tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<総優>  8.




<総二郎side>


俺達 F3は、大晦日パーティーの後、類とあきらと共に、スウィートに帰り、それぞれの部屋に入って、各々、部屋で、寛ぐ事に成った。


しかし、俺は、大晦日パーティーの時、優紀ちゃんの事が気に成りながらも、喋る事も出来ず居た事で、悶々としたまま、夜を明かしていた。


結局、一睡も出来ず、今も、ベッドから、起き上がれず、何もする気にも成れなかった。


“元旦早々、此れで良いのか?”と、思いながらも、何をすれば良いのか?…。
分からねぇで居た俺は、結局、ベッドで、横に成って居た。


其処に、あきらが、声を掛けて来た。


「総二郎、司から、おせちがルームサービスで、届けられた。
 食べるか?」
「類は…?」
「類も、リビングルームに居る。
 如何する?」
「分かった。
 行くわ。」
「了解‼」


そして、俺は、リビングルームで、類とあきらと一緒に、おせちを食べていた。


男3人、肩寄せあって食べるおせちって…。
男だけで過ごす元旦は、俺に取っちゃあ、初めての事じゃねぇか?
何か、味気ねぇよな…⁉


そんな時、あきらが、口火を切った。


「なあ、T3を呼ぶか?」
「呼んで如何するの?」
「総二郎と優紀ちゃんを、“お近付きに…。”に、して遣るのも良いんじゃねぇのか?」


俺は、逃げ腰に成って居た。


「今は、良いわ…⁉」
「如何したよ、総二郎⁉」
「滋ん家(ち)のPJから大晦日パーティーの事も有るからなのか…⁉
 何か、優紀ちゃんに自信が持てねぇんだよな…今の俺。」
「総二郎が珍しいね⁉」
「はぁ~??
 そうも成るだろ⁉
 一応、今までの俺は、女に振られる事も無ければ、靡かれねぇ事も無かった。
 それが、元『プレイボーイ』だってだけで…。
 “何もかも信用出来ねぇ‼”みてぇな事、言われてみろよ…⁉
 男として、自信失くだろ⁉
 しかも、言われた相手は、自分自身が恋して止まねぇ女だぞ‼
 はぁ~。」
「仕方ないでしょ。
 『身から出た錆』でしょ?」
「………」


あきらは、この話しの締めに入った。


「此処で、ごちゃごちゃ言ってても仕方ねぇよな。
 まあ、取り敢えず、パーティーの時間まで、各々、部屋で過ごそうや…なっ‼」


って、事で、俺等 F3は、それぞれ、各部屋で過ごす事に成った。



<優紀side>


私達 T3のお部屋は、F3のお隣のスウィートのお部屋をご用意下さったとの事…。
1フロアーに2部屋しかないそうだ。
お部屋は、各、3人、それぞれ、個室があり、広過ぎて面食らって居た…。
そしたら、滋さんが、“此の広さは、スウィートでは、小さい方だ。”と、教えてくれた。


朝起きて見れば、滋さんから、今日のスケジュールを発表された。


「今日はね、今から、つくしが、用意してくれたおせちを食べて、パーティーの準備をす
 るわよ‼
 取り敢えず、夕方からのパーティーだから、今日は、お昼前には、準備を始めるわ 
 よ‼」
「やけに、滋さん、張り切ってますわね?」
「当り前でしょ⁉
 今日は、ニッシーを、苛める日、何だから…‼」


私は、滋さんの言葉にギョッとした。


でも、それでも、西門さんが私を求めてくれるなら、西門さんの気持ちは、本物…⁉
何だと思おうと、私は、思っていた。



それにしても、滋さんは、何を企んで居るのだろうか?
私は、詳しくは聞けて居ない。


何か、怖い気もして来た。


そして、お昼頃に成り、滋さんに呼ばれて、滋さんと桜子さんと私は、『エステ、ネイル、ヘアメイク、ドレスフィッテング』と、準備を進めて居た。


そして、丁度、パーティーの時間近くに成り、廊下を出た所で、西門さん達 F3と出くわしてしまった。


余りに突然だった為、西門さんも私も眼と眼が合ったまま、動けずに居た…様だった。


後で、思った。
やっぱり、西門さんは、タキシード姿が良く似合うと…。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。