tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  15.




桜子は、つくしにとって、『美のカリスマ恋のカリスマ』だった。


つくしは桜子に教えを乞うとしていた。


最近の司の遠慮の無さに加えて、つくしが相手にしない時に、時折見せる、
寂しそうな顔辛そうな顔』がつくしを苦しめている事つくし自身が気付いたと、桜子に相談したので有る。



桜子は、溜息しか出なかった。


“どんだけですか、先輩?
 鈍感も大概にしないと、罪に成りますよ‼”と、桜子は、言いたかったので有る。


実際は、言えないので有るが…⤵。


“こんな人に、私は負けたのかと思うと、笑けてくる⤵。”と、桜子は、失笑気味であった。


つくしは、首を傾げるだけだったが…。


「先輩、どんだけですか?
 何故、ご自身の気持ちが分からないんですか?
 ご自身の気持ちを私に相談して如何するんですか?」


つくしは、“分からないから相談してるんですが…。”と、首を傾げていた。


「えっ??
 私の気持ちって?」


先輩、鈍感にも程がありますよ⤵。
桜子は、泣けて来そうに成っていた。
反対に、司が気の毒で有った。


「先輩?
 胸が苦しくなるんですよね?
 それって、道明寺さんの事、意識しているからですよね?」
「えっ??
 そうねの?
 やっぱり、私って…、そうなの?」


桜子は、『鈍感つくし』に降参で有る。


「ああ、もう嫌…。」


心の声が、桜子の人生に於いて、初めて口から言葉として出てしまった。


“何で、私はこの人に負けてんのよぅ~⤵。”と、言いたい心境の桜子だった。



「先輩、これ以上は、ご自身で気付かなければ意味が有りませんからね⤵。
 分かってますぅ~?」


つくしは、分かったような分からないような複雑だったが、桜子の様子を見ていて、返事して於いた。


「う~ん、分かったぁ~⤵。」


つくしが、本当に、分かったのか、不安に成る桜子だった。



桜子は、自分の置かれている立場を理解しているが、それでも、つくしの鈍感さは理解不能の域に達していた。



“先輩、人に気付かせてもらうものじゃないんですよ、恋っていうのは…。
 自分自身で気付いて下さい‼”

と、桜子は、エールにも似た心の声を出しそうに成っていた。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。