tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

NYで会えるなら…<つかつく>  8.



あれから、司とつくしの付き合いが1年程経った時、つくしの『COOの就任』が決まった。
慌てたのは、司である。
このままでは、つくしとの結婚が遠退く恐れが有ったのだ。
司の父親で有る道明寺会長の助けを借りて、この事態を乗り切ろうとしたのだが、父親からは司にとってとんでもない言葉が聞こえて来た。


「企業が決めた人事に首を突っ込む事は、例え司の婚約者だとしても、出来る訳がな
 い。
 クラウン・コーポレーションとしてもつくしさんを手放すのは、惜しいという事だろ
 う。」
「じゃあ、俺らは結婚出来ないって事かよ?
 だから、婚約発表の話しも引き延ばしにされてるって事か?」
「まあ、落ち着け‼
 今、何を言っても憶測に過ぎない。
 取り敢えず、クラウンCEOと話し合いをしていかなければならないだろう。」
「取り敢えず、婚約発表だけは済まして於きたい。
 親父、宜しく頼むわ‼」


今の司から、つくしを引き剥がしでもしたら、『我が道明寺HDはとんでもない事に成るだろう』と、危惧した道明寺会長で有った。



一方、何故、クラウンCEOが、つくしの『COO就任』を速めたのか…。
それは、司と婚約しても、結婚しても、つくしをクラウン・コーポレーションに留まらせる為で有った。
クラウンCEOは、つくしを企業人としては手放せる筈も無く、つくし失くしてはクラウン・コーポレーションの発展は無いと認識しているからである。
それ故、早い段階での『COO就任』としたので有った。


そんな事とは知らない道明寺HDsideは、婚約発表の話しを推し進める覚悟でいた。


話し合いは、平行線で終わった。


道明寺HDsideとしても優秀なつくしを手に入れたい処では有るが、寧ろ、司からつくしを引き剥がしたのでは元もこうもない。
妥協出来る処は妥協すると、クラウン・コーポレーションsideに伝えた。
司にも妥協する様、道明寺会長より話しした。


「クラウン・コーポレーションsideは企業人としてのつくしさんを手放す気はないよう
 だ。
 しかし、婚約に関しては、妥協してくれると、言って来ている。
 司もつくしさんと結婚出来るのなら、妥協案に応じる必要が有るだろう。」
「………」
「考える時間も必要だろうから、時間を与えよう。」
「………、分かった。」


司はつくしと話し合う必要が有るだろうと、思っていた。
また、つくしも父親から話しを聞き、司との今後を考え始めていた。


妥協案を執るか、すっぱ抜くか、難しい選択を司は強いられていた。
先ずは、考えを纏める処から始めようとしていた。


そして、司が弾き出した妥協案は、取り敢えず、今は、クラウン・コーポレーションsideの妥協案を飲むが、結婚後、何年後かには、つくしを道明寺HDに取り込む事。


上手く行くかは分からないが、取り敢えずの妥協案で合意しようとしていた司だった。


その妥協案を司から聞いたつくしは上手く行くのかと、考えてしまっていた。






好きに成ってしまった訳…<あき桜>  12.



<あきらside>


俺は、司を呼び出して、頼みを入れた。


「よう、あきら、如何したんだ。
 俺だけか?」
「ああ、司、悪ぃなぁ。」
「ああ、良いけどよ。
 何か、有ったんか?」
「まあ、司に頼みが有ってよ。」
「そうか、三条絡みか?」


司も勘が冴えて来てるって事だよな⤴。
桜子絡みで呼び出している事が、俺にとっては辛ぇわ⤵。


「ああ、そう何だけどよ…。
 桜子が俺に対して、何の反応も示して来ねぇんだよな⤵。
 牧野にそれとなく偵察してもらえねぇかと思ってよ。」
「そう言う事か?
 分かった⤴。
 まあ、つくしにリベンジさせるわ。
 つくしじゃあ、不安だけどよ⤵、自覚させるわ。」
「司、悪ぃな。
 宜しく頼むわ‼」


そう言って、俺は司に頼んだのであった。



<桜子side>


後で、知ったお話しだけど…。
先輩は、道明寺さんから頼まれて、道明寺さんは美作さんから頼まれて、今回のT4会が招集されたと、聞いた。


どんだけですかぁ~~??


