tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<総優>  22.




<優紀side>


「優紀さん、もしかして、以前にも、西門さんとは、何かお有りだったんじゃないです
 か?」
「えっ??
 だから、西門さんには、私は、見向きもしてもらえなかったって事だけだよ…。」
「そうですか?
 西門さんが、待ち合わせ場所の地下駐車場に、優紀さんを抱き上げて連れて来られた
 時、私、“ピンっ”と、来たんですが…⁉
 私の勘違いですか?」
「多分、そうだと思うんだけど…な?」


桜子さんの追及して来る眼が怖い‼


「ふ~ん、そうですか?
 私の眼は、節穴ですか?」


桜子さんの追及の眼と、追及の言葉が…更に、凄みを出して居た。
桜子さん、更に、怖~い‼


「否、それは、何とも言えないけど…?」
「言いたくなければ、言わなくても良いですけど…⁉
 私としては、何か、寂しいですけど…ね。」


もう、私は、逃げられないと思いながら、一応、抵抗は続けて居た。
けれど、言わなくては、桜子さんも引き下がってはくれなさそうなので、言う事にした。


つくしも、何とも言えない複雑そうな顔付きをしていた。


私は、意を決して、滋さんと桜子さんに伝えた。


「う~ん…。
 実は、もう、終わって居た事だから、言わなくても良いかと思って居たの。
 西門さんからも、避けられて居たし…。
 まさか、こんな風に、また、皆さんと、ご一緒出来るとは思ってもみなかったし…。
 西門さんも、もう、終わった事と、西門さんの中では処理されていると、思っていた
 し…。
 伝えて居なくて、本当に、ごめんなさい。
 実は、私と、西門さんの関係は、此れが最初じゃないの。」


滋さんは、最大なる音量で、驚愕声を発していた。


桜子さんは、納得した様な顔付きをしていた。


えっ~~??」(滋さん)
「やっぱりーー‼」(桜子さん)
「………」(つくし)


つくしと桜子さんと私は、滋さんの驚愕声に、耳を塞いでいた。


そして、桜子さんは、滋さんを嗜めていた。


「滋さん、煩いですよ‼
 少しは、落ち着いて下さい。」
「此れが落ち着いて居られる?
 何時(いつ)の事なのよ⁉」


まあ、そう来るとは思って居たけど…。


「西門さんが高校3年で、私が、高校2年の終わり頃…。」


滋さんは、驚愕して居た様子だったが…。
桜子さんは、自棄に冷静で私を見て言って居た。


「はぁ~??」
「そんな前だったんですね?
 気付かなかったな…。
 先輩は、知って居たんですよね?」
「うん、バイトが同じだったから…ね。
 偶々、優紀の姿見て、何と無く分かったって言うか…?」
「普段、鈍感な先輩が、良く分かりましたね?」
「其れ、如何いう意味よ…?」


何か、雲行き怪しそう?


「あの~、まあ、そう言う事です。」
「優紀さん、じゃあ、何故、その後、付き合わなかったんですか?」


日本を発つ時に、話ししたと思うんだけど…な?


「だから、日本を発つ時に、滋さん家(ち)のPJの中で、話しした通りです。」
「成程…‼
 其処で、西門さんの『仲間宣言』に、繋がるんですか?
 通りで…。
 唯では、そんな話しに成らないだろうと思ってました。
 そんな前から、お二人は、繋がって居たんですね?
 ほんと、馬鹿ですよね、西門さん…。
 此れからは、優紀さん…。
 覚悟を決められた方が良いですよ‼
 此れからは、もう、西門さん、優紀さんを離さないでしょうから。」


ほんと…。
もう、既に、此の5日間で、身を持って体験しました…。



私は、此れからの事を思うと、何か、何と無く…。
自分自身の身を案じなくてはいけない様な気がしていた。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。