tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きに成ってしまった訳…<あき桜>  4.



<あきらside>


俺は、桜子の様子をチラ見する癖が付いちまったようで、類が仕切りに、俺に苦笑交じりに、合図を送って来る。
鬱陶しくてしょうがねぇ‼


そう思ってた時、類が、声を掛けて来た。


「あのさ、今日、F4で集まらない?」


類、お前、何、考えてやがる?


「う~ん、まあ、良いけどよ⤴。
 何が有んだ?」
「まあ、集まった時にね‼
 司ん家(ち)でも、良い?」
「ああ、構わねぇよ‼」
「じゃあ、司ん家(ち)で、良いよね?」
「了解‼」
「………」
「何だよ、あきら。
 テンション低いな‼」


テンションが低くも何だよ‼
類、覚えてろよ‼


「否、何もねぇよ⤵。」
「じゃあ、そう言う事で‼」



道明寺邸にて…。


「類、今日の集まりの議題は?」
「うん、あきら、もう良いよね?
 司と総二郎にも協力してもらえるでしょ‼
 特に、司にはお願いして於いた方が良いと思うよ‼」


何がお願いだ‼
やっぱ、そう言う事だったんだよな?
乗り気に成る訳ねぇだろ⤵。
類、お前、覚えて於けよ‼


「何だよ、あきら、俺にお願いって…。」
「………」


俺から、如何いうんだよ?


「あきらが言いにくそうだから、俺がフォローするよ。」


類、お前の説明が一番、怪しいんだよ…。
ちゃんと、説明しろよ‼


「あきらが三条に惚れたらしい‼」


類、お前、ドストレートに言ってんじゃねぇよ‼  


「「はぁ~??」」


そりゃあ、司も総二郎も驚愕するわな⤵。


「あれって、冗談じゃなかったってか?」


冗談って、思っていて欲しかったけど…な。


「まあ、そう言う事だ。」
「おい、あきら、三条だぞ?」
「ああ、分かってるよ‼」
「おいおい、あの浮名流しだぞ‼」
「ああ、分かってるって‼
 俺も大概だから、お相子だろ‼」


言ってる俺が辛ぇわ⤵。



 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。