結局、私は、美作さん(=今や、あきらさんと呼んでいる。)に、左右されていたと、知った。
結局、私は、あきらさんと、付き合う羽目に成っていたのだとすれば…、あの時の私の足掻きは、“一体、何だったのだろうか?”と、冴え思えて来る。



あの時、先輩から、言われてしまった。


「桜子、いつも、高校生の頃の私に言ってたじゃん‼
 “どうせ、道明寺さんには勝てないなら、潔く、負けを認めて、道明寺さんを見詰め直
 してみてわ。”って…。
 それ、桜子に送るわ‼
 美作さんに負けを認めたら…。
 意外と、桜子も鈍感??」


先輩、私が、鈍感な訳、有りませんよね?
何を仰るやら…。


「はぁ~??」
「桜子、意外と自覚症状無しな訳…??
 美作さんを見てる回数、日に日に、増えてるよ⤴。」


ああ、何な訳!
私を陥れようとしている訳??



って、『私が美作さんを見てる回数が日に日に増えてる。』って…。
うんな訳、無いでしょ?



先輩、私を陥れようと、してますよね?
って、本気でそう思っていた。



自分自身の仕草に気付くまでは…。





NYで会えるなら…<つかつく>  7.



司はゴシップを味方に付けるべく、何かとつくしを誘うように成った。
プライベートも一緒に過ごしたいと、言い出すように成り、つくしは、困惑し始めていた。
しかし、司は何処吹く風…。
つくしを自分に向けさせる為に必死に成っていた。


勿論、道明寺HDの業績も株価も評判も上がり始め、楓もつくしの存在を道明寺HDには無くてはならないと、認識し始めていた。
これに寄り、司を咎める者は一人も折らず、つくしは、諦めの窮地に立たされたので有る。
此処で、つくしの負けは決定した。
司はして遣ったりで有った。


この事を、司はF3に報告した。
F3も、丁度、出張の為、NY入りを予定していたようで、再会を約束した。


そして、つくしを含めた5人の再会場所で有るNYメープルに司とつくしは出向いた。


其処で、司とつくしの付き合いが、F3に報告された。


「良かったな、司‼
 やっと、許してもらえたのかよ。
 長かったな。」
「許してもらうって、何だよ?」
「牧野にやっと、了解してもらえたんだろ?」
「うるせ~‼
 俺達は、別れていた訳じゃあねぇ。」
「はいはい、引き剥がされていただけだよね。
 ほんと、面倒くさい‼」
「何だよ、面倒くさいって⤵。」


あきらが仲裁に入った。
流石、タイミングを知っている男である。


「司、類、分かったから…。
 もう良いだろ‼」


類が不貞腐れた。


「俺まで何で…。」


総二郎がフォローになっていないフォローした。


「類はな、牧野から何の相談も無かったから、不貞腐れてるんだよ。」
「類、如何いう意味だよ。
 つくしは俺の者なんだよ。
 つくしにちょっかい掛けんな‼」
「はいはい。」


あきらが話を進めた。


「で、お前ら、結婚すんの?」
「ああ、そのつもりだ‼」
「はぁ~??
 いつ、決まったのよ‼
 何も決まってないでしょ。」
「おいおい、今更か?
 もう、結婚は決まってんだよ‼
 俺達、そう言う仲だよな?」


F3が聞き逃しそうになっていた。


「「「………、はぁ~??」」」
「おいおい、何時の間に…。」


総二郎の問い掛けに、司は、意気揚々と答えていた。


「もう、高校の頃からだけどな⤴‼」


F3は其れこそ、初耳で有った。


「「「………、はぁ~??」」」
「鉄壁なチェリーボーイと鉄パンだとばかり思っていたのに…な。」
「成程、司が諦めきれない訳が今やっと、分かったわ。」


つくしは、顔を俯せるしかなかった。



こうして、F3との再会は終了したので有った。