tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

やっぱり、私は…<総優>  2.




<総二郎side>


俺は、優紀ちゃんが空港に居る事は聞いて無かった。


何なんだよ⁉


だが、嬉しさを隠し切れねぇ自分自身が居る事も、また、事実で…。


あいつ等に嵌められた感MAXだけど…。
まあ、嵌められて遣るか⁉



俺は、俺から優紀ちゃんに声を掛けた。


「優紀ちゃん、久し振りだね。
 来てたんだね?」
「西門さん、ご無沙汰してました。
 はい、桜子さんに誘って頂いて…。」
「そうだったんだな⁉」
「………」


優紀ちゃんとの話しが続かねぇ…。


あいつ等の視線が、気拙い…。



で、俺等、F3&T3は、滋ん家(ち)のPJに乗り込んだ。


F3は、全員、一人で、座っていた。
T3は、テーブル席に3人固まって座っていた。


が、俺は、俺が座っている席の隣に、優紀ちゃんを呼んで座らせた。


あいつ等は、見て見ぬ振りをしてやがる。
あいつ等は、俺の気持ちを知ってやがるんだよな…⁉




【総二郎side・回想】


ついこの前の、F3&T2の集まりの時、俺が、遅れてメープルのラウンジのVIPルーム入って行った時、“俺の様子が変だ‼”と、F2&T2が言って来やがった。


俺は、白を切ったのだが…。
如何も、それも通用せず、喋らされてしまった。



実は、12月3日…。
正しく(まさしく)、俺の生まれた日…。
所謂、俺の誕生日に、俺は、優紀ちゃんを見掛けた。


しかも、優紀ちゃんの隣には、男付き…⁉
驚愕…‼
否、今思えば、優紀ちゃんの隣に居る男に嫉妬して居たんだと、思う。


最悪だった。
俺の誕生日に、男付きの優紀ちゃんを見掛けるって…⁉
有り得ねぇっつーの‼


此のドロドロとした気持ちを対処する術を知らねぇ俺は、何もする気が起きなかったのだ。


だから、あれから、『女遊び』もしなく成り、殻に閉じ籠り出した。


その事を知ったあきらは、心配をしてくれるが…。
返って、“面倒臭ぇ‼”と、あきらでさえも、避ける様に成ってしまっていた。



その事を、集まりの時に話していた俺だった。



その事に関して、T2が話し出した。


「ああ、それ、合コンの相手でしょ?」
「合コン…⁉」


“優紀ちゃんが、合コン…⁉”
俺は、戸惑っていた。


そしたら、桜子が滋の言葉に上乗せして話してきた。


「先輩の話しでは、如何も、無理矢理、人数調整の為、大学の友達から、合コンに誘われ
 ているみたいですよ‼
 優紀さんは、断り切れなくて仕方なく、皆さんに付き合っているらしいんですけど…⁉
 優紀さん、滅茶苦茶、綺麗に成って来て居るらしくて、いつも、声掛けられるらしい
 んですよ‼
 この前は、“二人だけでこの後、飲みに行かない⁉”って、誘われたらしくて、“振り切る
 のが大変だった‼”って、仰って居たらしいですよ‼」



俺は、だからって、優紀ちゃんを責められない…。


俺と優紀ちゃんの関係を壊したのは、俺だから…。


何故、手放したんだろ?
何故、あの時、手放せたんだろ?


後悔するくれぇなら、しっかり捕まえて於けば良かったんだよな?


次、会えるなら…。


今度は、間違えねぇ‼
ぜってぇ、後悔しねぇ‼



<総二郎side>


俺は、俺が座っている席の隣に、優紀ちゃんを呼んで座らせて居たが…。


あいつ等は、聴き耳だけはしっかり立てているんだろうけどよ…。


「優紀ちゃん、ごめんな‼
 此処に呼んで…さ。」
「いいえ。」


俺は、優紀ちゃんにカマを掛けるつもりで、話しして居た。


「俺、如何したら良いか、分からねぇんだよな?
 だから、優紀ちゃんに判断してもらえねぇかと思ってよ‼」
「どんな事でしょうか?」
「優紀ちゃんの俺に対する気持ち…?」
「………、へっ??」


優紀ちゃんは、素っ頓狂な声出して…。
声が上擦ってるぞ‼


「如何かな?
 優紀ちゃんしか判断出来ねぇだろ?」
「………」


都合悪ぃ事は、言葉を返さなく成るのも、全く、変わんねぇんだよな…?
優紀ちゃん、下向きっぱなしだろ⁉


仕方ねぇ…な⁉


「俺、優紀ちゃんの事、好きだから…。
 あの時から、ずーっと、変わらず…。」
「………、へっ??」


優紀ちゃんが、顔を上げてくれたのは良かったが、顔付きまで、素っ頓狂状態の顔付きに成ってんじゃねぇか⁉


何時まで経っても、変わんねぇな、優紀っ‼




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。