tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

懺悔の日々…<総優>  9.




優紀は、総二郎だけの記憶喪失で有る筈なのに、京都の時のまま、F4&T2と一緒に居る時でも、一切、優紀は、総二郎と絡もうとしないのだ。


優紀は、総二郎が優紀に近付くと、ササっと、その場を離れるのだ。
極、自然に…。


総二郎は、本当は優紀には記憶が有るのではないかと疑いたくなる程だった。


そんな時、F4ラウンジには、優紀と総二郎だけが居た。
態と、F3&T2がそうしたのだが…。


総二郎は、沈黙が堪らず、総二郎から近付き、声を掛けた。
優紀は自然に、総二郎から離れた。


「優紀ちゃん、俺の事、嫌い?」
「………、えっ??」
「俺、優紀ちゃんが嫌がる事した?
 したんなら、教えて欲しんだ。」
「………」


総二郎は、優紀が記憶喪失じゃない事を何と無くだが、理解した。
総二郎は、優紀の狂言じゃないかと、思ったのだ。


「優紀、記憶喪失じゃねぇよな?
 狂言だよな?」
「………」


優紀は答える事が出来ずに居た。
何故なら、優紀の狂言だから…。
優紀は、何故、バレたのだろうと思っていた。


総二郎からすれば、極、当たり前に見抜けたというのに…。
総二郎が分かったのは優紀の瞳(め)だった。


現在は、大人に成った色気を含んだ優紀の目付きなのに、高校生の頃のままの澄んだ優紀の瞳だったのだ。
高校生の頃の総二郎が吸い込まれそうだった、あの時のあの高校生の頃の優紀の瞳のままだったのだ。


優紀のあの瞳が、総二郎は優紀にのめり込まされそうで怖かったのだった。


優紀のあの瞳を総二郎が見落とす訳、無かったのだ。
他の誰もが騙されても、総二郎だけには…。
そう、総二郎だけには騙せなかったのだ。


「優紀、俺を騙せると思ったんだ⤵。
 俺を見縊るなよ‼
 俺が、今の俺が、優紀に騙されると思ってたんだ⤵。
 それこそ、思い上がりも良い所だろ‼」
「………」


総二郎は優紀に懺悔の言葉を口にした。


「優紀、俺な、優紀を傷付けた事、今では後悔してる。
 あの頃な、高校の頃な、本当は、優紀に堕ちそうな自分が怖かったんだ。
 あの頃、言ったあの言葉な、優紀の瞳(め)に、素直な優紀のその瞳に吸い込まれそう
 になって行く自分自身が怖くて、優紀に言った言葉だったんだ。
 優紀が傷付くだろう事は理解していたはずなのにな…。
 優紀、許してくれとは言えねぇ⤵。
 けどな、拒絶だけはしねぇでくれねぇか?」
「………」


優紀は答える事が出来ずに居た。
優紀は総二郎を憎んでいる訳では無かったのだ。
優紀は総二郎の傍に居る事が、見る事が、あの日の苦しかった日々を思い出させて辛かったのだ。


だから、そっとして於いて欲しかったのだ。


優紀は何も言わず、席を立とうとしていた。


思わず、総二郎は優紀の右腕を掴んで懇願して言った。
優紀はその腕を見詰めていただけだった。


「悪ぃ~⤵。
 優紀、行かないでくれ‼
 俺の傍に居て欲しい‼
 ダメか⤵?」


総二郎は優紀の右腕を握ったまま離せずに居た。


優紀は黙ったまま、俯いたまま、唯、立って居るだけだった。





後悔と言う名の元に…<つかつく>  11.





其処に、司が入って来た。


<司side>


「類、てめぇ、何で、こんなに早く来てんだよ?」
「どうせ、司が、牧野とゆっくり話しさせてくれないでしょ?」
「当然だ‼
 つくしは『俺の女』だからな⤴。
 それに、昔も今もつくしが頼るのは、俺だけだ‼
 類、分かったか?
 類の出る幕はねぇんだよ。」
「はいはい、分かりましたよ。」



其処に翼と蘭が入って来た。


「パパ、カッコ悪いなぁ⤵。
 外まで、丸聞こえだったよ⤵。」
「………」


司は、何も言えなかった。


「仕方ない、父親だね?
 君達の父親は?
 初めまして、君達のパパとママの親友の花沢類だよ⤴。」
「初めまして、道明寺翼です。」
「初めまして、道明寺蘭と申します。」


