tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

やっぱり、私は…<総優>  24.




<総二郎side>


俺は、お袋に優紀の件を話ししたその日は、茶会が午後から控えていた。


俺は、『亭主』として、背筋を伸ばし、今までと同じ気持ちではなく(面倒臭がらず)、しっかり、務める事だけに、神経を研ぎ澄ましていた。


茶会が終了したその日の夜、俺は、親父に呼び出されていた。


「総二郎、お前、NYで何が有った?
 重鎮達から、総二郎が、次期家元として、茶会に向かう姿勢の違いに驚愕していた。
 また、今までの総二郎の茶の様な味…ではなくて。
 所謂、棘が有る様な味では無く…。
 今までの総二郎の茶の味までが柔らかく変わって居て、今までの総二郎との違い
 に、“何か有ったのか?”と、どの重鎮からも聞かれた。
 “総二郎も、そろそろ、自覚が出て来たのかも知れない。”とは、重鎮達には、言っては
 於いたが…。」
「あいつのお陰かも…な⁉」
「あいつとは…?」
「遊びではなく、俺が本気で、惚れ抜いている女…‼」
「………」


親父は、驚愕していた。
だからだろうか?
親父は、何も、言い返せずに居た様子だった。


だが、俺は、親父に言われた言葉に、“やはりか…⁉”と、思うしか無い様な言葉が、返って来た。


「其のお嬢さんは、何方のお嬢さん何だ?」
「お袋にも、言って有るが…。
 司の婚約者の牧野の幼馴染で親友の女性。」
「何時(いつ)、知り合ったんだ?
 まさか、先日まで言って居たNYで…か?」
「否、高校の頃だ。」
「じゃあ、再会して…か?」
「まあ、そう言う事だな?
 だが、NYに行く前から、俺が、振り向かせてたくて、必死だった女。
 NYに行って、やっと、俺が決意した。
 今までだったら、今の親父の様に、俺には、家柄の良い家庭の娘って…、成るだろ?
 お互い、好きでも、あいつを傷付ける様な事に成るならと、今までは諦めてた。
 けど、再会してみれば、やっぱり、あいつしか、俺には居ねぇって自覚してしまったん
 だ。
 親父が、あいつをダメだと言うなら、早く言ってくれ‼
 次期家元の座を、巧三に譲らなきゃあ、成んねぇからな。」


親父は、俺の発言に、更に、驚愕していた。


「ちょっと、待て⁉
 其処まで、言ってないぞ‼
 取り敢えず、其の女性に会わせなさい。
 話しは、それからだ‼」



で、俺は、優紀に親父とお袋が、会いたがって居る事を伝えた。


優紀は、驚愕していたが、俺の説得に会う事を決心してくれた。



そして、俺の両親に、優紀が会う日が来た。


成人式の3日前、所謂、1月11日の事だった。



<優紀side>


私は、西門さんのご両親に会う為に、西門邸に来ていた。


西門さんが運転する、西門さんの愛車で、西門さんが私の自宅まで迎えに来てくれた。


私が、緊張して居る事を、西門さんは察したのか…?
頻りに、私に聞いてくれた。


「優紀、緊張して居るのか?
 大丈夫か?
 俺が、傍に、就いて居るからな‼」


私は、頷くしか出来ずに居た。



そして、西門さんのご両親と、ご対面と成った。


勿論、手土産持参で…。
手土産は、使用人頭の方に、預けて於いた。


「お初にお目に掛かります。
 松岡優紀と申します。
 宜しくお願い致します。」
「此方こそ、宜しくお願いするよ。」
「優紀さん、私(わたくし)が間違って居たら、許してね。
 もしかして、あなた達が、高校生の頃に、更さんと、ご一緒に、一度、(西門)邸に来
 られてたわよね。」
「はい、そうです。
 その節は、更先輩とご一緒だったとは言え、私まで、お邪魔して、申し訳御座いません
 でした。」
「良いのよ。
 あの時、総二郎から、かなり、酷い事を言われていたと、思って居たけど…?
 もしかして、あの頃からなの?
 あなた方二人は…?」


西門さんが、口を開いた。


「嫌…。
 その頃は、俺が、勝手に、優紀を西門家に入れ込む事を傷付けると、思い込んで、優紀
 を、俺から遠避け様としていた頃だ‼
 今、思えば…。
 俺は、もう、その頃から、優紀に惚れてたのに…な。
 俺自身が俺自身で、気付かねぇ振りにしていた頃だ。」
「其れで、あんなに、自暴自棄に成って居たの?」
「………。
 お袋、気付いて居たのか?」
「当り前でしょ?
 貴方は、私(わたくし)の息子なのよ。
 気付いて当然でしょ‼
 優紀さんの前だから、余り言いたくはないけど…。
 優紀さんも、もう、ご存知でしょ?
 総二郎の馬鹿な遊び…。」
「はい、存じ上げております。」
「優紀さん、総二郎を庇う訳じゃないけど…。
 あの頃の、総二郎は、相当、荒れて居たの。
 私(わたくし)からすれば、総二郎は、無理矢理、あんな変な遊びをしていた様に思っ 
 て居たの?
 それが、もし、私(わたくし)達への当て付けでしていたので有れば、優紀さんには、 
 本当に、申し訳無い事をしてしまったわね。」
「いいえ、そんな事は有りません。
 私も、西門さんの気持ちを理解して居ませんでした。
 それが、あの当時、私達を引き離してしまった要因だったのだとすれば…。
 それは、西門さんと私の責任です。
 家元と家元夫人の責任では有りません。」
「有難う‼
 優紀さん、貴女は、優しい方なのね。」
「………」


