tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  4.




総二郎はF4ラウンジでつくしが来るのを待って居た。


F3に会わせる為で有る。


しかし、中々、つくしが来ない。


心配になって見に行くと、つくしが男子高校生に声を掛けられて、脅えていた。
つくしは唯、声を出す事も出来ず、震えているだけだった。


「見掛けた事、無い顔だね?
 もしかして、君、転校生?
 へぇ~、可愛いじゃん‼
 何だったら、俺等が友達になって上げようか…?
 友達が居なくて、寂しかったんだろ?」


総二郎は尽かさず、つくしを助ける為、間に入って言った。


「お前等、こいつが誰の妹か分かってて、声を掛けてんだろうな?」


つくしは総二郎の妹ではなく、従兄妹では有るのだが、妹の方が、効率が良さそうなので、総二郎は、つくしを妹で通す事にした。


「えっ、すみません‼」


総二郎は男子高校生に威圧を掛けて於く事も、忘れずにいた。


「もう良いから、あっちに行け‼
 これからはこいつに近付くな‼」


つくしは、本当に震えていた。


F3は、『(男性恐怖症って言うのは)本当だったんだ。』と、改めて確信が持てた一瞬だったのだ。


その時、総二郎はつくしに優しく声を掛けていた。


「つくし、大丈夫か?」


つくしは、総二郎の顔を見て、“ほっ”と、したようで泣き出したのであった。


「………(泣)」
「相当、怖かったみたいだな…。
 分かったから、もう泣くな‼」


総二郎はつくしの頭を撫でながら、慰めるように言った。


「うん、総兄、有り難う‼」


つくしは、泣き止むと、凄く可愛らしい笑顔で微笑んで見せた。


つくしのこの笑顔を見て、『ドキッ』と、胸を鳴らしていた男が居た。
そうなのだ、司だったのだ。


司は胸が苦しくなる位、胸が高鳴っていたのであった。


女性の涙を嫌う司だった筈なのに、つくしの涙と笑顔に遣られたのであった。


司はつくしに過保護欲が出ていたのだった。


司は、つくしに一目惚れしたようだった。


司は、総二郎に言うべきか言わぬべきか迷っていた。
総二郎に伝えた所で、つくしには『男性恐怖症』が有る。


先ずは、つくしに司という人間を慣らしてから出ないと、変に恐怖心を煽るだけに成る。
慎重につくしには対応すべきだろうと、司は、考えていた。


『総二郎に伝えるのはそれからだろう。』と、司は、考えたのであった。



司にしては慎重論を執った形と成ったので有った。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。