tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

忘れていた気持ち…<つかつく>  6.




<つくしside>


私は、あいつが、私に近付いて来てる事を、気付かずに居た。


背後に居るあいつに気付いて、“はっ”と、してしまった。


ほんと、心臓に悪い。
いつまでも、心臓の音が、ドキドキ言って居た。


あいつに聞こえたらと思うと、気が気じゃ無かった。


で、そう思って居た時、あいつに声を掛けられた。


「久し振りだな‼
 元気だったか?」
「………」


何と、答えたら良いのだろうか?
分からずに居た。


そうしたら、あいつは、尚も、話しを続けて来た。


「此れからは、俺の世話役な‼
 聞いてるよな?」


私は、撤回してもらおうと、返事をした。


態と、関西弁を使って遣った。


イントネーションまで、正確に付けて…。


「其のお話し…の事ですが。
 撤回してもろうても良かったですか?」
「撤回しねぇ‼」
「其れって、無理とちゃいますか?」
「何故だ‼」


私は、怪訝な顔付きに成って居たと、思う。


「其れって、職権乱用ちゃいますか?」


あいつは、一瞬で、顔付きが変わった。


「お前なぁ~。
 俺は、お前を取り戻す為に、NYで一人、頑張って、やっと、日本に帰国したんだ‼
 撤回はしねぇ‼
 ったりめぇだろ?
 少しは、俺の気持ちを分かれよ?」


私は、タメ口を叩く程、頭に来ていた。


「何を言うてんの?
 ええ加減にしてやぁ~。
 実際、別れを切り出して来たんは、あんたの方からとちゃうの?
 私は、大阪で、一人、頑張ってるんやから…。
 もう、放っと(ほっと)いて~。」


いう事だけ、言ったから、会議室を出ようと思って居た所に、あいつの腕が、私の腕を捉えて来た。



<司side>


俺は、あいつに言われた言葉より、あいつの話しして居る関西弁に萌えていた。


滅茶苦茶、可愛いじゃねぇか‼


だからだろうか?


堪らず、あいつの腕を捉えていた。


そして、あいつの関西弁を、もっともっと、聞きてぇと思い、あいつに話しする様に促していた俺が其処に居た。


「関西弁、喋ってんだな‼」


あいつは、俺の顔を見ねぇで、話しして来た。


「私には、コテコテな関西弁を喋る大学時代からの連れ(*)が居る(おる)ので…。
 ネイティブに成ってしもたみたいです。
 まあ、言うなれば…。
 “うつってしもた‼”って、処(とこ)でしょうか?」


ほんと、あいつの関西弁には、もう、我慢が出来ねぇわ‼


そう思って居た時、俺は、無意識に、あいつを俺に引き寄せて、抱き締めていた。


其処に、あいつは、俺をもっと、煽る言葉を言って来やがった。


嫌や~、離してぇ~‼」


だから、俺は、もっと、関西弁を喋らそうと、kissをあいつに施していた。


お互いの唇が離れた瞬間、あいつは、俺を制止する言葉を言って来た。


あかんてぇ~。
 そんな事、せんといてぇ~‼
 うち等は、もう、別れてんやからぁ~。」


そう言って、俺の足を踏ん付けて、俺が、痛がっている間に逃げようとして、あいつは、身体事、振り向いた瞬間に、足を取られてこけそうに成っていた。


だから、俺は、素早く、あいつの腕を取って、あいつが、コケる前に助けて遣った。


そしたら、俺が、尚も、萌える言葉を言い出した。


「やっぱり、道明寺も、男の子やな
 ありがと‼」


ダメだ…。


俺、いつ、萌え死んでも良い位ぇだわ‼


俺は、この時、“ぜってぇ、こいつをもう一度、取り戻す‼”と、誓っていた。



<つくしside>


私は、あいつの艶っぽい顔付きが、気に成った。


鼻の下が伸びて居ると言うのか…?


ほんと、私は、困ってしまっていた。


何故なら、久々に、あいつに抱き締められて、私は…?


あいつへの『忘れていた気持ち』を、完全に思い出してしまっていた。



如何しよう?
もう、如何しようも無いのかも…?



<*連れ➡友達・友人の事>





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。