tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

やっぱり、私は…<つかつく>  25.




<つくしside>


私は、成人式会場に着いたと同時に、優紀にLINEで、着いた事を伝えた。


『優紀、今、着いたよ‼
 何処に居る?』
『まだ、リムジンの車内…。』
『そうか…?
 じゃあ、会場に向かう?』
『うん、じゃあ、今、降りるね。』
『了解‼』


其処に、滋さんからも、『T4LINE』に、着いた事の連絡が来た。


『つくし、優紀…。
 今、着いたよ‼
 何処に行けば良い?』
『私も、今、着いた所…。
 優紀も、今、リムジンの車内だったそうだけど…。
 今、リムジンを降りる様に伝えてた所…。』
『じゃあ、一斉にリムジンから降りる…⁉』
『了解‼』(つくし)
『了解しました。』(優紀・桜子) ←一応、桜子も返信を入れたみたいだった。


で、一斉に、T4揃い組で、それぞれのリムジンから降りていた。


勿論、司も私の後から一緒に降りて来た。


「ちょっと、待って…‼
 司…⁉」


司は、私が、呼び止めた事を、かなり、不服そうにしていた。


「何だ…よ⁉」
「ねぇ、司が一緒に降りたら、ヤバいでしょ?」
「何でだよ…⁉」


尚も、司は不服そうだった。


「だって、騒がれるよ…⁉」
「はぁ~??
 騒ぎてぇ奴には、騒がせて於いたら良いだろ?」
「そう言う訳には、行かないでしょ?」
「ババアが、今回の日本への帰国を許した時点で、こうなる事は予想してんだろ?」


“はぁ~。”
私は、溜息しか出なかった。



其処で、優紀と滋さんと桜子にも、同時に会えた。


で、T3の後ろには、西門さんと美作さんが、居た。


司は、私に、“ほれ、見ろ‼”と、言わんばかりに、顎で、示してきた。


何か、悔しい‼



T4で、喋って居る所に、中学の同級生のチムラアキちゃんに、声を掛けられた。


中学生の頃は、私と優紀を入れた仲良し4人組だったから、何か、懐かしくて、嬉しく成った。


「つくし、優紀…。
 きゃーーー‼
 懐かしい…ね。
 久し振り~‼」


私と優紀は、同時に返事していた。


「「ほんと、そうだね。
  久し振り~‼」」


チムラが、困惑した様に、聞いて来た。


「で、此方の綺麗処のお二人さんは…?」
「私と優紀の親友なの…。
 今日は、“一緒に行きたい‼”って、言うから、一緒に来たの。」
「お二人さんも、成人式…?」
「ううん、違うの。
 此方が、去年だったの。
 で、此方が、来年…。
 でも、二人共、私と優紀の居ない成人式に出たくないって…。
 今年、一緒にする事に、何故か成っていたの⁉」
「ふ~ん、そうだったんだ‼」
「で、つくし達の後ろに居る人って…⁉
 もしかしなくても、F4の内の3人よね?」


