tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

忘れ欠けていた…<総優>  6.




直ぐ様、家元は、家元夫人を呼び出し、優紀について話し出していた。


「総二郎が、ここ最近、真面目に仕事に取り組み出した訳が分かった。」
「如何言う訳でしたの?」
「総二郎は一人の女性に恋をしたらしい。」
「………」


家元夫人は驚愕していた。
“あの総二郎が…?”と…。


「家元夫人も知っているとは思うが、総二郎が恋をしたのは、優紀さんだよ‼
 如何も、更さんの高校の後輩だったようだね、優紀さんは…。
 その関係で、総二郎と優紀さんは再会した様だよ。
 今は、総二郎の一方的な片思いの様だが…。」
「そうだったんですか?
 しかし、優紀さんには、お付き合いされている方がお出でだった様に聞いています
 が…。」



家元は、優紀の人柄を家元夫人に聞き出そうとしていた。


「優紀さんとは、如何いう女性だ?」
「きちんとした女性ですわ。
 一般常識をきちんとお持ちで、出しゃばる事はせず、だからと言って、人の言い成りで
 はなく、芯のしっかり持った女性ですわ。」
「優紀さんは、そう言う女性なのか。」


家元夫人はニコニコしながら、答えていた。


「ええ。
 私(わたくし)は、総二郎のお相手には、“優紀さんなら良い‼”と、ずーっと、思って
 居ましたの。
 家元が優紀さんをお認めに成って下さるなら、万々歳ですわ。」


人の見る目の有る家元夫人を、其処まで謂わしめる女性という事かと、家元は驚愕していた。


「では、総二郎に合っているのではないか?
 総二郎が、優紀さんと再会しただけで、『女たらし』の汚名を返上出来るという事は、
 高校の頃にも総二郎と優紀さんとの二人の間には、何か有ったのではないかと、私は感
 じている。
 もし、そうなら、総二郎が真面目に成るチャンスじゃないかと思って居る。
 家元夫人も、協力を頼むよ‼」
「ええ
 承知しましたわ。」


家元夫人は、“勿論だ‼”と、思って居た。
何故なら、優紀の人間性を熟知しているからであった。


もし、総二郎が優紀と、“一緒に成ってくれるなら…。”と、願って居たのは、他でもない家元夫人だったのだから…。



総二郎は両親の思い等知らず、そうだとも思わず、極秘に優紀との事を遂行する気で居た。



また、家元は、優紀の師事している師匠である西門流の重鎮の元に行き、優紀が茶人として相応しいか尋ねる事にした。


「先生の教え子で、『松岡優紀』さんと言う女性が、先生を師事されている思うが…。
 如何いう女性ですか?」
「家元、彼女の事をお調べに成ると言うのは、如何いう意図を以っての事でしょうか?
 優紀さん程、素晴らしい女性は居ませんわ。
 前に出しゃばらず、他人(ひと)への思い遣りも有り、何処に出しも恥ずかしい女性で
 は有りません。
 もし、息子が独身ならと、思わずには居られない女性ですわ。
 後々には、私(わたくし)の後継者にと、考えておりますの。」


家元は、真実を言わなければ、先を越されると認識したので、この場で伝える気は無かったのだが、協力をしてもらうつもりで伝えた。


「実は、優紀さんは、私共の愚息の総二郎の想い人らしくてね。
 直接、優紀さんと接してられる先生に聞いた方が早いかと思いましてね。」


優紀の先生は、驚愕していた。
“あの、総二郎さんが…、恋を…?”と…。


「ですが、優紀さんには、お付き合いをしていらっしゃる方がお出でだったと思います
 が…?」


家元は、やはりかと思わずには居られなかった。


「それは、確かな事ですか?」


優紀の先生は、間髪入れずに答えて来た。


「ええ、私(わたくし)、お見掛けましたから…。
 車で、お相手の方に、迎えに来てもらっていましたから。」
「そうですか?
 それでも、総二郎は諦めて居ない様ですが…。」
「優紀さんは、思った事は遣り抜こうとする意志の強い処も有る位、芯の強い女性で
 すわ。
 優紀さんの気持ちは量り知れないと思いますが…。」


家元は、総二郎の勝算は難しそうだと悟ったのであった。




bad love…<つかつく>  27.




