tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

カナダ旅行…(もしも類とつくしが兄妹だったら…(家族編))前編





【道明寺つくし 編  <つかつく>・<総優>・<あき桜>・<類静>】


司達F4は、久々に、メープルのラウンジのVIPルームで、酒を酌み交わしていた。


総二郎がしみじみ言い出した。


「俺等も、もう直ぐしたら、40だぞ。
 良いおっさんだな…。」


司が頷きながら、答えていた。


「まあな。
 ガキも居んだ、仕方ねぇわな。」


あきらが鬱陶しそうに言い出した。


「それよか、もう直ぐ、夏休みだろ。
 今年も、“何処か、連れて行け‼”って、言われると思うと、うんざりするぜ。」


総二郎が苦笑いしながら言った。


「司の所は大変だな。
 ガキ、4人だろ。
 俺等の所の倍だもんな。」


司もうんざり気味に答えた。


「ああ、まあな⤵。」


男4人一斉に溜息が出た。


「「「「はぁ~⤵。」」」」



司が思わず、口走ってしまった。


「今年の夏はめちゃくちゃ暑いし、夏スキーも良いな?」


いの一番、あきらが賛同した。


「おお、それ良いな‼」


類が思い出した様に、言い出した。


「司ん家(ち)、カナダに別荘会ったよね。
 高校の時、行ったよね‼
 俺等F4&T3&静の思い出の地。」


あきらが揶揄すれば、司も尽かさず、揶揄する。


「まだ、つくしちゃんが、『牧野』時代のかぁ?」
「確か、三条の『黒』時代のか?」


総二郎が二人の間に入る。


「おいおい、止めとけよ。」


類は、何処吹く風…。


「あの当時は、つくしがまさか、『俺の妹』だとは思ってもいない頃だったし
 ね…。」
「………」



あきらが雰囲気を変える為、総二郎に聞き出した。


「あの頃か?
 総二郎が優紀ちゃんの『初めて』を貰ったって言うのは…?」
「否、あの後…。
 かなり後だったと思うぞ。」


司と類が首を捻って、司が総二郎に聞いた。


「ちょい待て、総二郎‼
 お前ら、高校の時には、もう既にそう言う関係だったのか?」
「ああ、知らなかったのか?」
「司はつくしちゃんを追い掛け廻してたから、総二郎の事は眼中にも無かったんだろ?」
「類も他人には興味無しだったし。」


そう言われてしまえば、元もこうもない。



あきらが切り出した。


「なあ、行ってみたくねぇか?
 久々に、カナダ…?
 冬と夏との違いはあるけどよ、司の別荘辺りだと、夏でも雪、残ってんだろ?」


司は躊躇しながらも答えていた。


「残ってるだろうけど…よ⤵。
 行く…か?」
「類は如何する?」
「皆が行くなら良いよ。
 勿論、家族連れだよね?」
「「「当然だろ‼」」」



満場一致で、今年の家族旅行は、F4プレゼンツ『カナダ旅行』に決まった。
勿論、T3&静には内緒って事で…。






 

好きに成ってしまった訳…<あき桜>  15.




<桜子side>


私は、美作さんの言葉に驚愕していた。
『まさか…?』としか言いようがなかった。
そんな風に思われていたなんて…。


私は、もう、自分の気持ちウソを付かなくて良い事我慢しなくて良い事を悟った。


そう思えた途端、私は、美作さんの事が好きになっていた事に気付いた。


多分、美作さんも、もう、気付いているんじゃないかと思う。


そう思えば、楽に成ろうとしていたのは、自分自身が、全ての事から逃げていたからだという事に気付けた。


今はすっきりした気分かも…⤴。



<あきらside>


最近、桜子と良く会うように成って来た。
避けられて居ねぇって事だよな。
良い傾向じゃねぇのか?


