tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きに成ってしまった訳…<あき桜>  9.



<<あき桜>何ですが、話しの構成上、<司side>から始まっています。  ご了承下さ
 い。>



<司side>


俺はあきらに頼まれた通り、つくしに探りを入れた。


「何かな、ここ最近、あきらが三条に避けられてるんじゃないかって、気にしてんだよ
 な…⤵。」
「………、えっ?」


つくし、お前、ほんと、分かり易いな‼
バレバレなんだよ⤵。
情けねぇわ⤵。
あきらに顔向け出来ねぇわ⤵。


「つくし、お前、三条に喋ってねぇだろうな、あきらの気持ちを…。」
「………」
「如何なんだ‼」
「………、すみません。
 桜子にバレちゃって…。
 えへへ…。」


可愛く笑っても、俺の事じゃねぇから、許す訳に行かねぇんだ。


「あきらに顔向け出来ねぇだろ⤵。
 如何すんだ⤵。」
「如何しよう⤵。」


ほんと、お前は…⤵。


あきらにTELするか。
気が重ぇ~⤵。



<あきらside>


司からTELが入った。
TELの理由は分かってる。


「あきらか?
 済まない、つくしだったわ⤵。
 如何やって詫び入れたら良い?」


司、お前、大人になったよな。
好きな女が出来るってそう言う事なのかよ。


「まあ、牧野なら、何処かでバレるだろうなって、踏んでた俺も居るし…。
 桜子とは気長にぶつかって行く様にするわ。
 そんな、焦る気もしねぇしよ。」


司の真摯な大人振りに免じて、牧野を許して遣るよ。
俺もどんだけなんだよぅ~‼


「あきら、悪ぃな。
 つくしにはこっ酷く叱って於くわ。」
「まあ、仲違いしない程度にしろよ。
 そっちの後始末の方が大変になりそうだからよ。」
「分かってるよ。
 サンキュな、あきら‼」
「ああ、仲良くしろよ。」
「ああ。」


そうして、司とのTELは切った。



お前らに仲良くしてもらえねぇと、
俺はやすやすと恋愛もしてられねぇだろ‼





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。