<司side>


俺は、俺のバッテリー充電の為に、“今夜は、つくしを離せねぇ‼”と、誓っていた。


当り前ぇだろ。
このままなら、また、つくしと会えねぇ日が続くかも知れねぇ何て耐えられると思うか?


だから、朝方近くまで、つくしを離して遣る事が出来なかった。


つくしはぐったりしてるが…。


俺は、つくしに会うまで、こんなに、一人の女にのめり込むとは思いもしなかった。


つくしと巡り会うまで、俺は、女嫌いで女を毛嫌いしていた。
近寄られるだけで、寒気がして、虫唾が走った。


其れが、つくしには起きなかった。
起きねぇ処か、どんどん、つくしに溺れて行った。


俺にこんな情熱が有ったとは、俺自身でも思わなかった。


どんどん、俺が気付いて居なかった奥底に潜む、俺の男としての潜在的思考が現れ出した。


俺は、もう、つくし以外は考えられねぇのは当たり前ぇだが、つくしが居ねぇ世界は、もっと考えられねぇ所まで、俺はつくしに溺れ切っていた




だから、だろうか?


俺は、次の日、類を呼び出して、つくしの姉ちゃんと類の間を取り持とうとしていた。


「類、つくしの姉ちゃんのコト、本当に無しなのか?」
「何、行き成り?」
「否、かなり、大河原家は、その事で、大変みてぇなんだ…。」
「大変って…?」
「ああ、つくしが振り回されてんだよ…。」
「だからって、何で、俺が、あの子の姉ちゃんの面倒を見刺される訳?」
「否、そう言う訳じゃねぇけどよ…。
 もし、類がつくしの姉ちゃんのコトを好きに成って遣ってくれたらよ、全て、『コト』
 は収まるんだよな。」
「だからって、俺の責任でもないでしょ?」
「そりゃあ、そうだけどよ…。」


類との話しは、堂々巡りして居るだけに過ぎず、結局、話しは、お蔵入りする勢いで終わってしまった。



俺は、焦って居たのかも知れねぇ⁉


類を…。
幼馴染で親友の類を、利用して居たのかも知れねぇ⁉


“はぁ~。”
俺は、自己嫌悪に陥っていた。


もう、つくしに対しては、引き戻せねぇ‼
後戻り出来ねぇ程、つくしに溺れる自分自身を自分自身で持て余していた。




【滋と進が会食に向かう為に乗っていたリムジンの車内での…事。】


今日の会食には、進が着いて来る事に成っていた。


「姉さん、今日は、初めて、姉さんに就くけど、宜しく‼」
「分かってるわよ⁉
 宜しくね‼
 ねぇ、進、聞きたい事が有るの?
 進、正直に応えなさい‼」


進は、姉の滋の追及に逃れられない事を悟っていた。


「えっ、何?」
「ここ最近、家族の私に対する態度が気に成るんだけど…⁉
 何か知ってる?」
「さあ、如何だろ?
 俺は、今日は取り敢えず、姉さんに就く様に、父さんから言われただけだから…?」
「それが、本当なのね?
 嘘は付いて無い?」
「正直言って、姉ちゃん程、俺、家族の中の事は、余り知らないよ⁉
 って、言うか、俺、父さんの秘書だし…‼」
「まあ、そうだよね。
 ごめん、進っ‼
 変な事、言って…。」
「否、良いよ‼
 返って、役に立たなくて、ごめん‼」


進は、姉の滋の追及を回避出来た事にほっとしていた。



滋は、何と無く、気付いていたのだ。
つくしが、滋の行動を一々、チェックしている事を…。




忘れ欠けていた…<総優>  5.




