tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

生まれ変わり…<つかつく>  6.




<一部の表現に、不快に感じるで有ろう箇所が含まれています。
 お詫びします。>



美桜は、夢の中のつくしが言う、『生まれ変わり』のの話しを受け入れる事にした。


夢の中のつくしが言う、『司を許して上げて‼』…。


そして、優紀と桜子が言う、『道明寺さんを救えるのは、美桜さんしかいない』の言葉…。



美桜自信が、つくしの魂を受け継いで生まれて来たのなら…。
運命を受け入れる覚悟を決めた美桜だった。



美桜は、司にその事を伝えた。


先ずは、LINEで伝えた。


『つくしさんが私の夢の中に出て来て、話しを聞きました。
 また、優紀さんと桜子さんがお見えに成り、道明寺さんとつくしさんの経緯(いきさ
 つ)を伺いました。
 正直、驚愕しました。
 道明寺さんのお母様から、伺っていた話しと違い過ぎて戸惑いましたが、夢の中で仰っ
 たつくしさんの言葉を信じようと思います。
 運命を受け入れます。』と…。


司は、嬉しさの余り、直ぐ様、関西に飛んだ。


そして、美桜を抱き締め、言葉なく、司は、美桜にkissをした。
美桜も甘んじて、それを受け入れた。


此れで、司と美桜(=つくし)の運命が動き出したのだ。



F3&T3は応援してくれても、周りは認めてはくれない。


特に、楓は、20歳近いの歳の差が有る司と美桜を許す事は、中々、出来なかった。


しかも、司は、初婚だ。


楓には楓の夢が有った。


つくしが18歳と言う若い年齢の他界を知っても、悲しむ処か、寧ろ、喜んだのだ。
しかも、楓は、つくしの死を知っていたにも関わらず、亡くなった事を、記憶の戻った司には伝えなかった。


楓は、司を呼び出し、罵った。


「貴方と言う人は如何してそうなの?
 一般家庭の娘を好きに成ったかと思えば、今度は、経営者の令嬢では有るが、20歳
 近い年の差の有る娘を好きに成るなんて、言語道断よ⤵。
 貴方は初婚なのよ‼」


最後には、楓は絶叫し始めた。


だが、司は、至って、冷静だった。


「言ったろ‼
 美桜は、つくしの魂を持って生まれて来たんだよ‼
 言うなれば、美桜はつくしの『生まれ変わり』何だよ‼
 つくしは、俺にも、美桜にも、夢枕に現れて、その事は告げられている⤴。
 俺は、美桜(=つくし)からは離れねぇよ‼
 俺等を許さねぇなら、俺を道明寺籍から外してくれて構わねぇ‼」


司の真剣な顔付きに、楓は諦めるしか無い事を悟ったので有った。



そして、何年か経った後、両家から司と美桜(=つくし)の結婚が許された。


やっと、司と美桜(=つくし)の想いが通じたのであった。


F3&T3からも祝福を受け、照れながらも、司と美桜(=つくし)の二人は、幸せを噛み締めるのであった。


此れから先も生涯、司は運命を受け入れて、美桜(=つくし)だけを愛し続けるので有った。



fin




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。