tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

バラバラの果てに…<ALL CP>  番外編




F4の4CPは、縦続けて、1年の間に、結婚式を執り行った。


先ずは、年明け早々の、司の誕生日に司&つくしの結婚式が、記者会見での告知通り、執り行われた。


また、3月の類の誕生日に類&静、6月のジューンブライドには総二郎&優紀、10月の秋晴れにあきら&桜子の結婚式が執り行われた。



ある日の事だった。
F4で、何やら、企みを企て様としていた。


F4の4CPが、結婚して2年が経った頃、どのCPも、まだ、子供は居なかった。


つくしは、道明寺HDと桜庭コーポレーションの協同出資に寄る会社の社長を引き受ける事に成り、遣り甲斐を見出してしまった為、“もう少し、子供は要らないかな‼”と、司は言われていた。


また、静も、類と共に日本に帰国して、国際弁護士として、事務所を設立した為、“軌道に乗ってから…。”と、類は言われていた。


また、優紀は、次期家元夫人として、覚える事が多過ぎて、“お義母様から、お褒めを頂けるまで、勉強したい‼”と、総二郎は言われていた。


桜子は、お義母様に就いて、料理の勉強やら、“家庭的な事をお義母様に教わってから…。”と、あきらは言われていた。



しかし、F4は揃いも揃って、『そろそろ、子供が欲しい‼』と、考えて居た。


なので、F4だけで、集まった際、総二郎から、話しが出た。


「あのよ、考えたんだけどよ‼
 俺等の親父達も、『幼馴染で親友』だろ‼
 親子三代で、『幼馴染で親友』って、如何だ?」
「でもよ、嫁さん連中は怒って来るんじゃねぇのかよ?」
「まあ、そうだよな…。
 嫁さん全員、何か理由を付けて、まだ見たいな事言ってるよな…。」
「でも、楽しそうじゃん?」
「全員、男が生まれるとは、限らねぇぞ‼」
「そうだよな⁉
 もしかしたら、全員、女かも知れねぇし、混合かも知れねぇぞ‼」
「そう成ったら、そう成ったで、次のチャンスを狙えば良いじゃん‼」
「じゃあ、いっちょ、遣って見るか‼」
「まあ、そうだな‼」


って、事で、知らぬは、『奥様連中のみ』って、事に成り、楽しんでいるF4だった。



そして、奥様方全員、1年以内で妊娠…。


予定日は、同学年予定…。


また、F4は、“どちらが生まれて来るか楽しみにしたい‼”と、性別を聞く事はせず、生まれるまで楽しみする事に成った。



それぞれの両家の親達からは、“用意する物も有るから、性別は聞いて欲しい”と、再三に渡り、言われていた様だが、F4は聞かさなかった。



そして、6月には、類&静の息子…『健』が誕生。


8月には、総二郎&優紀の息子…『優一郎』が誕生。


10月には、あきら&桜子の息子…『つよし』が誕生。


1月には、司&つくしの息子…『翼』が誕生。



此れにて、親子三代に渡って、『幼馴染で親友』が誕生した事に成る。



F4は、ほくそ笑んでいた。


「「「「俺等、遣れば出来んじゃん‼」」」」


密かに、“二人目の時も合わせようぜ‼”と、企てているF4だった。


“生むのも、育てるのも、奥様方なんですが…?”と、思わずにはいられない状況だった。


奥様方が知ったら、大目玉処では済まない様な気も致しますが…。



と、いう訳で、何年もバラバラに成っていた仲間は、こうして、また、仲間として、復活…。
今度は、子供も含めて一つに交わったのだ。


滋を含めた仲間達…。
もう、バラバラに成る事は無いだろう‼



絆が深まった仲間達…。
バラバラの果てに…。
交わった絆を交わして…。



fin



<『バラバラの果てに…<ALL CP>』のあとがきは、明日、投稿したいと思います。
 機会が有りましたら、覗いて見て下さいませ。>




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。