tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<総優>  13.




<優紀side>


滋さんが、早速、『F4&T4LINE』に、スケジュールの連絡を入れていた。


「滋さん、遣る事、早過ぎ…⁉」
「何事も、『善は急げ』よ。」
「………」


私は、LINEの内容を見て、驚愕するしか無かった。



【滋さんが、送った『F4&T4LINE』の内容…。】


『明日のT3のスケジュール報告です。
 優紀が、NYに滞在する日が長く成るとは思って居なかったらしく…。
 優紀の手持ちの下着と洋服が無いそうなので、明日、T3でショッピングに行きます。
 F3は、如何するんですか?』



<総二郎side>


俺等は、寝るのも、もう少し、早ぇという事で、ラフな服装に着替えて、リビングで、話しする事にした。


あきらから、口火を切って来た。


「総二郎、お前、完全に優紀ちゃんを口説き出したな⁉」
「口説いてんじゃねぇよ。
 あんな優紀を野放しに出来るか?」
「成人式は、着物だから、あんな感じじゃないでしょ?」
「にしても…よ。
 あんな、項を魅せられりゃあ、放って置けねぇだろよ⁉」
「まあ、そうだろな…‼
 総二郎にすりゃあな?」
「危なっかしくて、放って置けるかってぇんだ⁉
 あんな、無自覚な優紀を…。」
「でも、それは、松岡が総二郎と付き合っている彼女の場合でしょ?」


俺は、類を思いっ切り、睨んで遣った。


「まあ、総二郎が成人式までに、女(もの)にすれば、良いんじゃねぇのか⁉」
「そのつもりだ‼」


そんな時だった。
俺等 F3の携帯が、一斉に成り出した。


其処で、俺等は、滋からのLINEに驚愕していた。


「おいおい、何だ、此の滋からのLINEの内容…⁉
 優紀ちゃんが、滋に入れさせたとかじゃねぇよな?」
「それは、無いでしょ?」
「って事は、滋が、総二郎に仕掛けて来たって事だよな?
 まあ、総二郎を挑発して来たって事か?」
「………」
「総二郎、如何するよ⁉」
「………」


俺は、LINEの『下着』のフレーズに、俺の頭が、フリーズしてしまっていた。
あんな、『ヤバい優紀』を魅せられた後の、此れは、もう、ヤバいでは、済まされねぇ‼


「おい、総二郎っ‼」
「ダメなんじゃない?
 多分、総二郎、フリーズしてしまったんじゃないの?」


俺は、意識が回復した後、こいつ等に早口で、聞いて居た。


「なあ、此れって、俺に、“優紀の『下着』を買って遣れ‼”って、事だよな?」
「否、そうじゃねぇと、思うぞ‼」
「じゃあ、何で、滋が、こんなLINEを送って来るんだ⁉」
「さあ、如何してだろうね?
 で、総二郎は如何するの?」
「そりゃあ、明日、就いて行くだろ?
 優紀の気に入った物は、全て買って遣りてぇだろ?」


俺は、取り敢えず、LINEの返信を入れた。


『明日、何時頃に出るつもりだ?』



<優紀side>


滋さんが、絶叫し始めた。


「ほら、ニッシーから、LINEの返信が入って来たわよ‼」
「ほんとですね?
 まさか、あの西門さんが、引っ掛かる何て…⁉」
「今の、ニッシーは、ちょろいって…‼
 優紀を女(もの)にする為に、必死なのよ‼」
「嫌、もしかしたら、『下着』のフレーズが良かったんじゃないですか?
 もしかしたら、想像しているかもですよ、優紀さんっ‼」
「………えっ⁉
 止めて、桜子さん…‼」


私は、全身、真っ赤に成って居る事が分かったので、恥ずかしくて、穴が有ったら、入りたい心境だった。


「優紀さん、可愛い…‼」
「………。
 もう、桜子さんっ‼」


この場が、居た堪れない私だった。


その間に、滋さんは、LINEを送信していた。


『お昼過ぎかな?』
『了解‼』


ほんと、西門さんは、就いて来るつもりじゃないだろうか?


滋さんと桜子さんは、ニヤニヤ顔で私を見詰めて来て居た。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。