tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  26.




<司side>


俺は、ババアに寄って、つくしと会える事は腑に落ちねぇにしても、つくしと会えると思うと、顔が緩んでくるのを自覚していた。


必死の形相で、俺は、何時もの何倍ものハイスピードで、仕事を遣り上げた。


で、俺は油断していた。


会長・社長・副社長専用重役階ロビーのエレベーターホールで、俺は、エレベーターを待って居る時、ババアが、エレベーターから、下りて来た。


で、ババアに釘を刺された。


「司、貴方は、道明寺HDの副社長なのよ。
 幾ら、つくしさんに会えるからって…。
 顔が、喜びを表現し過ぎよ…うふふ
 顔が緩んでいるわよ。
 顔を引き締めなさい。
 誰に見られているか分からないのよ。」
「………」


俺は、何も言い返せなかった。
と言う寄り、今は、何も言わねぇ方が良いに越した事はねぇ‼


唯、俺は、珍しいものを見てしまった。
ババアの笑い顔…⁉
微かでは有ったのだが…。


ババアの笑い顔に驚愕より、呆気に取られて言い返せなかったと言うのも有る。


で、俺は、ババアに頭を下げて、エレベーターに乗った。


ババアは、俺の態度を見て、怪訝な顔をしていたが…。



もう直ぐ、つくしに会える。


何日振りだ。
俺は、つくし欠乏症で、身体が動かなく成る寸前だった。
ギリギリの所だった。



つくしから、『地下駐車場で待ってる‼』と、LINEが来た。


あいつは、“本当に、大河原財閥の令嬢か?”と、疑いたくなる位ぇ、表立って前に出るのを嫌う。


まあ、だからなのだろう…。
つくしは、“あのお祭り姉ちゃんの陰で居れるのかも知れねぇな⁉”とも思う。



俺は、やっと、つくしと会えた喜びをつくしに爆発させてしまった。


俺は、つくしをリムジンに乗せる成り、つくしを抱き締め、離せなかった。
否、離さなかった。


つくしは苦しがっていたけど…。
“お前が俺を寂しくさせたんだ、諦めろ‼”
と、言わんばかりに、つくしを俺の傍に居させ続けた。



そして、俺は、気に成っていた事をつくしに聞いた。


「なあ、つくし‼
 お前の姉ちゃんが、『類を好き』と、言うだけで、お前の父ちゃんが、何故、其処まで
 して、お前の姉ちゃんの傍につくしを見張り役に置くんだ?」


つくしは、言おうか、言わねぇ方が良いのか迷っていたみたいだが、言わなければ、多分、俺が誤解すると判断して、言う事にしたのだろう‼


「この事は、他言無用にして、お願い‼」
「ああ、分かった‼」
「実はね、以前、姉は、世間で言う処の『女・暴れ馬』と、言われていたでしょ⁉
 それ位、猪突猛進型なの…。
 自分の思った事は貫くと言うか…⁉
 良い意味にも、悪い意味にも…。
 だから、花沢さんの事を好きだと気付いた姉が、次に行動するとすれば、花沢さんを追
 い掛ける事…。
 花沢さんにご迷惑が掛からないとも限らない。
 だから、私が見張り役なの。
 それでも、前よりは、随分、変わっては来てるんだけど…ね。」


つくしの姉ちゃんはまるでストーカーだよな?  ←司坊っちゃんも、『そう成る可能性
                        は無きにしも在らず…?』でした
                        が…。   by  西田


「じゃあ、今日のこの後は、誰が見張ってんだ?」
「進…。」
「弟か?」
「そう…。」
「じゃあ、此れからは、弟が見張るのか?」
「分からない?
 もし、じゃ如何にもならないって事に成れば、“私かも…。”って、思ってる⁉」
「はぁ~??
 何だよそれ?
 じゃあ、また、会えねぇって事か?」
「そう成らない様にしたいけど…。
 父の判断次第だから…?」



俺は、俺のバッテリー充電の為に、“今夜は、つくしを離せねぇ‼”と、誓っていた。





忘れ欠けていた…<総優>  4.




