tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  12.




つくしは総二郎に押し切られる形で司の誕生日パーティーに出席していた。



その時、道明寺家に60年使用人として仕え、現在は使用人頭をしているという老婆 タマに声を掛けられた。


「あんただね、司坊っちゃんの想い人は…?」


つくしは驚愕して、首を捻っていた。


「えっ??
 如何言う意味でしょうか?」


タマは、聞いている通りだと、感心し切りだった。


「はぁ~⤵。
 成程、相当、鈍感だね⤵。」


タマは小さい声で言っていた。


つくしは聞き取れなかった為、聞き直した。


「えっ?
 何と仰いました?」


タマは、この娘(こ)なら…と、思ったのであった。


「まあ、良いよ⤴。
 司坊っちゃんを見捨てないでやっとくれよ⤴。」


つくしは首を捻るしかなかった。


「えっ??
 私が…ですか?」


何を今更と思いながら、言っているタマで有った。


「そうだよ⤴。
 司坊っちゃんは幼少期からずーっと一人、寂しい思いをして来られて、暴君だったの
 に…⤵。
 お嬢様に会ってから、何か毎日が楽しいらしくてね。
 表情が柔らかく成ったんだよ⤴。
 お陰で道明寺邸は毎日が平和だよ⤴。」


つくしは、溜息しか出なかった。


「はぁ~⤵。
 そんなに違うんですか?」
「違うってもんじゃないよ‼
 『天と地』程、違うんだよ‼」
「………」


つくしは言葉に成らなかった。


「司坊っちゃんがお嬢様に捨てられでもしたら…⤵。
 また、司坊っちゃんは『元の木阿弥』だよ⤵。」


タマは擦り手で拝むような仕草をしながら、つくしにお願いしていた。


「頼むから、司坊っちゃんを見捨てないでやっとくれ‼」


“もう、脅しじゃん。”と、つくしは心の中で叫んでいた。


「それって、脅しですか?」
「そう取りたいなら、そう取ってくれても構わない⤴。
 道明寺家の未来の為だから…ね。
 司坊っちゃんが初めて、女性を好きに成ったんだ⤴。
 応援しない筈無いだろ?
 それと言って於くけど、司坊っちゃんの事は、当主の司坊っちゃんのお父上とお母上
 は、もう既に知っているよ⤴。
 今日、お嬢様に会える事を楽しみにしてらしているよ。
 お嬢様のお父上とお母上にもお話しは入っている筈だよ⤴。
 勿論、西門家にも…ね。
 もう、お嬢様は周りに固められているんだよ。
 道明寺家からは逃げられないよ。
 観念しなよ‼」
「………」


つくしは、『万事休す』だと悟っていたので有った。


「はぁ~⤵。」←つくしの心の声…。
        溜息ともいう⤵。



逃げられないと悟った時、背後から声を掛けられた。


後ろを振り向いたつくしは驚愕していた。



つくし、万事休す…⤵⤵。






 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。