tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…(続編・その後)<総優>  6.



【婚約・結婚 編】


やっと、重鎮への挨拶回りも済み、重鎮達からも許可も得て、もう、何時でも結婚式を執り行っても良いとのOKサインが出た。


総二郎はOKサインが出た事で、気を良くしてしまい、優紀を妊娠させてしまった。


これに怒ったのは、家元と家元夫人。
特に家元夫人からは嫌味を投げ付けられた。


「何て事をしてくれたのよ…。
 優紀さんのご両親にも、三条の大奥様にも、顔向け出来ないわ⤵。」


家元夫人は怒り心頭で有る。


優紀の両親は、苦笑いしながらも…。


「貰ってもらえる事が決まっているので…。」


と、言われた。


桜子の祖母さんからは…。


「総二郎さんらしくて宜しいんじゃ有りませんか?」


と、嫌味たっぷりに言われた。


全て、言い返せないのが実情だ。



優紀の妊娠が発覚したのが、妊娠3ヶ月に入ろうとしていた妊娠8週目頃。
まだ、安定期じゃないから、もう少し、結婚式はずらそうという事には成ったが、籍だけはそのままという訳に行かないので、妊娠発覚後、直ぐ、入れに行った。


なので、俺達は既に、夫婦で有る。



嬉しくない訳が無い。
余りの嬉しさに、『顔が緩みっぱなしだ』と、家元にお叱りを受けた。




こうなってしまっては、結婚報告と結婚式を急ぎ、立て続けに執り行う必要が有った。


F3&T3からは、『計算就くで優紀を妊娠させたのではないか?』と、在らぬ疑いを掛けられた。
が、妊娠しても良いと、考えていた事は事実なので、総二郎は、何も言い返せなかった。



しかし、F3&T3は、今までに色々有った総二郎と優紀だったので、皆はもう落ち着いて、総二郎と優紀の二人の幸せを謳歌して欲しいと、願っていた。


やっと、総二郎は4年を経て、本当の意味で優紀を手に入れる事が出来た。



この幸せは、ぜってぇ無くさねぇ‼』と、
総二郎は、再び、心に誓うので有った。



これから先、
総二郎と優紀は幸せな夫婦生活を送る事と成る






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。