tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きに成ってしまった訳…<あき桜>  15.




<桜子side>


私は、美作さんの言葉に驚愕していた。
『まさか…?』としか言いようがなかった。
そんな風に思われていたなんて…。


私は、もう、自分の気持ちウソを付かなくて良い事我慢しなくて良い事を悟った。


そう思えた途端、私は、美作さんの事が好きになっていた事に気付いた。


多分、美作さんも、もう、気付いているんじゃないかと思う。


そう思えば、楽に成ろうとしていたのは、自分自身が、全ての事から逃げていたからだという事に気付けた。


今はすっきりした気分かも…⤴。



<あきらside>


最近、桜子と良く会うように成って来た。
避けられて居ねぇって事だよな。
良い傾向じゃねぇのか?


そう思って居た時、類から声を掛けられた。


「最近、三条を良く見掛けるようになったじゃん‼
 避けられてないみたいだね、あきら?」
「ああ?
 そうだな…。
 俺的には、嬉しいけどよ、桜子の気持ちをまだ、聞かせてもらえてねぇから、焦ってん
 だよな…。」
「何?
 まだ、聞いて無いの、あきら?
 あきららしくないね?」


俺らしい』って、何だよ。
中途半端にモノ言うな、類⤵。


「そうかぁ~?
 此れでも、頑張ってんだぜ⤵。」
「『頑張っているあきら』って言うのも見物だね⤴。」
「………」
「頑張っている司と総二郎に見飽きたから、丁度、良かったよ⤴。」


はぁ~??
類、俺らF3で遊んでんじゃねぇよ‼
類は何、考えてんだ‼
いい加減にしろよ‼


其処に、司と総二郎がF4ラウンジに現れた。


「よう‼
 お前ら、もう来てたのかよ‼」
「司は別に来なくても良いんじゃないの?
 あっち(NY)の大学卒業してんだから…。」
「お袋に言われたんだ。
 日本の学業も知って於いて損は無いってな⤴。」


どうせ、司の母ちゃんも、司が牧野の後を追って英徳に来る事、分かってるから、体裁の為に通わせてるんだろうけどな。


今や、牧野は、司の母ちゃんの小間使いだからな。
大変だわな。
同棲まで許すとは思わなかったけどな。


「物は言いようだね‼」
「はぁ~??」
「お前ら、その辺にしとけよ‼」



やっぱり、俺は何時まで経っても、こいつらの世話係かよ⤵。
いい加減、卒業してぇわ⤵。



早く、桜子、お前の気持ちを聞かせろ~~‼





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。