tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

Xmas party【もしも類とつくしが兄妹だったら(家族編)】…<つかつく>  番外編④




【道明寺つくし 編】


21日の午後(夕方の会食)~24日まで、つくしも、道明寺HDの専務として、仕事に駆り出されていた。


其れも、25日の『Xmas』当日に、つくしは、司とパーティーに出席する為、準備をしなくてはいけなかった。


其れと、25日の朝に、つくしは、楓から、驚愕な言葉を言われていた。


「つくしさん…。
 今日は、会長と私(わたくし)が出席するパーティーに、孫達を出席させるわね?
 つくしさんは、今日は、司が出席するパーティーに、司のパートナーとして、出席する
 のよね?
 じゃあ、孫達を連れて行っても、支障ないわよね?」
「………。
 でも、子供達のタキシードもドレスも用意して居ませんが…?」


つくしは、無駄な抵抗だと思いながら、楓に軽~い反論はしてみた。


しかし、簡単に、覆された。


敵は、天晴れだった。


「大丈夫よ‼
 タマに、孫達のサイズを聞いて、オーダーしていたのよ‼」
「………。
 承知しました。
 子供達を宜しくお願いします。」


つくしは、肯定するしかない状況に持って行かれている事に、何も言えなかった。


だから、肯定の返事しか出来なかった。




司は、つくしが、司が出席するパーティーのパートナーで出席してくれる事に、嬉しくて仕方なかった。


子供達も居ず、寧ろ、司は、つくしと二人で、パーティーに出席する意図を、保と楓から、言われている様な気がしていた。


道明寺HDは、司夫婦が、仲が良く安泰だというアピールをする事の意味合いを…。


其れと、もう一つの意味合いは、今日のパーティーの主催者で在る、道明寺HDが厚意にして居る企業の会長夫妻へのアピールだ。


会長夫妻は、つくしを気に入っている。
つくしが居れば、プロジェクトの進度も変わると言われている位だった。


だから、つくしが其処に居る意味合いは大きかった。



話しは、上手く進んだ。


だが、つくしは、密かに、子供達が、保と楓の足枷に成って居ないか?
不安で居たのだった。


だから、つくしは、折角の司とのパーティーの出席にも、集中出来ずに居たのだった。


会長夫婦の前では、普段と変わらないつくしでは有ったのだが…。


つくしは、『母親に成った』だという事なのだろう?


司は、一切、そんなつくしを気付いて居なかった。


つくしは、顔に出して居ないのだから、致し方なかったのだが…。



唯、つくしと二人でパーティーに出席で来た事を密かに、喜んで居た司だったのだ。
終始、ニヤ付き顔で…。



だが、つくしの思いは…。
杞憂に終わって、ほっとしていたつくしだった。




そして、その日の夜。
否、深夜、遅く…。


保と楓は、『即席サンタさん』に成って、子供達の枕元にプレゼントを置いて居た。


これも、タマからリサーチした情報を基に、プレゼントを選んでいた。


前以て、つくしには、保と楓が、プレゼントを用意する事を伝えて於いた。


だから、つくしは、保と楓の厚意を無にせずに、甘える事にしていた。



そして、朝、起きて来た翼・蘭・翔・すみれは、興奮状態で叫んでいた。


「「「「パパ、ママ、サンタさんから、プレゼントをもらったよ‼」」」」


と、『Xmas present』を持って、ダイニングに現れたのは言うまでも無かった。



保と楓は、その光景を見ていて、ご満悦なのは、言うまでも無かった。



此れは、止められないと認識してしまった保と楓だった。



この光景は、いつまで、続くのだろうか?


否、子供達は、いつ気付くのだろうか?


そんな事を考えて居るつくしが其処に居るとは、誰も、想像して居なかった。



 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。