tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

生まれ変わり…<つかつく>  あとがき




皆様、こんにちは!
amiです。



皆様、『生まれ変わり…<つかつく>』をご覧下さり、有難う御座いました。


お彼岸頃を狙って居たんですが、少し、ずれてしまいました。


実は、私の娘が、主人の亡くなった母親、所謂、私の義母の命日生まれ何です。


住職さんにお参りして頂いた義母の三十三回忌法要の時、そんな話し成り、住職さんから言われた言葉を、お彼岸という事も有り、思い出しました。


「もしかすると、娘さんは、お母様の『生まれ変わり』かも知れませんね。
 同じ魂を持って生まれて来られたかも知れませんね。
 現生と冥界の魂の出入口は、生まれた日と亡くなった日が同じとされています。」


と、教えて頂いた事を思い出したんです。


所謂、後世で亡くなった魂が、次に生まれ変わる(現生でのお誕生日)のは、後世で亡くなった日にち(命日)で有るという事らしいのです。


凄く、不思議な事だと、感じた事が有ります。


私は、普段は、忘れているんですが…。


で、此の二次小説を、ふと、思い浮かびました。


皆様は、此の神秘的なお話し、如何思いますか?


私は、神秘的な事だと思っています。


主人の伯母から、主人の亡くなった母親の事を良く聞かされていました。


私は、主人と知り合った頃には、既に、主人の母親は他界して会って居ないんです。


だから、主人の母親の話しを伯母から聞いていると、如何しても、娘は、性格・体質・背格好(体格も含め、写真からも)が、義母にそっくりな様な気がするんです。


“やっぱり、『生まれ変わり』って、有るのかも…。”と、考えさせられました。


何か、お彼岸シーズンと言えど、こんな繊細なお話しで申し訳ありませんでした。



これからも、『tukatuku₋inoti』を宜しくお願いします。


ami




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。