tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

イタキス…<イリコト>  後編




紀子が、琴子に直樹の過去を話ししてしまった事を知った直樹は、紀子に食って掛かって文句を言った。


「お袋、何で、俺の幼少期の頃の事を琴子に話したんだ?」


紀子は、当然と言わんばかりに、直樹に話ししていた。


「あら、当然でしょ‼
 琴子ちゃん、何時まで経っても、気付いてないみたいなんだもの?
 気付いて欲しいじゃない?
 私の力作を…‼」


直樹は頭を抱えてしまった。
突拍子も無い事をし出す母親の事を…。


“誰のせいでこう成ったと思ってるんだぁ~‼”と、怒鳴りたい心境の直樹だったのだ。


“道理で、前よりも増して、余所余所しい琴子が居るとは思っては居たけどなっ‼”と、思う直樹だった。



紀子から聞いたあの話しの後、琴子は、出来るだけ、直樹に会わない様にしていた。


だが、その事が気に食わない直樹は、琴子を待ち伏せして、普通に接する様、琴子に命令するのだった。


「琴子、俺の過去を知ったんだよな‼
 俺が悪い訳じゃない。
 だから、今の俺とは関係ない。
 俺とは、普通に接すれば良いだろ?」


琴子は、直樹を傷付けてしまったと、反省をし、直樹に頷いて見せた。


その後は、普通に接する直樹と琴子だった。


直樹は、ご満悦のご様子だった。


やはり、直樹は、『ツンデレ』だった様だ。



この様子を喜んで見ていたのは、やはりの直樹ママこと、紀子だった。



学校では、依然として、直樹は、琴子には冷たく接していた。


だが、金ちゃんからすれば、直樹と琴子の距離が縮まっている様に見えて仕方なかったのだ。


この事を解明すべく、琴子を尾行し始めた金ちゃんだった。
そして、分かったのが、直樹と琴子の同居…。


慌て出した金ちゃん…。


寄り一層、直樹と琴子の気持ちが近付いて行く。


金ちゃんは、直樹と琴子の仲を引き裂こうともがく。


理美とじん子は、直樹と琴子を陰からそーっと応援していた。



そんな日々が続いていたが、直樹と琴子達は大学生に成り、斗南大学に進級した。


金ちゃんは板前に成る為、琴子パパの重雄に弟子入り。
婿候補にも名乗り出る勢いだった。
また、金ちゃんは、斗南大学の学食でバイトをしながら、直樹と琴子の仲を引き裂く事だけを考えて居た。


が、そのうち、直樹と琴子の絆が強い事を悟った金ちゃんは、琴子を諦めた。



そして、紀子の策略により、直樹と琴子が大学在学中に、結婚する事に成り、二人は籍も入れ、琴子は、『相原琴子→入江琴子』に成った。



そして、入江家と相原家の同居は、生涯続く事に成ったとさ…。



fin




<すみません。
 此れが精一杯の『イタキス』でした。
 最後の終わり方が…。
 何とも言えないamiです。


 何方か、総集編と言うか、引き取って色を付けて描いて下さると嬉しく思います。


 『イタキス』の関係者各位様、『イタキス』をメーンで描いていらっしゃいます作家
 様、こんな『イタキス』をお詫びします。
 お許し下さいませ。


 お詫びでは無いですが、『花男』fanの方にも、楽しんで頂けたら(楽しんで下されれ
 ば、幸いです。)と、いう思いから、同じシチュエーションではないですが、発想の
 展開が同じ内容の『花男』も来年には投稿出来たらと思っています。


 これからも、『tukatuku₋inoti』を宜しくお願いします。


                                  ami>




 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。