tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<総優>  15.




<総二郎side>


13:00に成る前から、俺はそわそわしていた様だった。


「総二郎、少しは、じーっとしたら…⁉」


類から、嗜められている俺って…。
何か、情けねぇ…‼
けど、ムカつく‼


「うるせぇ~。」


で、部屋の外に出たら、同じフロアーに在る、T3の部屋から、優紀がT2と一緒に出て来た。


そして、優紀にニコっと、微笑まれてしまった。


それだけで、“ヤバい‼”んだけど…よ⁉


ほんと、一日でも早く、優紀を女(もの)にしねぇと、俺の身が持たねぇわ‼




<優紀side>


桜子さんに言われた通り、私は、西門さんが、部屋から出て来た所に、ニコっと笑い掛けてみた。


西門さんが、固まって居るのが分かった。
如何したんだろう?


元旦の時も、私は、微笑み掛けてみたんだけど…。
此処までじゃなかった様な…⁉


あの、百戦錬磨のF4斬っての『プレイボーイ』の西門さんが…。
私が微笑むだけで、固まるなんて…?


有り得ないでしょ?


取り敢えず、T3でエレベーターで降り、地下駐車場に行き、滋さん家(ち)のリムジンに乗って、先ずは、五番街を目指す事に成った。


私は、NYは、初めてで、良く分かって居ないので、“お任せする。”と、最初に伝えていた。


そして、リムジンから降りる成り、滋さんと桜子さんは、ティファ〇ーに入って行った。


二人と一緒に私も入ったものの、“私には関係ない。”と、色々、チラ見するだけだったのに…。


後で、分かったのだが…。
私が、何気に、“これ、可愛い‼”と、言って居た物は全て、西門さんが買ってくれていたらしい。


後で、桜子さんに、“どんだけですか?”って、笑われた。



その後、デパートに入り、滋さんが態とだろうけど…。
後ろから、就いて来ていた西門さんと、付き添いで来ていたであろう美作さんと花沢さんに聞こえる声で、話しし始めた。


勿論、日本語なので、英語圏では分からない人も多いと思うので、恥ずかしさは半減していたが…。
それでも、やっぱり、私は、全身、真っ赤だったと思う。


「優紀、次は、下着、下着…。
 見に行こう‼
 可愛いのん、買おうよ‼
 あっ、そうだ‼
 アメリカサイズと日本サイズは、違うから、計ってもらおうよ‼」
「………、滋さんっ‼」


ほんと、止めてぇ~‼




<総二郎side>


優紀も一緒に引き連れて、滋と桜子が、ティファ〇ーに入って行きやがった。


俺等 F3も、後ろから入った。


優紀は、“自分には関係ねぇ‼”って、感じで、見てっけどよ…。
それでも、やれ、“可愛い‼”やら、“此のデザイン、素敵‼”って、独り言の様に、小声で言ってるの、気付いてんか?


「なあ、あきら、あの、優紀の言葉、“欲しい‼”って、事だよな?
 俺に、教えてんだろうか?」
「そんな事は、ねぇだろうけど…よ。
 買って遣りてぇなら、買って於いて、時期が来たら、プレゼントすれば良いだろ?」
「ああ、そうだな?
 スタッフに声掛けて来るわ‼」


で、俺は、優紀の為に買って遣った。



次は、デパートに入るらしい。


其処に、退屈気味の類が、周りの空気を読まねぇ行動をし始めた。


「ねぇ、俺、退屈だから、メープルに戻って、寝たい‼
 総二郎、帰って良い⁉」
「分かった。
 帰れ‼ 
 あきらも、退屈なら、帰って良いぞ‼」
「否、俺は、総二郎が心配だから、一緒に居るわ‼」
「じゃあ、俺だけ、先に帰るね‼
 お先~‼」


“バイバイ”って、手を振って帰りやがった類。
まあ、類が居ねぇ方が、気が楽かもな?
“まだぁ~⁉”って、急かされそうだから…よ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。