総二郎は、スケジュールのやりくりをして、彩夏の運動会に出向いた。


優紀だけではなく、他の保護者に総二郎の存在がバレて騒がれれば、優紀と気拙く成ると思い、キョップを被り、グラサンを掛け、変装して来ていた総二郎だった。


そんな、総二郎を見た更は、総二郎を揶揄い始めた。


「二郎、其処まで、する(笑)?」
「うるせぇ~‼
 バレれば、優紀ちゃんと気拙く成るだけだろ⁉」
「おじちゃん、カッコいいよ‼
 ゆうきせんせいにいっとくね‼」
「彩夏、それは、止めなさい‼」
「えっ、どうして??」
「「「………」」」


大人は、彩夏の素直な反応に如何答えて良いのか、応えられず居た。



で、彩夏を教室まで送り届けた更は、総二郎に確認して来た。


「二郎、もし、彩夏が、優紀ちゃんに言っちゃたら、如何する?」
「仕方ねぇだろ⁉
 子供のする事に、一々、目くじら立てても、バレる時は、バレるだろ?」
「まあ、そうだけど…⁉
 彩夏が、余計な事をしたら、ごめんね‼」


そして、園児の入場の時間と成り、更は、総二郎に話しして聞かせた。


「彩夏は、年少さんクラスなの。
 もう直ぐ、出て来るよ‼
 あっ、彩夏のクラスが出て来た‼
 あっ、優紀ちゃん、滅茶苦茶可愛いじゃん‼」


そうなので有る。


優紀はロングヘアを、いつもはポニーテールにして居るが、その日は運動会と言う事も有り、お団子ヘアにして、可愛いシュシュで括っていた。


総二郎は、優紀のふわっと笑う笑顔に一気に捕らわれてしまい、優紀から瞳(め)が離せなく成っていた。


高校の頃と変わらない笑顔に、総二郎は、一気に、優紀への想いが爆発してしまった。


もう、総二郎は、後には引けない状況に成っていたのだ。


その事に気付いた更の旦那…。


如何にかして遣りたいと思えど、幼稚園の行事に呼んで遣る事しか出来ない今の状況を歯痒く思って居た。


だが、もしかすると、“彩夏が何か、起爆剤に成るかも知れない‼”と、いう気がしていた更だった。



一方、彩夏は、優紀に話ししていた。


「ゆうきせんせい、きょうね、さやかのおじさんがきてるの‼
 とっても、かっこいいの。
 あとで、あってね‼」


優紀は、吃驚していた。


彩夏は、クラスの園児の中でもおませな方だ。
でも、彩夏のおじさんがカッコ良いからって、引き合わせ様とするって…。
そんな処は、“流石、更先輩の娘さんかも…⁉”と、微笑に成っていた優紀だった。



運動会も終了し、片付けをしようとしていた所に、彩夏が優紀を迎えに来た。


「ゆうきせんせい、さやかのおじさんにあわせてあげるね‼
 ゆうきせんせい、あっち‼
 いこっ‼」


優紀の腕を引っ張って連れて行こうとする、彩夏に根負けして、他の先生に伝えて、彩夏に着いて行った優紀。
其処に居たのが、キャップを被った紛れもなく総二郎だった。


更は、優紀に申し訳なさそうに話しした。


「優紀ちゃん、ごめんね‼
 彩夏が、如何しても、“優紀先生に、二郎を会わせたい‼”って、言うから…。」
「いいえ、大丈夫です。
 でも、今は、お片付けをしなくてはいけないので、此れで失礼します。」


総二郎は慌てて、優紀の腕を掴み引き留め、一言伝えた。


「俺、優紀ちゃんを待ってても良いかな?」
「何時(なんじ)に終了するか分かりませんので…。」


優紀は、やんわり断ったつもりだったが、総二郎は、めげなかった。
返って、遣る気に成ったのだった。


「何時(なんじ)に成っても構わねぇ。
 優紀ちゃんが、終わるまで、俺は待ってるから…。」
「………」


優紀は、何も応えず、その場から、離れた。


その後、更に、職員専用通用口の場所を教えてもらい、更達家族とは別れて、総二郎は車の中から、優紀を待って居た。


やっと、優紀が出て来た時には、外は暗がりの時間に成っていた。


いつもは、先生方と連れ立って、食事に行ったりするのだが…。
皆、誰もが疲れていたのか…?
その日は、そのまま別れて帰る事にした。



其処に、総二郎が優紀の目の前に現れたのだ。


お団子ヘアにしていた優紀のヘアは、お団子が外され、垂らした状態の(元々天然では有るのだが…。)緩いウェーブロングヘアに成っていて、妖艶さが際立っていた。



総二郎は、尚も、優紀から、瞳(め)が離せずに居た。





bad love…<つかつく>  25.