総二郎は、優紀を引き留めに掛かっていた。


「優紀ちゃん、俺、車なんだ。
 送るよ、乗って‼」
「申し訳ありません。
 お気持ちだけで充分です。
 待ち合わせが有るので…。」


総二郎は、拒まれている原因を探ろうと聞かなくても良い事を聞いてしまった。


「其れって、彼氏が居るって事?」
「ご想像にお任せします。」


総二郎は、尚も、突っ込んだ。


「優紀ちゃん、俺は…⁉
 俺は、ダメかな?」
「如何いう意味でしょうか?」
「俺を見てくれねぇか?」
「………」


優紀は答えなかった。


総二郎は、“相変わらずだな。”と、思って居た。
総二郎は、尚も話しを続けた。


「優紀ちゃんに彼氏が居ようが居まいが、そんな事は如何でも良いんだよ。
 要は、俺にまた、優紀ちゃんを振り向かせられたら良いんだから…。
 優紀ちゃん、覚悟して於いてよ‼
 俺は、優紀ちゃんをまた、俺に惚れさせる自身は有るから‼」


総二郎は、その日は、優紀を開放して遣った。



だが、総二郎は、時間の有る限り、優紀の終わる時間頃を見計らって、優紀を待ち伏せする様に成って来ていた。


優紀は相変わらず、総二郎に靡こうとはしなかった。


今までに、総二郎に振る向かなかった女性は居らず、また、総二郎が誘って靡かなかった女性も居なかった。


総二郎自身、優紀に如何対応したら良いのか、悩んでいた。



そんな、時だった。


先日の運動会の日、総二郎がスケジュールを遣り繰りして総二郎が出掛けた事を知った家元は、総二郎の動きを探る様に内弟子達に伝えていた。


そして、家元の下に、総二郎が足繁く通っているという幼稚園を突き止めたと、内弟子から連絡が入った。


家元は、総二郎が何故、幼稚園に赴いて居るのか、不思議でしかなかった。


まさかとは思ったが、家元は、総二郎が不倫をして居ると勘違いし始めた。
家元は、まさか、『幼稚園の教諭』だとは思わずに居たのだ。



一方、総二郎は、いつも、優紀を待つ為、職員専用通用口の扉の横に有る壁に上半身を凭れさせ、長い足を組み、腕は、腕組みをして、凭れて立っていた。


総二郎は、優紀が出て来ると、首だけ扉側に向け、高校の頃の優紀が好きだった総二郎の笑顔を、総二郎は、優紀に向けていた。


優紀はそんな総二郎をスルーして、いつも通り、総二郎の居る前を通り過ぎ様としていた。


しかし、総二郎は、総二郎の長い腕で優紀の腕を掴み、優紀を総二郎の方へ手繰り寄せ、離さないと言わんばかりに、総二郎は優紀を抱き締めて居たのだった。


いつも、優紀は、幼稚園の有る傍で展開される事に困惑して、もがいて総二郎から離れようとしていた。
其れを、離せない総二郎…。
いつも、一悶着の末、優紀は、総二郎に捕まり、車で拉致られる日々がここ最近、続いて居た。



そんな様子も含めて、家元は内弟子から、情報を受け、その幼稚園教諭の身辺調査を調べさせた。


そんな時に調べて分かったのが、その幼稚園教諭で在る優紀の存在だった。



~~優紀が…、


*総二郎の幼馴染の更の高校の頃の後輩で在る事。


*総二郎の幼馴染で親友の司の奥さんの親友で在る事。


*総二郎とは、高校の頃から、知り合いで有ったと言う事。


*優紀は高校のクラブ活動の頃より、茶道を嗜んで折り、現在も続けている事。


*優紀が師事している師匠は、西門流の重鎮の先生で在る事。


*優紀は、既に、上級の免除を取得している事。


*既に、家元夫人は、何回か、茶会の開催時に会って折り、知り合いに成っていた。


*優紀は、茶会にて、既に、何回か、亭主と半東を務めている。~~


と、言う事が分かった。



家元は、直ぐ様、多方面に渡り、優紀の評判を聞き出し始めていた。


先ずは、家元夫人に確認する事にした家元であった。