tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 32.


【花沢つくし 編  32.】


朝の花沢邸のダイニングルームにて…


つくしがダイニングルームに入って来た。


「パパ、ママ、おはよう‼」


ママも挨拶を交わした。


「おはよう、つくし。」


パパが口火を切った。


「つくし、話しが有る。」
「何?
 朝から話しって。」


つくしは嫌な予感しかしない。


「今度、道明寺主催のパーティーが有るのは、もう、知っているな。
 そのパーティーの司君のパートナーに、“つくしでお願いしたい。”と、要請が入って来
 た。
 了承して於いたのでそのつもりで居なさい。」


やっぱり嫌な予感的中と、思うしかないつくしであった。


「えっ?? 
 困るから…、無理だから…、お断りして於いてよ‼」


パパは間髪入れずに言ってきた。


「断れない用件だと言ったら、どうする?」
「はぁ~??」


急に大きな声が出たつくしであった。


「朝から、お恥ずかしいわよ、つくし。」
「ごめんなさい、ママ。
 でも、パパが朝から変なお話しをするから…⤵。」


パパは怪訝な顔をして…言った。


「変な話しってなぁ~⤵。」


俯き加減のつくしであった。
朝からテンションの下がりっぱなしのつくしである。



<西田said>
此方、司様専用リムジンの中にて…


朝からテンションの高めの司坊ちゃん
今日は珍しく、自分で時間通りに起きて来たと、タマから聞いた。←普通、大人ならば、当然では有るのだが、其処は司坊ちゃん故、当然では無いのだ。


今日の仕事の進み具合が楽しみでならない。
分かり易いお方だ。


もう直ぐ、喜んでいる声が出て来るだろう。
ほら、来た。


「今度の道明寺主催パーティーは楽しみだなぁ~。
 俺のパートナーをつくしが遣ってくれる事になったらしいわ。
 流石が、親父だよな。
 用意周到じゃねぇか。
 西田もそう思わねぇか?」
「勿論でございます。
 流石が会長でございます。
 司様の事を良くご理解していらっしゃると思います。
 宜しゅうございました。」
「ああ。」


成程、会長も記憶が戻られた司坊ちゃんをコントロール為さるおつもりですね。
仕事がし易くなって、成り寄りでございます。
会長、社長にご報告せねば…。



会長、グッチョブ‼




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。