つくしと優紀は、隠し様が無いので、白状する事にした。
つくしと優紀は、顔を見合わせながら、同時に返事していた。


「「そうです‼」」


アキちゃんは、何故、F3が此処に居るのかを、早く知りたそうに、私達に聞いて来た。


「如何して、F4の内の3人が、此処に居るの?」


司も、西門さんも、私と優紀に、“紹介しろ‼”と、言わんばかりに、顎で、示してきた。


仕方なく、優紀の顔色を見ながら、優紀に確認して、応える事にした。


「私の彼氏の道明寺司さん…。」


司は、私に、不満そうに、言って除けて来た。


「俺は、唯単の彼氏って訳じゃねぇだろ?
 はっきり、言えよ‼
 俺は、お前の婚約者だろ‼」


私は、小声で、司に反論した。


それは、ヤバいでしょ?
 まだ、公表して無いでしょ?
「俺の両親は、もう、認めてんだ‼
 公表も何もねぇんだよ‼」


ほんと、私は、もう、知らないんだから…ね⁉



その後、優紀も、応えていた。


「で、私の彼氏の西門総二郎さん…。」


西門さんも、“ヤバく無い‼”って、聞きたく成る様な言葉を発していた。


「優紀、俺も、唯単の彼氏って訳じゃねぇよな?
 まだ、正式な婚約者って訳じゃねぇけど…。
 お互いの両親が認めた恋人同士だよな⁉」
「………」


もう、優紀も驚愕して居て、言葉が出ない様子だった。


で、桜子も何故か、応えていた。


「で、私の彼氏の美作あきらさん…。」



チムラとアキちゃんは、驚愕して大きい声を出していた。


ええっ~⁉


その声に気付いた同級生達は、何故か、F3とT2(滋さんと桜子)が、居る事に大騒ぎしていた。



一応、雑誌に載っている面々だから…ね。


私は、此れから、如何成っても知らないから…ね⁉




やっぱり、私は…<総優>  22.




<優紀side>


「優紀さん、もしかして、以前にも、西門さんとは、何かお有りだったんじゃないです
 か?」
「えっ??
 だから、西門さんには、私は、見向きもしてもらえなかったって事だけだよ…。」
「そうですか?
 西門さんが、待ち合わせ場所の地下駐車場に、優紀さんを抱き上げて連れて来られた
 時、私、“ピンっ”と、来たんですが…⁉
 私の勘違いですか?」
「多分、そうだと思うんだけど…な?」


桜子さんの追及して来る眼が怖い‼


「ふ~ん、そうですか?
 私の眼は、節穴ですか?」


桜子さんの追及の眼と、追及の言葉が…更に、凄みを出して居た。
桜子さん、更に、怖~い‼


「否、それは、何とも言えないけど…?」
「言いたくなければ、言わなくても良いですけど…⁉
 私としては、何か、寂しいですけど…ね。」


もう、私は、逃げられないと思いながら、一応、抵抗は続けて居た。
けれど、言わなくては、桜子さんも引き下がってはくれなさそうなので、言う事にした。


つくしも、何とも言えない複雑そうな顔付きをしていた。


私は、意を決して、滋さんと桜子さんに伝えた。


「う~ん…。
 実は、もう、終わって居た事だから、言わなくても良いかと思って居たの。
 西門さんからも、避けられて居たし…。
 まさか、こんな風に、また、皆さんと、ご一緒出来るとは思ってもみなかったし…。
 西門さんも、もう、終わった事と、西門さんの中では処理されていると、思っていた
 し…。
 伝えて居なくて、本当に、ごめんなさい。
 実は、私と、西門さんの関係は、此れが最初じゃないの。」


滋さんは、最大なる音量で、驚愕声を発していた。


桜子さんは、納得した様な顔付きをしていた。


えっ~~??」(滋さん)
「やっぱりーー‼」(桜子さん)
「………」(つくし)


つくしと桜子さんと私は、滋さんの驚愕声に、耳を塞いでいた。


そして、桜子さんは、滋さんを嗜めていた。


「滋さん、煩いですよ‼
 少しは、落ち着いて下さい。」
「此れが落ち着いて居られる?
 何時(いつ)の事なのよ⁉」


まあ、そう来るとは思って居たけど…。


「西門さんが高校3年で、私が、高校2年の終わり頃…。」


滋さんは、驚愕して居た様子だったが…。
桜子さんは、自棄に冷静で私を見て言って居た。


「はぁ~??」
「そんな前だったんですね?
 気付かなかったな…。
 先輩は、知って居たんですよね?」
「うん、バイトが同じだったから…ね。
 偶々、優紀の姿見て、何と無く分かったって言うか…?」
「普段、鈍感な先輩が、良く分かりましたね?」
「其れ、如何いう意味よ…?」


何か、雲行き怪しそう?


「あの~、まあ、そう言う事です。」
「優紀さん、じゃあ、何故、その後、付き合わなかったんですか?」


日本を発つ時に、話ししたと思うんだけど…な?


