tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<つかつく>  11.




<司side>


俺の意識が回復した時には、既に、つくしは、姉ちゃんに拉致られた後だった。


それにしても、ほんとに、ババアは、つくしを道明寺家の人間として、今日のパーティーに出席させるつもりだったんかよ⁉


姉ちゃんの言葉が、余りにも衝撃過ぎて、俺は、面食らってしまった。


其れなら、今日のパーティーは、“つくしを俺の婚約者として、紹介して良いって事だよんな‼”と、俺は、一人、興奮していた。


思わず、“やべ‼”って、声が出てしまい、にや気顔が止まらなかった。


嬉し過ぎるだろ‼



で、夕方からのパーティー時間に間に合う様に、つくしの準備が出来たと、姉ちゃんから連絡が入った。


“司、つくしちゃんの準備が出来たわよ。
 迎えに来て上げて‼
 メイクルームに居るから…。”
「了解、今から、迎えに行くわ‼」
“つくしちゃん、滅茶苦茶、綺麗に成ったから、司、襲うんじゃないわよ‼”
「今は、襲わねぇよ‼ 
 襲うのは、パーティー後だろ‼」
“………”
「まあ、取り敢えずは、今、そっち行くわ‼」
“はい、はい‼”


で、俺は、つくしを迎えに行った。


そして、俺は、其処で、面食らった。


新年早々、何のサプライズだよ⁉



<つくしside>


司が、迎えに来てくれた。


「つくし、良いか?
 入るぞ‼」
「うん、大丈夫だよ‼」


司は、扉を開けた途端、私を見て、何も、発しない処か、微動だにしなかった。


皆さんは、“綺麗っ‼”とか、“良く、お似合いっ‼”と、仰って下さったけど、似合ってなかったかと、不安に成った。


「司っ‼
 ダメ、似合ってない…⁉」


急に、司は、我に返った様に、私に言ってくれた。


「嫌、似合い過ぎてて…。
 良いじゃねぇか‼
 その、着物…。
 って、言うか、その、着物、如何した?」
「お義母様が、“私のお誕生日プレゼントに‼”って、振袖をご用意下さったの。
 “新春パーティーと成人式の時に着付けて欲しい…‼”って、仰って下さって…。」
「じゃあ、俺が用意した、pinkのドレスは…?」
「お義母様が、“司の誕生日パーティーの時に着なさい。”って、仰って下さったの。」
「………」



<司side>


俺は、思った。


何もかも、お膳立ては済んでたって事かよ⁉


でも、ああ~、もう、良いや。
つくしが可愛過ぎて、今此処で、襲いちまいたいくれぇ、可愛いんだから…よ。
もう、降参だ‼


ほんと、良く似合ってる。


ババア、つくしを良く理解してんじゃねぇかよ⁉


マジ、この着物姿で、つくしは成人式に出るのかよ⁉


マジ、それは、やべぇわ…。


“西田に伝えて、スケジュール、調整させなきゃな‼”と、俺は、誓っていた。



で、スタッフが俺等を迎えに来た。


「司様、つくし様、そろそろ、ご準備をお願い申し上げます。
 パーティー会場に入場して頂きます。」
「おお、分かった‼」


そして、俺とつくしは、パーティー会場の扉の前まで、来ていた。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。