…。


俺は西田に聞かれた。


「司様、司様に何がお有りに成ったのですか?」
「俺の夢にあいつが出て来た。
 そして、俺にあいつを探せと言って来た。
 見付かるかは、分からねぇ。
 だが、探してみてぇんだ、あいつを‼」


西田は、“何と…⤵。”と、小声で、言っていた気がした。


だが、“協力する。”とも、言ってくれた。
どうせ、俺の遣る気を促す為だろうが…⤵。


取り敢えず、味方は見付けられた。



そして、あれから、半年が経った頃、俺に、関西の経済連から、パーティーの出席のオファーが来た。


顔繋ぎの為、出席する様、ババアから言われていた。


そして、俺は、関西に向かった。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。