tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きに成ってしまった訳…<あき桜>  14.




<あきらside>


俺は、桜子に桜子の気持ちを聞き出そうと、呼び出した。


桜子は、妙に、スッキリ(?)と言うか、顔付がいつもと何と無く違うように感じた。


桜子の顔付を見て、答えは出ているのだろうと理解した俺は、ダイレクトに桜子の気持ちを確認した。


「桜子、もう、気持ちの踏ん切りは付いてるよな?
 聞かせてくれねぇか、桜子の気持ちを…?」
「美作さん、その前に、私の現状をお話ししても宜しかったですか?」


桜子の現状?
俺とは付き合えねぇって言う何か訳でも有んのか?
聞くのが怖ぇ~⤵。
でも、聞かなきゃ、分かんねぇよな?


「ああ、話ししてくれ⤵。」


そして、桜子から、今までの行い(?)、所謂、今まで、浮名を流していた訳・何故、特定の男性と付き合おうとしなかったのかという訳を知らされた。


だから、俺と付き合えねぇとでも言うのか?
有り得ねぇ…‼


俺は、桜子の整形には拘っちゃいねぇ…⤴。
って、言うより、忘れてた。


と、言うよりも、『其処かよ』って、感じ。


俺は、桜子自身に惚れたんだ。
顔で、惚れた訳じゃねぇ⤴。


其処は嘘偽りねぇ⤴。


なのにだ、そんな断り方、有りかよ?


もっと、体裁の良い、断り方も有るだろ?


桜子から聞かされた俺が、そう簡単に引くとでも思ってんのかよ⤵。
そう思った俺は、妙に苛付いて、言わないで於こうと思っていた言葉を口走っていた。


「なあ、桜子、そんな事くれぇで、俺を振るなよ‼」
「………えっ?」
「俺はな、桜子自身が良いんだよ⤴。
 桜子の顔で惚れた訳じゃねぇ⤴。
 俺はな、今まで、年下も、同い年も、年近も『ノーサンキュ』だった。
 そんな俺が、何故、年下の桜子、何だと思う?」


桜子は首を傾げながら、俺を見詰めていた。
そんな目で俺を見るな‼
気持ちを抑え切れなくなるだろ⤴。


「………」


「俺はな、桜子。
 あの日、お前が、あの3人組の女に絡まれていた時の桜子の対応が、年下なのに妙に大
 人で、却って、放って置けなくなったんだよ‼
 グッと来たというか…⤵。
 あの時は、照れも有って、“良う、分からん。”って、言ったけどな。」
「………」


桜子の顔は驚愕さを帯びて来た。


「後な、あの、バラバラな性格のT3を、しかも、滋まで纏め上げているその対応に、何
 時も舌を巻いていたんだ。
 『T4で一番下の桜子が一番、大人に見える』、
 その姿に、グッと来てたんだよ‼」


桜子は何も言えねぇのかびっくりしてるのか、目を見開いて、俺を見詰めて来る。


「俺は、あの時の桜子を見ていて、年下とか、同い年とか、年近とか、年上
 か、そう言うんじゃなかったんだって思えたんだよ。
 俺はな、桜子。
 桜子自身に惚れたんだよ‼
 桜子自身が良いんだよ‼
 なあ、桜子、分かれよ‼
 俺を振るなよ‼」



俺は必死だった





NYで会えるなら…<つかつく>  9.




<クラウンCEOとの会話は日本語表記ですが、英語で会話していると見なしてご覧下さいませ。>


<つくしside>
司から妥協案の件を聞いたつくしは、父親に確認を入れていた。


「お父様、妥協案について何ですが…。
 私は、クラウン・コーポレーションの『COO』を何れはケインに譲れたらと、思って
 いたんです。
 クラウン・コーポレーションの後継者はあくまでも、ケイン。
 何れ、ケインは『CEO』に成るでしょう。
 でも、お父様の後継者で有るならば、早い段階で『COO』をケインに任せるべきでは
 ありませんか?」
「ミッシェル、まさか、クラウン・コーポレーションを離れる事を考えているのでは無い
 だろうな?」
「私は、クラウン・コーポレーションも、道明寺HDも、両方に携われたらと、考えてい
 ます。
 両社の橋渡し的な仕事が出来たらと、考えています。
 お父様、如何でしょうか?」
「それも踏まえて、もう一度、道明寺会長と、会わなければいけないだろう。」
「有難うございます。
 良い結果を期待しています。」


