tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

後悔と言う名の元に…<つかつく>  10.




<司side>


ある日、あきらから、TELが入って来た。


「おお、久し振りだな。」
“司っ‼
何が、久し振り何だ?
お前等は薄情だよな?
司は、日本に帰国しても連絡無し…。
牧野は、ガキが出来て居る事も俺等には何の相談もねぇ⤵。
ましてや、お前等が籍を入れた事も何の報告もねぇ⤵。
如何なってんだ‼”
「………、何で、その事を知ってんだ?」
“『牧野が司を許さなかった時は、司を支えて遣って欲しい。』って、西田から連絡有ったんだよ。
あいつ等もかなり怒ってるぞ‼
牧野の見舞いがてら、そっちに行くから、お前等のガキにも会わせろよ‼”
「ああ、悪ぃな‼
 サンキュな‼」


そう言って、俺はあきらとのTELを切った。



また、俺は久し振りに、邸に赴き、翼と蘭にも、あいつ等とつくしの病室で会う事を話しした。


「はぁ~??
 何で、俺等まで会う事に成るんだよ?」
「私は良いよ‼
 パパとママの親友って人達に会えるって事でしょ?
 じゃあ、良いよ‼」
「まあ、それは興味が有るか?」
「じゃあ、翼も蘭も良いんだな‼」
「「了解‼」」


そして、翼も蘭も、あいつ等に会う事を了承した。




俺を許してくれた翼と蘭は、翼と蘭が生まれた時から俺と家族として一緒に生活していたかのように、本当の親子に成れた。


これも、タマのお陰かもな…⤴。
後で、翼と蘭から、聞いた。


「タマさんからね、パパとママの馴れ初めとか、パパの幼少期の頃の事とか、しっかり聞
 いちゃった⤴。
 パパって、高校生の頃から、ママが居なければ駄目だったんだってね⤴。」


タマの野郎‼


「親父って、情けねぇな?」
「うるせぇ~んだよ。
 お前も、好きな女が出来たら、そう成るんだ⤴。
 俺の息子なんだから…よ。」
「………」


翼は、俺に似ている自分自身(翼)の事を自覚して居るので、何も言えないでいた。



それから、何日か経って、つくしの病室で仲間と会う事に成った。



<類side>


俺は、皆より30分早く来ていた。


「まき~のっ‼
 久し振りだね⤴。」
「えっ、早くない、花沢類‼」
「うん、早く牧野に会いたかったし、司が居たら、牧野とゆっくり話しをさせて、もら
 えないでしょ?
 だから、早く来た⤴。
 それに、ちょっと、嫌味言いたかったし…ね。」
「えっ、嫌味?」
「あの時、牧野が居なくなった原因、如何して、俺に相談してくれなかったの?」
「えっ、如何してって…⤵。
 皆に迷惑を掛けると思ったから…。」
「だと、思ってけど、一言くらい言って欲しかったよ⤵。
 あの頃の牧野は司には頼れないし、俺だけが頼られてる相手だと思っていたんだけど…
 ね。」


其処に、司が入って来た。





懺悔の日々…<総優>  7.




あきらが来てくれた事で安心したのは、司とつくしだった。


やはり、F4の中で頼りに成るのは、“『あきら』だ…。”と、実感するつくしだった。



総二郎は憔悴し切っていた。


あきらが総二郎に声を掛けた。


「総二郎、話しを聞いて遣るから…。
 なっ、総二郎‼」


総二郎は唯、辛そうにあきらの顔を見詰めるだけだった。


「総二郎、少しは話した方が気分は楽に成るよ‼」


類も加勢した。


「………、俺、今まで何やって来たんだろな‼」
「「「………はぁ~??」」」


F3、ぽっかーんで有る。


総二郎は、ソファーに座り、顔を両手で覆いながら身体を丸めて蹲りながら、話しを続けた。


「俺な、この3ケ月、幸せだったんだ。
 優紀と居れて、優紀が俺を頼ってくれて、優紀を抱き締めながら毎日、一緒に眠って、
 kissして、シャワーも一緒に入って…。
 幸せだったんだ⤴。」


