tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

カナダ旅行…(もしも類とつくしが兄妹だったら…(家族編))前編





【道明寺つくし 編  <つかつく>・<総優>・<あき桜>・<類静>】


司達F4は、久々に、メープルのラウンジのVIPルームで、酒を酌み交わしていた。


総二郎がしみじみ言い出した。


「俺等も、もう直ぐしたら、40だぞ。
 良いおっさんだな…。」


司が頷きながら、答えていた。


「まあな。
 ガキも居んだ、仕方ねぇわな。」


あきらが鬱陶しそうに言い出した。


「それよか、もう直ぐ、夏休みだろ。
 今年も、“何処か、連れて行け‼”って、言われると思うと、うんざりするぜ。」


総二郎が苦笑いしながら言った。


「司の所は大変だな。
 ガキ、4人だろ。
 俺等の所の倍だもんな。」


司もうんざり気味に答えた。


「ああ、まあな⤵。」


男4人一斉に溜息が出た。


「「「「はぁ~⤵。」」」」



司が思わず、口走ってしまった。


「今年の夏はめちゃくちゃ暑いし、夏スキーも良いな?」


いの一番、あきらが賛同した。


「おお、それ良いな‼」


類が思い出した様に、言い出した。


「司ん家(ち)、カナダに別荘会ったよね。
 高校の時、行ったよね‼
 俺等F4&T3&静の思い出の地。」


あきらが揶揄すれば、司も尽かさず、揶揄する。


「まだ、つくしちゃんが、『牧野』時代のかぁ?」
「確か、三条の『黒』時代のか?」


総二郎が二人の間に入る。


「おいおい、止めとけよ。」


類は、何処吹く風…。


「あの当時は、つくしがまさか、『俺の妹』だとは思ってもいない頃だったし
 ね…。」
「………」



あきらが雰囲気を変える為、総二郎に聞き出した。


「あの頃か?
 総二郎が優紀ちゃんの『初めて』を貰ったって言うのは…?」
「否、あの後…。
 かなり後だったと思うぞ。」


司と類が首を捻って、司が総二郎に聞いた。


「ちょい待て、総二郎‼
 お前ら、高校の時には、もう既にそう言う関係だったのか?」
「ああ、知らなかったのか?」
「司はつくしちゃんを追い掛け廻してたから、総二郎の事は眼中にも無かったんだろ?」
「類も他人には興味無しだったし。」


そう言われてしまえば、元もこうもない。



あきらが切り出した。


「なあ、行ってみたくねぇか?
 久々に、カナダ…?
 冬と夏との違いはあるけどよ、司の別荘辺りだと、夏でも雪、残ってんだろ?」


司は躊躇しながらも答えていた。


「残ってるだろうけど…よ⤵。
 行く…か?」
「類は如何する?」
「皆が行くなら良いよ。
 勿論、家族連れだよね?」
「「「当然だろ‼」」」



満場一致で、今年の家族旅行は、F4プレゼンツ『カナダ旅行』に決まった。
勿論、T3&静には内緒って事で…。






 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。