俺は、蘭が類を見る目付きが気に成って仕方なかった。



そうこうしている間に、F2&T3が入って来た。


あきらが開口、一番、とんでもねぇ事を言いやがる。


「類、やっぱり、早目に来てたか?
 まあ、類も久し振りに牧野とゆっくり話ししたかったって処か?」
「はぁ~??」


俺は、不貞腐れていた。


類が、尽かさず言い除けてきやがった。


「出た、独占欲‼」


皆で、言われてる俺って…。
しかも、自分のガキの前で…。


「「「久々に、見た‼」」」
「「久々に見ました‼」」


三条がつくしに、責めてるのか、不貞腐れてるのか…、分からねぇが、つくしに言って除けていた。


「先輩、どんなに心配したか、分かってますぅ~?」
「桜子、皆、ごめんね‼」


つくしは、両手の手のひらを合わせて、擦り合わせながら謝ってる。


「つくし、大丈夫なの?」
「うん、優紀、有難う‼
 今、凄く、落ち着いてるの⤴。」
「そう何だぁ~、良かった‼」


松岡と三条が俺に気付いて、挨拶して来た。


「「………、道明寺さん、ご無沙汰しております。」」
「ああ。」


「翼、蘭、俺とつくしの親友を紹介する。
 俺の幼馴染で親友の美作あきら。
 美作商事の後継者で副社長だ。」
「宜しくな、翼・蘭‼」


二人は、あきらと握手した。


「それと、西門流 次期家元の西門総二郎だ。」
「宜しく‼」


同じく、握手していた。


「それと、さっき、紹介した花沢物産の後継者で副社長の花沢類。」


改めて、類は翼と蘭と握手を交わしていた。
その時の蘭の目付きが、俺はまたしても、気に成って仕方なかった。



俺からT3も紹介しようとしたが、あきらと総二郎がそれを制止した。


「司、桜子は俺が紹介するわ‼
 俺の奥さんで、旧華族出身の三条家の一人娘で英徳高校の牧野の後輩で親友の三条桜
 子。
 現在は、美作桜子。」


俺とつくしは、声が重なった。


「「はぁ~??」」


「それと、俺の奥さんで、牧野の小学校からの幼馴染で親友の松岡優紀。
 現在は、西門優紀。」


またしても、俺とつくしの声が重なった。


「「はぁ~??」」



滋は自分で自己紹介して来た。


「私は、つくしの親友の大河原財閥の娘の大河原滋。
 宜しくね‼」


お祭り女に少々、テンパっている翼と蘭で有った。





懺悔の日々…<総優>  8.




総二郎は高校の頃に優紀を傷付けた事を心の中で詫びていた。


自分自身の気持ちの為に言った言葉や態度が、今の自分に降り掛かって来るとは…。


優紀、済まなかった⤵。
 俺を許して欲しいとは言えねぇ⤵。
 けど、拒絶だけは勘弁してくれねぇか?
 今、やっと、分かったんだ。
 好きな女に、大切にしてぇ女に拒絶される事の
苦しさを…。
 俺はお前にそれをしていたんだよな…。
 本当に、済まねぇ…⤵。
 優紀…。



総二郎はその場から離れられずに居た。
総二郎は優紀の居る病院から離れる事が出来ないで居たのだ。
総二郎は特別室に身を置いていた。



そんな事が続いていたある日、優紀に退院許可が出た。


優紀は京都の叔母の家で自宅療養する事に成り、総二郎もそうそう京都に居る事が出来ない為、優紀を優紀の叔母に預けて、総二郎は迎いに来た司と優紀の看病をしていたつくしと共に東京に帰って行った。


総二郎の落胆振りは目に余る所が有り、また、総二郎の喪失感は日に日に酷くなるばかりで周りが居た堪れなく成っていった。



そんな時、優紀が再び、病院に運ばれたのだ。
優紀は外出の際、事故に在った所を歩いている時、オーバーラップしたらしく、意識を失って、その場に倒れてしまったのだ。


優紀の叔母からつくしに連絡が入ったのは夕方に成ってしまっていた為、ヘリで、再び、京都入りした司とつくしだった。


ドクターからは、“同じ場所を見せない方が良い。”と、言われた。


実は、事故現場は、生活拠点にある為、叔母は優紀を東京に戻す事を決めたので有った。
その事はつくしに伝えられた。


優紀は丸2日間、昏睡状態になり、目が覚めた時には、記憶を失っていた。
しかも、総二郎だけの記憶を…。


F2&T3は、“またぁ~⤵。”と、なっていた。


当の総二郎と司は苦笑いしかなかった。



優紀は京都の女子大という訳には行かず、心配だった総二郎が無理矢理、優紀を英徳大学に編入させた。
陰で家元夫人と総二郎が動いていた等、優紀は知らずにいた。
其処はつくしが上手く優紀に説明していた。


「優紀、英徳の方が、皆、居るし、安心でしょ⤴。
 何か、有っても、私も桜子も居るし…。」


桜子も加勢した。


「優紀さんとまた、ご一緒出来る何て嬉しいですわ⤴。」


優紀は騙された感は否めないが、皆の厚意だからと、英徳大学への編入に納得した。


それからは、優紀も英徳大学ライフを楽しんでいた。
勉強は大変そうだったが…。