F3は驚愕していた。


「総二郎、お前ぇ?」


総二郎は司が言いたい意味は分かった。


「それはねぇよ‼
 優紀は子供に返ってたんだぜ‼
 それは、いくら俺でも出来ねぇよ。
 俺は後が辛かったが…な⤵。」


あきらは、“あの総二郎が…?”と、半信半疑だった。


「総二郎、良く我慢出来たよな?
 そう言えば、総二郎と優紀ちゃんはそう言う関係だったよな?」
「ああ、高校の時にな。
 1回だけな。」


司と類は、総二郎とあきらの顔を見て、驚愕していた。


「まあ、司と類が知らねぇのは当然だよな?
 高校の頃は、司も類も牧野に夢中だったしな…。」



総二郎の苦しさはそれだけではなかった。


「この3ケ月で、俺の身体にも、にも、手のひらにも、にも、
優紀の感触が残ってんだよ。
 その何もかもを忘れる事が出来ねぇんだよ⤵。
 優紀を知ってしまった今となっては…な⤵。」
「「「………」」」


F3は総二郎の苦悩を思うと、何も言えなかった。



総二郎は更に、憔悴し切った様だった。


「俺な、今なら、牧野のあの時の気持ちが、心の葛藤が手に取る様に分かるわ。
 逆バージョンだけどな…⤵。」


司は総二郎の言葉に居た堪れなくなっていた。






後悔と言う名の元に…<つかつく>  9.



<司side>


俺は理事長室に連れて行かれ、理事長から、話しを聞かされた。


「実は、奥様の事、何ですが…。」
「はぁ~??」
「司様の奥様が、牧野先生だとは存じ上げて折らず、失礼致しました。」


俺は何の事を言われてるのか分からなかったが、取り敢えず、話しを合わせて於いた。


「ああ。
 理事長はつくしの事を知ってるのか?」
「ええ、勿論です。
 医学会では、知らない方はいらっしゃらないでしょう。」
「それ程、有名なのか?」
「勿論です。
 脳外科医の中では、あの若さで権威ある称号を取られております。
 手術の症例もかなり熟していらっしゃいますし、脳外科部門では無くてはならないドク
 ターのお一人です。
 また、脳科学分野でも、研究には長けていらっしゃいまして、いくつもの研究結果の成
 果を上げていらっしゃいます。」


司は、“そんなにか…⤴。”と、驚愕していた。


理事長は話しを続けた。


「其処で、司様にご相談がございます。
 ご存知の通り、現状、奥様の寿命は2年と言われて折ります。
 奥様の手術は、絶対、成功に導くよう、ドクターには申し送りを致して折ります。」
「当然だ‼」
「承知致して折ります。
 其処でお願いがございます。
 奥様が復活成され、ドクターを続けられる際は、『我が、道明寺総合病院にて脳外科医
 を…。』と、考えております。」
「その件に関しては、つくしの病状次第だ。
 もし、つくしが復活した場合でも、俺の瞳(め)の届く範囲内以外は行かせねぇつもり
 だ。」
「そのお言葉を聞けて、安心致しました。
 宜しくお願い致します。」
「この話は、取り敢えず、まだ、つくしには、しないでくれ‼
 此処だけの話しにして於いてくれ‼」
「賜りました。」



司は、理事長との話しが終わり、つくしの病室に向かった。


「つくし、起きてるか?」
「司?
 うん、起きてるよ。
 お帰りなさい‼」
「ああ、只今‼」


司は、つくしにKissをした。


18年間、離れていた司とつくしは、今が、甘い二人だった。
端から見れば、とても、17歳の子供が居る夫婦には見えなかった。
それ程、見た目も行動も甘い二人だった。


司から、話しが成された。


「つくし、あきらから、今日、連絡が有って、かなり、皆が怒ってるらしい。
 近いうちに、皆が、つくしの病室に見舞いに来るらしい。
 その時に、“翼と蘭も紹介しろ‼”って、言われてる。
 まあ、取り敢えず、覚悟しとけ‼」
「………」


司は話しを続けた。


「それと、お前の前の病院に居た、お前の先輩女医…だったか?
 調べたら、かなり名医らしいじゃねぇか‼
 つくしの執刀医に指名して於いたから。」
「司、有難う‼
 何か、安心して、手術を受けられるよ。」
「それは良かった。」


司も笑顔で答えていた。