tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<総優>  9.




<一部の表現に不快に成るで有ろう言葉が入っています。
 新年早々、お詫びします。>



<総二郎side>


俺は、ギョッとした。


今日の優紀ちゃんのソワレ姿…。
俺は、“ヤバっ‼”って、思っていた。


其れよりも、優紀ちゃんの此のソワレ姿を、世の男共に魅せるのか?
其れはダメだろ…⁉


桜子…⁉
何、遣ってくれてんだぁ~‼
ああ~、くそっ‼



それに、優紀ちゃんに、廊下を出た所で、ニコっと、微笑まれた。


俺は、その場から、動く事が出来ねぇ‼
少しでも、動けば、ヤバい⁉



あきらが、背後から、俺の耳元に小声で声を掛けて来やがった。


「総二郎、今日の優紀ちゃん、ヤバいな‼
 優紀ちゃんに何とも思わねぇ俺でも、見違えたと思うんだ。
 総二郎、お前、大丈夫…か(笑)⁉」


うるせぇ~‼
分~ってるって、言うんだよ‼


だからって、今の俺は、如何すれば良いって言うだよ⁉



其処に、桜子が、俺に優紀ちゃんを差し出す様に、優紀ちゃんの肩を支え、俺に挑発して来やがった。


「西門さん、如何ですか…⁉
 今日の優紀さん?」


バカ遣ろう…⁉
俺にそれを聞くのか…⁉


良いに決まってんだよ…‼
俺が、愛してる女、何だから…よ‼


「西門さん、如何したんですか?
 何も、応えられない位、優紀さんが綺麗って事ですか?」


俺は、桜子を思いっ切り、睨んで遣った。


「西門さん、応えられないですよね?
 すみません。
 桜子さん、無理強いは、失礼だよ。
 やっぱり、似合って無かったんだよ⁉」


違ぇだよ、優紀っ‼
ああ~、くそっ‼


「大丈夫ですよ、優紀さんっ‼
 似合っていらっしゃいますよ‼」
「やっぱり、恥ずかしいよ‼」


優紀ちゃんは、太腿辺りを摩りながら、恥ずかしそうにするから、屈んだ拍子に、優紀ちゃんの胸元の谷間がちらちら見えて、俺を誘惑しやがる。


ここ最近、女絶ちをして居る俺としては、ほんとにヤバい‼
しかも、惚れてる女の谷間を魅せられれば、男ならヤバいのは当然で…‼
ああ~、くそっ‼  ←今日は、何度目でしょうか?  気が焦っていますね。 
           総二郎君っ‼     by  天の声


俺は、優紀ちゃんを抱き締めたく成った。


俺は、今、眩暈を起こしそうだっつーの‼


優紀ちゃんの無自覚さが一番、俺には堪えてるっつーの‼




<優紀side>


丁度、パーティーの時間近くに成り、廊下を出た所で、西門さん達 F3と出くわしてしまった。


余りに突然だった為、西門さんも私も眼と眼が合ったまま、動けずに居た…様だった。



私は、桜子さんに言われた通りに、廊下を出た所で…。
西門さんに、微笑掛けてみた。



ほんと、恥ずかしいったら無い…。


ヤバいよ、態とでしょ、桜子さん…⁉


今頃に成って、つくしが、あの時、言って居た言葉が理解出来た。


『まあ、あのソワレは、登竜門だから…。』


ほんと、つくしまでぇ~‼



そして、エステ、ネイル、ヘアメイクが終わり、ドレスフィッテングだけに成った時、桜子さんが用意してくれていたソワレを見て、私は、仰天した。


『目が点に成った』という現象を、私は、初めて経験したかも…⁉



【優紀がソワレを着用した仕上がった状態…。】


『*色     …pink
 *デザイン  …オフショルダーの胸元にレースやスパンコールが施され、動くと、
         ライトに当たって、綺麗に輝きを放っていた。
         丈が、膝上のミニ丈。
         後ろの丈は、裾が足首まで有り、歩くと、揺らめく様に動く。
         スカート部分は、オーガンジータイプ。
 *足元    …ヒールの高さは10㎝は有る黒のエナメルにラメ入りのパンプス。
         (履き慣れて居ないので、足元は覚束無い私…。
          ちょっと、ヤバいかも…⁉)
 *アクセサリー…(桜子さんが、)一粒のpinkダイヤを用意してくれていた。
         勿論、ピアスもお揃い‼
 *ヘアスタイル…アップスタイル(項が露わに成って居て、少し恥ずかしい…‼)
 *メイク   …pinkで、清楚で可愛らしく仕上げてもらった。』





案の定、私は、履き慣れないパンプスのヒールの高さに、前のめりに成っていた。


その時、何故か、西門さんが、私を後ろから、助けてくれた。


私の心臓の鼓動が、西門さんに聞こえたらと、思うと…⁉


ほんと、ヤバいんですが…⁉



 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。