tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…<総優>  3.


そうこうしている時、つくしの携帯に、優紀からラインが入った。


『つくし、今日はごめんね。
 これからの集まりは行けないから、誘わないで。
 女子会には参加するから、また、誘ってね。
 おやすみなさい!』


「つくし、優紀、何て?」
「もう、集まりには誘うなって…。
 西門さん、優紀に何したの?」
「………」


「今日の優紀さん、いつもと違っていましたよね?」


「総二郎、これから、どうする?」


「俺、馬鹿だわ。
 今頃、気付くなんてな。
 高校の頃のガキの俺に言いたいわ、馬鹿な事は言うなって。」


「高校の頃?  
 あっ、思い出したぁ~。
 高校生の時、西門邸に、優紀が優紀の高校の先輩に連れて行かれた時の事かな?」
「ああ。」
「総二郎と類と俺(あきら)と牧野とので西門邸に居た時の事か?」


「あれ、西門さんと優紀の高校の先輩 更さんだっけ?…が、知り合いって知らなくて西
 門邸に連れて行かれる事も知らされずに、優紀は着いて行ったみたいよ。
 後で、先輩から、“連れて行って、ごめんね。  幼馴染なの。”って、謝られたって
 言ってたよ。」


「………はぁ~⤵、俺はそうとも知らず、あんな言葉を投げ付けたんか?
 そりゃ、傷付くわな。   はぁ~⤵。」


「えっ、高校生の時、優紀、あれから何も言ってなかったけど…?」


「良いんだよ。
 馬鹿なのはこの俺、馬鹿なガキだった頃の俺。
 今頃、気付いても遅いわな。  はぁ~⤵。
 悪ぃ、今日は帰るわ。
 騒がせて悪かったな、じゃぁな。」



「総二郎、大丈夫か?
 かなり、落ち込んでいるだろ。」
「再起不能じゃないの?」
「おい、類。」


「ちょっと、どういう事?」
「滋は黙っとけ、ややこしくなる。」
「なんでよぉ~、私だけ黙っとけは無いんじゃないの?」


「取り敢えず、つくし、松岡の気持ちを探れ。」
「あぁ??  私は無理よ。
 桜子が適任じゃない?」
「仕方ありませんね、桜子様が聞いてしんぜましょ。」


「何か、名案でも有るのか?」
「優紀さんに西門さんを意識させれば良い訳ですよね?
 じゃあ、簡単でしょ。」


「出た、女策士‼」
「じゃあ、先輩に出来ます?」
「無理に決まってるじゃん‼」
「其処、威張る処じゃありませんから。」



かくして、“女策士桜子 降臨‼”って、どんだけよ~。





もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>

<本日も2話連続投稿です。  11.と 12.が短めです。 すみません。>


【花沢つくし 編  12.】


一方、NYに戻った司は…、パーティーで会ったつくしの事が気になって仕方なかった。


あの笑顔、何処かで見た事が有る。
何故、あの笑顔が気になるのか冴え分からず、思い出そうと、すればする程、頭痛が酷くなり、あと一歩のところで思い出せずに居た。


それから、数ヶ月後、司は、つくしの全ての記憶を思い出したのだ。
朝、目覚めたら、全ての記憶がクリアになっていた。
突然の出来事だった。


司は、自暴自棄になった。
司は、自責の念に苛まれていた。
何故、つくしの記憶だけを失ってしまっていたんだ。
つくしに謝っても謝り切れない。


司は、後悔だけが押し寄せていた。


でも、司は、不思議な気持ちになっていた。
あのパーティーで、つくしの態度は、俺の事を知らない人間のような態度だった。


何故だ?…、 態とか?…、 困らせる為か?…。 
分からない。


あいつらに聞くしかないのか?


「あきら…か?  久し振りだな。」
「おぉ、司か?  
 司から電話が有るなんて、どういう風の吹き回しだ?」


「あきら、牧野の記憶が戻った。」
「えっ??  
 そうか、良かったな。」


「この前の花沢のパーティー、令嬢のお披露目パーティーだったよな?
 どういう事だ、類には女兄弟は居なかったよな?
 ましてや、一人っ子のはず。」
「その件についてはな、俺の口からは言えないんだよ。
 許せ、司。」


「類なら、教えてくれるのか?」
「それは、類でなければ分からない。」


「近いうちに、日本に帰国する。
 あいつらに会えないだろうか?
 あきら、頼む、セッティングしてくれ。」
「分かった。
 取り敢えず、類に相談してから、また、連絡する。」


もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>

【花沢つくし 編  11.】


NYに戻って来た楓は、夫である道明寺会長に事の経緯を話しした。
話しを聞いた道明寺会長 保は、幼馴染である親友の花沢孝(こう)に電話した。


「やあ、孝、久し振りだね。」
「ああ、保…か? 
 久し振りだったね。
 先日は忙しい中、楓さんにパーティーに出席してもらって悪かったね。」
「否、大丈夫だよ。」


「ところで、つくしさんが実子とは、どういう事、何だ?」 
「ああ、その件か?
 保に嘘を付いても仕方ないから、正直に話すよ。
 実はな、………………………と、言う事、何だよ。」


孝は、事の経緯を包み隠さず、全てを保に話しして聞かせた。


「そうだったのか。
 なら、孝に頼みが有るんだ。
 司を日本に帰国させようと、考えている。
 司がつくしさんに接する事を許しては、もらえないだろうか?」


「それは無理だな。  
 かすみも類も司君とつくしが会う事は良くは思っていない。
 それにさっき話ししたが、つくしには過去の記憶が無い。
 今、司君につくしが会えば、苦しむ事になるんじゃないかと危惧してしまう。
 子供の心配をする事は親の性だろ。
 悪いが、いくら親友の保の頼みでも、こればかりは聞けないな。」


「やっぱり、無理か?
 いくら頼んでもか?」


「楓さんの考えが変われば…、かすみにも類にも話ししようが有るだろうが…な。
 今の現段階では難しいだろうな。」