tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  22.





雰囲気を変えようと、陽一が話題を変えて来た。


「ところで、未来の親族を俺達にも紹介してもらえるか?」


先ずは、総二郎から紹介した。


「ああ、そうだよな⤴。
 俺の彼女の『松岡優紀』。
 兄貴の奥さんの妹でも有るんだ。
 しかも、つくしの親友⤴。
 『松岡総合病院』のお嬢さん。」
「宜しくお願いします。」


つくしも紹介した。


「で、私の彼氏の『道明寺司』さん。
 知ってると思うけど、『道明寺HD』の後継者。」
「宜しくお願いします。」


恭二は驚愕していた。


「総二郎もつくしも、相手がデカいな⤴。」


恭二が、巧三と進にも聞いて来た。


「巧三と進には彼女は居ないのか?」


進が答えた。


「居るけど、招待されて居ないから、連れて来て無いんだ。」


興味本位で聞く恭二で有った。


「何処のお嬢さんだ?」
「「美作商事のお嬢様⤴。」」


慌て出したのは、総二郎だった。


「おいおい、お前等、もしかしなくても、あきらの双子の妹達だよな?」
「「そうだけど…⤴。」」
「はぁ~??
 あきらは知ってるのか?」


巧三が答えた。


「如何だろ?
 二人が喋ってたら知ってるんじゃない?」


総二郎の慌てっぷりは凄まじかった。


「おい、つくし、聞いてるか?」
「聞いて無いよ。」


恭二は総二郎に同情するように言った。


「何か、複雑そうだな⤵。」


つくしは話題を変えるように、恭二に聞いて来た。


「そう言えば、恭兄は付き合っている人、居るの?」


恭二は相手から、つくし達T3にバレた事は聞いていたので、“今此処で言うのか?”と、つくしに怒りそうに成っていた恭二だった。


「つくし、お前、知ってて言ってるよな?」


つくしは笑い転げそうな勢いで言って除けた。


「えへへ、知ってるよ⤴。
 言っても良いの?(笑)」


総二郎は嘗て、恭二の女性関係の事を聞いた事が無いので、面白がって、つくしに詰め寄った。


「おい、つくし、誰だよ?
 俺等の知ってる子か?」


つくしがタレコミを入れた。


「あっ、そうそう。
 因みに優紀も知ってます‼」


優紀は慌てた。


「ちょっと、つくし‼」


総二郎は優紀まで知っている事に驚愕していた。


「おいおい、何で、優紀まで知ってるんだよぅ~⤵。
 って、事は、俺等の身近に居るって事だよな?
 司、分かるか?」
「否、分からねぇが、もしかしてだけど、大河原か?」


つくしは司にバレた事に驚愕していた。


「正解‼
 何で分かったの?」
「だってよ、身近な子だと言う事は、お前等T4以外に居ねぇだろ?
 って、事は、つくしは俺、松岡は総二郎、三条は如何もあきらと怪しいと成れば、大河
 原以外居ねぇだろ⤴。」
「な~んだ⤴。
 分かり切っているって事…ね。
 そう言う事‼」




何か、ほんとに複雑に成って来たぁ~‼
←by 天の声





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。