そう思って居た時、類から声を掛けられた。


「最近、三条を良く見掛けるようになったじゃん‼
 避けられてないみたいだね、あきら?」
「ああ?
 そうだな…。
 俺的には、嬉しいけどよ、桜子の気持ちをまだ、聞かせてもらえてねぇから、焦ってん
 だよな…。」
「何?
 まだ、聞いて無いの、あきら?
 あきららしくないね?」


俺らしい』って、何だよ。
中途半端にモノ言うな、類⤵。


「そうかぁ~?
 此れでも、頑張ってんだぜ⤵。」
「『頑張っているあきら』って言うのも見物だね⤴。」
「………」
「頑張っている司と総二郎に見飽きたから、丁度、良かったよ⤴。」


はぁ~??
類、俺らF3で遊んでんじゃねぇよ‼
類は何、考えてんだ‼
いい加減にしろよ‼


其処に、司と総二郎がF4ラウンジに現れた。


「よう‼
 お前ら、もう来てたのかよ‼」
「司は別に来なくても良いんじゃないの?
 あっち(NY)の大学卒業してんだから…。」
「お袋に言われたんだ。
 日本の学業も知って於いて損は無いってな⤴。」


どうせ、司の母ちゃんも、司が牧野の後を追って英徳に来る事、分かってるから、体裁の為に通わせてるんだろうけどな。


今や、牧野は、司の母ちゃんの小間使いだからな。
大変だわな。
同棲まで許すとは思わなかったけどな。


「物は言いようだね‼」
「はぁ~??」
「お前ら、その辺にしとけよ‼」



やっぱり、俺は何時まで経っても、こいつらの世話係かよ⤵。
いい加減、卒業してぇわ⤵。



早く、桜子、お前の気持ちを聞かせろ~~‼





NYで会えるなら…<つかつく>  10.




つくしはクラウン・コーポレーションと道明寺HDの提携会社を、社員がつくしだけの間は、自宅に置きたいとお願いした。


暫くは、PCが有れば何の支障も無く仕事が出来るからで有った。


更に、司とつくしが結婚後の住まいを、当分の間、クラウン家と道明寺家の両家の邸の丁度、中間辺りをと強要されたのだ。
じゃあ、自宅の方が仕事がしやすいと、つくしは踏んだのだ。
つくしは、司と離れていた期間が長かった為、在宅での仕事の方が、司が帰宅しても傍に居られると言うのが、一番の理由のようだが…。


司もその方が安心と、考えていた。


クラウン家と道明寺家の両家は承諾するしかなかった。


クラウン・コーポレーションと道明寺HDの提携会社の設立に伴い、つくしが兼ねてから考えていた通り、クラウン・コーポレーションの『COOに就任』する事に成った。


程無くして、の『COO就任』パーティーが開催された時に、司とつくしの婚約発表が成されたのは言うまでもない。


兼ねてから、司とつくしは、噂になっていたと言うのも有り、婚約発表をしたからと言って、混乱を来たす様な事は無かった。


唯、やっかみは、少なからずは有ったようだが…。


やっと、司とつくしは、婚約発表を済ました事も有り、結婚前では有るが同棲という形での同居を開始した。


司はやっと、つくしと一緒に居られるんだと、感無量で居た。



また、ここ最近の司は、仕事も順調そのもので、誰が何を言わなくとも、つくしの影の功績を称えていた。


また、今までの司は、司の冷徹さばかりが目立ち、人を人と思わず、人を見下して掛かっていた男と違い、現在の司は、冷徹さは成りを潜め、人の意見をも聞ける男になっていた。
この司の変わりようには、道明寺会長だけではなく、あれ程、つくしに否定的で有った楓までもが、つくしの功績に寄るものと、認めざるを得なかったので有る。



その後、半年後の司のお誕生日に籍を入れ、結婚式を執り行った司とつくしで有った。


司とつくしが離れ離れになり、会えない期間も有ったが、それが却って、司とつくしの絆をより強く結び付ける結果になったのは言うまでもない。


司は、誓ったので有った。



もう二度と、つくしを手放したりしないと…。




fin