私は、返答する事が出来ずに居たのだった。




やっぱり、私は…<つかつく>  26.




<つくしside>


案の定、成人式会場は、凄い騒ぎに成り、収拾が付かなく成って居た。


それに、新聞記者の方も、取材で来ていたらしく…。
急に、現れたF3&滋さん・桜子にカメラの眼が向けられていた。


それに、成人式でもない、F3&滋さん・桜子の面々が現れた事に、疑問を呈していた様子だった。


だからか、マイクまで、F3&滋さん・桜子に向けられ、F3&滋さん・桜子は、怪訝な顔に成って居たのは、言うまでも無かった。


だから、“降りて来たら、ヤバい‼”って、言ったのに…。


で、私と優紀は、完全に『蚊帳の外』と、安心し切って居た。



其処に、司は、勿論、私の…。
西門さんも、勿論、優紀の…。


それぞれの肩を引き寄せ、抱き締めて来た。


そして、態とか、如何だか、分からないけど…。


司の唇が、私の耳元に寄せて来て、話しし始めていた。


「良いな、俺の傍に居ろよ‼
 離れるな‼」


其れも色気たっぷりに…。



周りが叫び出した。


きゃーー、きゃーー。



優紀も、西門さんから、司同様、話しされている様子だった。



ほんと、やばいんですが…⁉


如何するのよ?
この騒ぎの責任は…。



成人式の開催の終了後、本当は、私と優紀は、同窓会が有り、行きたくて…。
司には、言ってなかったんだけど…な。
(優紀は、色々、有った様で、西門さんには、伝えて居なかったらしい。)


チムラアキちゃんに寄って、バレてしまった。


「つくしと優紀は、この後の同窓会は、如何するの?
 一応、“出席する。”って、聞いてるけど…?」


其処に、司と西門さんから、却下の申告をされてしまった。


「つくし、行かせねぇからな‼
 お前が、“行く‼”って言うなら、俺も行くぞ⁉
 良いんだな?」
「優紀、俺も就いて行くぞ⁉」


私と優紀は、顔を見合わせて、諦めの窮地に居た。
私と優紀は、頷く事しか出来ずに居た。


“ガーン‼”


ショックで、言葉も出なかった。



取り敢えず、チムラアキちゃんには、私と優紀で、謝っていた。


チムラアキちゃんは、了承してくれた。


これだけの騒ぎに成ったら、仕方ないのも有るのだけれど…。


「仕方ないね。
 これを機会に、また、4人で会おうよ‼」


そう言って、LINEの交換をし合っていた。


また、4人で会えるから、良しとしますか?



で、新聞記者から連絡が行ったで有ろうTV局の面々も、成人式会場に現れ、更に、取材合戦の様に、騒ぎが酷く成って来たのだ…。


だから、その場を後にした私達 F3&T4だった。



だが、その後、この日の事が、新聞記事に成り、レポーターから、追い掛けられる日々が、その後も続いたのは言うまでも無い。


だから、私は、道明寺邸に住まわせてもらい、邸と大学のリムジンでの送迎に成った。


また、牧野家は、お義母様がご用意下さったセキュリティー万全なマンションに、アパートから引っ越す羽目に成った。



優紀の所も大変だった様で…。
優紀の住まいは、一時、避難の西門邸。
優紀の実家には、西門家のSPが守っていたとか…。



で、FAXで、それぞれ、コメントする事に成り、コメントしたにも関わらず、収束する処か?…。
返って、記者会見をしなければ、埒が明かないのではないかと思う程だった。


まあ、仕方ないけど…ね。
だから、私は、言ったじゃん‼
心の中でだけど…ね。


こんな時は、私の心の声が漏れないって、如何言う事…⁉



で、司と西門さんは、それぞれの親から、“浮かれ気味だ‼”と、大目玉を貰って居たのは、言うまでも無かった。




やっぱり、私は…<総優>  23.




<総二郎side>


俺等 F3&T4は、空港に着いた。


そして、手続きを済ませ、PJに乗り込んだ。


そして、PJに乗り込んで直ぐ、俺は、優紀を呼び寄せて、俺の隣のシートに座らせた。


「優紀、俺の隣…‼」
「えっ??
 皆さんがいらっしゃるのに…⁉
 私は、T3と一緒に座ります。」


俺は、優紀をジト目で見て遣った。


優紀は、俺と離れてても平気なのかよ?