取り敢えず、父親の凝り固まった考えは、柔軟に成っただろうと、安心していた。



<司side>
その時の司は、今のつくしの立場の方が自由が利かなくなっている事に苦慮していた。
つくしが『牧野つくし』時代は、身分が違うと言うだけで、親に邪魔され、自由を奪われた。
でも、NYに司が渡米してしまったが、当時の結果として、1年の猶予を引き出す事は出来た。
それが今は、企業の立場が、自由にしてくれない何て…な。
しかも、その自由を奪って居るのが、つくしsideだとは、あの当時の俺では考えも付かなかっただろう。



あれから、つくしがつくしの親父さんに、何か提案を出したらしい。
親父が、クラウンCEOの話し合いに応じると言っていた。
良い方向になれば良いのだが…。


ここ最近の俺はこの事ばかりが気に成り、まともに仕事をしていられる状況では無かった。
早く決着して欲しいと、節に願うばかりだ。



<クラウンCEO・道明寺会長side>
つくしの提案について、話し合いが成された。
良い結論と共に、司とつくしの結婚を許す運びとなった。


~~ 再検討の妥協案の内容は…
*クラウン・コーポレーションと道明寺HDの協同出資に寄る共同会社を設立する。
 その詳細は…
 ①出資金額は道明寺HDが70%、クラウン・コーポレーションが30%
  クラウン・コーポレーションと道明寺HDが、提携している事業を主に扱う会社
  今後も提携する場合は、此方の会社を通した形での事業形態になる。


 ②設立会社のCEOにつくしが就く
  道明寺HDの子会社的存在で位置付ける。
  *将来、結婚後、つくしが妊娠、出産した時の事も想定している。


 ③つくしが今後、手掛けるで有ろう事業に関しても、遂行して展開していく。
  協力は、クラウン・コーポレーションと道明寺HDが手掛ける。


以上が、提携詳細となる。 ~~



司とつくしは、提携詳細に納得して、了承した。


やっと、一悶着の末、つくしの提案で落ち着いた形になった。


後は、提携会社を何処に置くかだろう…。





好きに成ってしまった訳…<あき桜>  13.



<桜子side>


私は、気付いてしまった。
私は、私の仕草に…。


先輩の言っていた、あの一言から、私は、私の仕草を意識していたのかも知れない…。



美作さんを見てる回数…‼



カウントしている訳では無いが、確かに、気が付いたら、私は、美作さんを見ていた。


一度、美作さんを何気にチラ見して居た時、美作さんが不意に私を見て、微笑んでいた。


それを見ていた花沢さんが、言っていた一言にドキッとしてしまった。



何々、あきらと三条、何、アイコンタクト、取ってんの?



そんなつもりは全く無い。


でも、それからの私は、美作さんを意識し捲りになってしまった。
それからは、私がチラ見するタイミングが、美作さんが私を見てくるタイミングと合致する様で、微笑まれる事が増えた。


その時の私は、美作さんが微笑んでくれるだけで、幸せだったんだと、今になって見れば分かる。
でも、あの時の私は…。


今思えば、美作さんに嵌まって行く自分にブレーキを掛けていた。



私は、『私の将来には結婚は無い』と、思っていた。



私は、皆が知っている通り、整形をしている。
私は整形をしている事に、後悔等無い。
でも、生まれてくる子供は、私のDNAを持って、生まれてくる。
その子供が、もし、『私似』だとしたら、『女の子』だとしたら、間違いなく私を恨むだろう。


だったら、私は結婚しない方が良いと思っていた。


だから、
私は、浮名を流す振りをして、誰にも、のめり込まない様にしていた



私は、その方がだったからだ。
でも、それは、自分自身から逃げていたのだと、知ってしまった。
と、言うより、美作さんに寄って、知ってしまった。



もう、私は、美作さんに気持ちがシフトしてしまっていたのだろう。



もう良いよね?


自分自身にウソ付くのは…。