大河原社長、所謂、滋とつくし姉妹・進の父親は、楓の訪問を受けていた。


「此れは、此れは、道明寺社長。
 また、如何言ったご用件でしょうか?」
「ええ、大変な事が起こりましたの?」
「はぁ~⁉」


楓は、話しを大袈裟に進め出した。


「実は、お恥ずかしいお話しですが、私(わたくし)共の愚息が、つくしさん欠乏症で、
 執務を放棄し始めましたの。」


大河原社長は、つくしの父親として、驚愕していたと言う寄り、困惑に近い状態だった。


「はぁ~??」


楓は、大河原社長の様子は、スルーして話しを進めていた。


「何でも、今、つくしさんが、滋さんに掛かりっ切りに成っていらっしゃる様子で、司は 
 不満らしいんですの。
 また、司に変な噂が流れなければ良いなと、危惧致して折った処でしたの。」
「………」


大河原社長は、何も応えられない状況だった。



其処で、楓は、大河原社長に提案をした。


「つくしさんを司に会わせる時間を作って頂けたらと、思っておりますの。
 如何でしょうか?」
「つくしに申し伝えさせて頂きます。」


この言葉を伝えるのがやっとの大河原社長で有った。


楓の威圧的な態度に、何も反論の余地を与えてはもらえなかったと言うのが本音で有るのだが…。



楓が帰った後、父親はつくしを執務室に呼んだ。


「今日、楓社長がお見えに成っていたんだ。」
「そうだったんだ。
 如何いうお話しだったの?」
「つくしを、“司(君)に会わせて欲しい。”という話しだったんだ。
 ここ最近、つくしに滋を押し付けていたからな。
 司君から、クレームが入ったらしいな?
 今日は、早目に退社しなさい。」


つくしは、滋の事を考えると、困惑していた。


「でも…⁉」
「今日の滋のスケジュールは如何成っている?」
「(執務室での)執務の後は、○○興産の専務と会食の予定ですが…。」
「分かった。
 滋には進を就けよう‼」
「今、此処で、進と引き継ぎをしなさい。
 滋に聞かれると、また、騒ぐだろ?
 滋には、事前に私から伝えるから…。
 そうしなさい。」


進との打ち合わせ後、取り敢えず、つくしは急いで、司に連絡した。


「司、今、良い?」
“ああ、良いぜ‼
 如何した?”
「うん‼
 今日、司のお母様がうち(大河原財閥)にお見えに成って、私を、“司に会わせる様
 に…。”と、仰ったそうで、今日、早目に退社出来る事に成ったの。」
“ババアが…?”
「何か、お義母様にお話ししたの?」
“否、言う訳ねぇだろ?
 ここ最近、口も訊いてねぇよ。”
「じゃあ、何で?」
“西田かも知れねぇな⁉”


つくしは少し、怒り気味で司に聞いた。
司はびくともして無い様子だったが…。


「本気で、執務放棄してないでしょうね?」
“してるに決まってんだろ‼ 
 だから、今は、TELに1コールで出たんだろ⁉”


つくしは、驚愕していた。
“本気だったのか…。”と…。


「其処、威張る処じゃないから…。」


司は、話しを変えようとした。


“取り敢えず、今日は会えるんだな?”
「まあ、そうだけど…。
 何か、負に堕ちないんだけど…⤵。


つくしは、最後の方は、小さな声で言っていた。


司には、しっかり、つくしの言葉は聞き取れていたのだが、スルーする事にした。


“何か言ったか?”
「ううん、言ってない…よ。」
“じゃあ、迎えに行くから‼
 後で、時間をLINEする。”
「了解‼」


司とつくしは、TELを切った。


TELを切った後の司は、つくしに会うまでは、精力的に、遅れを取り戻す為に、仕事を熟していた。


西田は呆れていたが、取り敢えず、この事は、楓に報告された。