tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

懺悔の日々…<総優>  1.





<オリキャラが出て来ます。   申し訳有りません。>


優紀は京都の女子大に入学した。


優紀は態と京都の女子大にしたのだ。


京都の女子大を選んだ高校生の頃の優紀は、総二郎から言われた言葉が引き金になっていた。


俺はお前みたいな子が嫌いなんだ‼』
俺のテリトリーに入って来るな‼』



優紀は、総二郎に言われた言葉が引き金で、高校3年の頃より、受験勉強を理由に、F4&T2とは疎遠になっていた。
集まりにも顔を出さない様にしていた。


その方が、すんなり京都に行く事が出来ると踏んでの事だった。


しかし、つくしにだけは連絡を取る様にしていた。
つくしからも、“優紀と疎遠になる事は許さない。”と、言われていたからである。


つくしは、優紀が京都の女子大に進学してからも司がNYという事も有り、つくしは、優紀に会いに京都に遊びに行っていた。




流石、京都と言うべきか、女子大と言うべきか、優紀が女子大に入学して半年が経った頃、大学のガイダンスで、茶道の講義が有る事を知り、受ける事にした。


優紀は、高校生だった頃、部活で、茶道に関わっていたが、かなりご無沙汰なので、初心者という事で参加していた。


その講義に講師として招聘されていたのが、疎遠になっていた優紀の父方の妹である叔母だったのだ。


講義終了後、退席しようとしていた優紀に叔母から声を掛けたので有る。


「もしかして、松岡さんって、下のお名前は『優紀』さん?」
「はい、そうですが…?
 私をご存知なのでしょうか?」


優紀は見覚えが無いだけに、怪訝な態度をしていた。


「ええ、私(わたくし)、旧姓を『松岡聡子』って言うの。」


優紀は、その名前に憶えがあった。


「優紀、あなたのお父さんの妹の聡子よ‼」


優紀は、驚愕するしかなかった。


「ええっ‼」
「久し振りね。
 此処で、姪っ子に会えるなんてね‼
 何年振りかしらね⤴。
 嬉し過ぎるわ⤴。」
「聡子叔母さん??」
「そうよ。」


優紀の叔母の聡子は、結婚して、京都に移り住み、
西門流 京都支部 支部長】になっていたので有る。


優紀は、偶に、東京に里帰りして帰って来る聡子に会っていただけで、優紀が記憶している『聡子叔母さん』と、少し違う気がしていた。


優紀は、聡子叔母さんに会った事で、優紀の周りで、『コト』が動き出そうとしている事に気付かずにいた。


「優紀、茶道を本格的に遣ってみない?
 流石、私(わたくし)の姪っ子ね⤴。
 筋が良いわ‼
 明日から、私(わたくし)のお稽古を受けなさい‼
 そして、私(わたくし)の家で、私(わたくし)と一緒に住みなさい。
 お兄さんには、私(わたくし)から伝えるから…。
 良いわね⤴。」


反論出来ない優紀であった。
押し切られる形で叔母の家で住み込み、茶道を極めて行った。


聡子は何れ、優紀に自分の後を継がせようと画策していたので有った。
聡子の実子には、息子二人の兄弟だけで、娘が居なかったので有る。



優紀は優紀で、つくしには、こうなった報告は入れていた。
入れなければ、後で怒られるのは目に見えているからで有るのだが…。



あの日から、1年半が経っていた。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。