「だから、日本を発つ時に、滋さん家(ち)のPJの中で、話しした通りです。」
「成程…‼
 其処で、西門さんの『仲間宣言』に、繋がるんですか?
 通りで…。
 唯では、そんな話しに成らないだろうと思ってました。
 そんな前から、お二人は、繋がって居たんですね?
 ほんと、馬鹿ですよね、西門さん…。
 此れからは、優紀さん…。
 覚悟を決められた方が良いですよ‼
 此れからは、もう、西門さん、優紀さんを離さないでしょうから。」


ほんと…。
もう、既に、此の5日間で、身を持って体験しました…。



私は、此れからの事を思うと、何か、何と無く…。
自分自身の身を案じなくてはいけない様な気がしていた。




やっぱり、私は…<つかつく>  24.




<つくしside>


滋さんから、『T4LINE』が入って来た。


『つくし、準備OK‼』
『うん、準備して、もう、リムジンに乗ってるよ‼』
『って、事は、司付き…?』
『うん、そうだけど…。
 何か、有った…?』
『ニッシーが、優紀を拉致って…ね。
 今、優紀、ニッシーと一緒なの。
 って、言う寄り、優紀ね、西門邸で、お支度する事に成ってね。
 私と桜子だけが、うち(大河原邸)で、お支度したの。』


成程…。
滋さん、面白く無いんだ…⁉


滋さん、本当は、T4だけで、盛り上がりたかったのかな⁉


『今も、桜子は…一緒⁉』
『滋さんと、一緒に居ますよ‼』
『じゃあ、滋さんと桜子は、滋さん家(ち)のリムジン…?』
『いいえ、美作さん家(ち)のリムジンです。』
『えっ??
 如何言う事…?』
『美作さんも、ご一緒だったんです。』
『で…?』


桜子は、滋さんに気を使ったのか…?
『T4LINE』ではなく、グループLINEではなく、私の携帯のLINEに、桜子から『LINE』が入って来た。


『だから…。
 “私だけ美作さん家(ち)のリムジン‼”って、訳には行かないでしょ?』


“へっ??
 如何言う意味だ…?”


私は、桜子からのLINEの意味が分からず、司に聞いて居た。


「ねぇ、司…?」
「はぁ~??
 如何した?
 何か有ったんか?」
「何か…?
 有ったと言えば、有ったと言うか…⁉」
「何だよ。
 歯切れ悪ぃな。」


言おうか…⁉
言わない方が良いか…⁉
非常に迷った私は…。


結局、司に尋ねてしまった。


「うん、此のLINE、見て‼」


司は、読み終わる成り、私と同じ事を思ったらしい。


「あきらと三条…。
 付き合ってたのか?」
「私、知らないの?
 司が、何か聞いて無いかと思ったんだけど…⁉
 聞いて無かったんだね?」


司は、“早く聞き出せ‼”と、言わんばかりに、私を急かし出した。


「三条に聞いてみろよ‼」
「えっ、聞くの??」
「ほら、早く…‼」


私は、司に急かされながら、桜子に聞いてみた。
勿論、グループLINEではなく、桜子の携帯の『LINE』にだったのは、言うまでも無い。


『桜子、聞いて良い?』
『何をですか?』
『桜子、美作さんと付き合ってんの…⁉』
『はい。』
『えっ、何時から…⁉』
『NYから帰って来て、少ししてから…ですね。』
『如何言う経緯(いきさつ)で…?』
『まあ、その事は、また、追々って、事で…。』


何だそれ?


司にも、伝えたら、同じ様な返答だった。


「何なんだよ…其れ⁉」



で、そうこうしている間に、優紀から『T4LINE』に、LINEが入って来た。


『今、成人式会場に着いたよ‼』
『了解‼
 こっちも、もう、着くよ‼』(滋・つくし)
『了解しました。』(桜子)


で、優紀から、成人式会場の様子のTELが、私の携帯に入って来た。


“つくし、見慣れた顔が、結構、来てるみたい。”
「了解‼
 皆に会えるのん、楽しみだね‼」
“うん、そうだね‼”



その事を聞いて居た司は、怪訝な顔付きを崩さなかった。
私は、気付いて居なかったのだが…。


如何も、私は、浮かれ気味の様子だったみたいだ。