tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

やっぱり、私は…<つかつく>  23.




<つくしside>


私は、成人式の前日に当たる昨日も、司に離してもらえず、疲弊していた。


だから、朝、早起きして、エステをしてもらっている間中、眠ってしまっていたみたいだった。


椿お姉様にも、タマさんにも、呆れられて居る事等、知る由もない私は、眠ってしまって居た事に照れ笑いをしていた。



そして、ヘアメイクをしながら、ネイルもしてもらい、その後、振袖の着付けをしてもらった。


そして、仕上がった後、司に見せる為、司の自室(東の角部屋)に、向かった。


私が、扉をノックして、部屋に入るなり、司が固まったまま、微動だにしなかった。


ダメだったのかと、不安に成って居ると、司が、はっと、我に返った様に成り、小声で何か、言っていた。


ヤベっ‼
 滅茶苦茶、可愛い‼


私は、言われて居る事が聞き取れず、聞き直すが、司は、言ってはくれなかった。


「似合ってない…⁉」


心配に成って、司に聞くと…。


「違ぇよ‼
 似合い過ぎてて、可愛過ぎて…。
 やべぇんだよ…‼
 やっぱ、帰国して正解だったな。
 こんな可愛いお前を野放しには出来ねぇから…よ。」
「………」


何ちゅう事を…。
照れも無く言う司に、私は、照れ処か、驚愕してしまって言葉が出なかった。


そして、そんな所に、“リムジンの用意が出来た。”と、タマさんと執事さんが、司と私を迎えに来て下さった。


そして、司と私は、一緒に、リムジンに乗り込んだ。



<司side>


俺は、つくしが起きた時、寝入ってしまっていた。


俺が、起きた時、隣で眠っている筈のつくしが居ねぇ事に気付き、はっと、して、我に返り、起き上がった。


其処に、何時の間に現れたのか…?
タマが、俺の寝室に入って来ていた。


「探して居るのは、つくしだね?
 つくしは、既に、エステルームだよ。」
「………」


俺は、言葉も、無かった。


「坊っちゃん…‼
 何時まで、寝てるんだね?
 坊っちゃんも、就いて行き為さるおつもりなら…。
 早く、準備為さいませ。」
「ああ、分~ってるよ。
 つくしは、後、どれ位ぇで、戻って来れそうだ?」
「さあ、如何だろうね?
 エステが終わってから、爪磨きも遣るそうだよ⁉
 それに、ヘアメイクに着付けだからね?
 ざっ~と、2~3h(時間)は掛かるんじゃないかね?」


司は、心の中で、タマに突っ込んで遣った。
“爪磨きじゃねぇよ‼
 ネイルだろ⁉”


こんな事を、タマに言った暁には、“跳ね返って来るに違いねぇ⁉”と、直接、反論する事は止めて於いた。


それに、そんなに時間が掛かる様なら、“慌てて、準備する事ねぇじゃねぇか?”と、言いたい処だが、言わずに居て於いた。


否、言わずに居て於いた方が、“身の為だ‼”と、思う俺が其処には居たのだった。



俺も、準備が整って、ソファーに腰掛けて、1h程、西田から来たメールを確認していると、つくしが、部屋に入って来た。


余りにも、似合ってて、可愛くて…。
俺は、つくしを直視出来ずに居た。


で、思わず、独り言を呟いて居た様だった。


ヤベっ‼
 滅茶苦茶、可愛い‼


だが、不安そうに俺を見詰めて、不安そうに俺に聞いて来るつくしに負けて、俺は本音をつい、漏らしていた。


「似合ってない…⁉」
「違ぇよ‼
 似合い過ぎてて、可愛過ぎて…。
 やべぇんだよ…‼
 やっぱ、帰国して正解だったな。
 こんな可愛いお前を野放しには出来ねぇから…よ。」
「………」


つくしは、俺の言った言葉を聞いて…。
照れて居る様な、驚愕で言葉も無い様子だった。


タマと執事が、迎えに来たので、俺とつくしは、リムジンに乗り込んだ。



其処に、つくしの携帯に、滋からLINEが入った様だった。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。