俺は、kissしてぇのに…‼


(勿論、シートの周りは、カーテンで囲って、俺と優紀だけの二人の世界を作るけど
 な‼)


T3は、気を使い出して、優紀を俺に送り出した。


「良いよ。
 優紀、ニッシーの傍に居て上げな‼
 飢えた野獣に成ってるよ?」
「まあ、道明寺さんと、お変わり御座いませんね。
 今の、西門さん…⁉」
「桜子、其れ、如何いう意味だよ?
 俺が司並みだって言いてぇのか?」


牧野は、司が居ねぇのに、俺に食って掛かって来やがった。


流石、司の彼女だけはあるじゃねぇか?
司を庇う何てよ‼


「ちょっと、西門さん、桜子…?
 それ如何言う意味よ?」
「まあ、百歩譲っても、道明寺さんも、西門さんも、何方も同じでしょ?」


桜子、何を対象にして言ってやがる‼


「俺は、司より、マシだ‼」
「西門さん、何言ってるのよ?
 司は、一人で、それもNYで、道明寺HDと闘ってるでしょ?
 司の方が、全ての試練から、逃げて無いわよ‼」
「………」


其れを言われると、俺は、何も言い返せ無かった。


「総二郎、お前の負けだな。
 今からでも、優紀ちゃんの為にも、西門流から逃げずに、戦えよ‼」
「ああ。
 そのつもりだ。」


俺は、弱々しい声しか出す事が出来ずに居た。


俺は、傍に居る優紀の心配顔で、俺を見詰めて来る瞳(め)が、居た堪れずに居た。


優紀の全てを…。
優紀の心まで全てを…。
俺から、離れない様にする為にも、俺も、司の様に、西門流と戦う事を誓っていた。


そして、俺と優紀は、PJのシートに二人、寄り添い、抱き締め乍ら、眠りに就いた。


勿論、カーテンで、F2&T3には、見えない様に囲ったのは、言うまでもねぇ。


当り前ぇだけどな‼



そして、日本に着いた時、俺は、未だに心配顔の優紀に言って遣った。
否、誓って遣った。


「優紀、俺を信用しろ‼
 司に出来る事は、俺にも出来る筈。
 ぜってぇ、西門流には、負けねぇから。
 見ててくれ‼
 応援しててくれ‼」


優紀は、涙顔に成り、目に一杯、涙を浮かべながら、頷いてくれた。


先ずは、家元夫人、否、お袋に、優紀の事を話すとするか?


そして、俺は、先ずは、母親に立ち向かう事にした。
否、俺の方に味方に付ける事を考えて居た。




日本に帰国した次の日の朝…。


俺は、何時もより、早く起きて、お袋に向かって居た。


「あら、珍しい事も有るものね。
 私(わたくし)に、何かご用が有るのかしら?」
「ああ。
 お袋、俺は、好きな女(こ)が、出来た。
 遊びじゃねぇ。
 愛してる、女だ‼」


お袋は、驚愕していた。


普段、俺が言わねぇ、『お袋』と、言う言葉に驚愕しているのか?
はたまた、俺に『好きな』、否、『愛してる女』が出来たと言う言葉に驚愕して居るのかは、分からねぇが…?


「其れで、貴方がお好きに成ったお嬢様は、何方のお嬢様なの?」
「司の婚約者の牧野の幼馴染で親友の女性…。」
「じゃあ、一般家庭のお嬢さんなの?」
「俺の女は、それ成りの家柄の出身者じゃねぇと、ダメとか言うんじゃねぇだろうな?」
「そう言う訳じゃ有りませんが…。」
「道明寺家でも、一般家庭出身の牧野を婚約者にするんだ‼
 うち(西門家)がダメって方はねぇよな?
 其れに、牧野の親友なら、バックは、道明寺家だろ?
 俺は、あいつ以外、結婚もしねぇし、次期家元を継ぐ気はねぇよ‼」
「総二郎、貴方、何て事を仰るの?」
「うち(西門家)には、まだ、三男坊の巧三が居んだろ?」
「………」


お袋は、何も、言い返せねぇ様子だった。


だから、更に、突っ込んで遣った。


「俺は、あいつのお陰で変われたんだよ‼
 俺には、あいつしか居ねぇ‼
 あいつを見てから、判断しろよ⁉」


其の俺の言葉に、お袋は、言って来やがった。


「じゃあ、お連れして頂戴。
 お会いしてから、判断させてもらうわ。」


その時のお袋は、どんな女が来ても、認めるつもりが無かったらしい。


俺の変わった姿を見たのと…。
優紀に会って、優紀を一目で気に入ってしまったと、後から、お袋は、言って来た。



だから、だろうか?


この後の展開に、度肝が抜かれた俺だった。