tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<総優>  17.




<総二郎side>


俺は、あの後、あきらに小声で、更ける事を伝えた。


「あきら、就いて来てもらって悪ぃんだけどよ。
 このまま、優紀と、更けて良いか?」
「ああ、こっちは、ちゃんと、遣って於いて遣るよ‼
 この分の代償は、大きいぞ‼」
「分かった。
 何でも、言ってくれ‼
 じゃあ、頼んだわ‼」
「おお。」


で、俺は、無理矢理、あいつ等から優紀を連れ出した。


で、優紀をリムジンに乗せた。


「西門さん…⁉」
「優紀、悪ぃ‼
 いろんな意味で、もう、優紀と二人っきりで一緒に居てぇ‼
 ダメか…⁉」
「………」


また、だんまりかよ⁉


「優紀、此れからは、だんまりは無しだ‼
 何か、言葉は、言えるだろ?
 何も、返答がねぇと、不安に成る⁉」
「ごめんなさい。
 でも、西門さん、滋さん家(ち)のPJで、私が言った言葉、覚えていらっしゃいます 
 か?」
「ああ。
 『此の旅行中の間、西門さんを拝見してからの返事で良いですか?』だったか…?」
「覚えて居てくれたんですね⁉
 じゃあ、此れは、強引では無いですか?」
「ああ、そうだな?
 だがな、もう、許せよ⁉
 十分、反省もしてる。
 もう、優紀だけだから…なっ⁉」
「じゃあ、此処で、誓って下さい‼
 “『プレイボーイ』は、返上…。
 『3回ルール』は、もう無い。”って…。」
「幾らでも、宣言して遣るよ‼
 序に、宣言して遣ろうか?
 『此れからの俺の百戦錬磨は、優紀だけの為に有る』って‼」
「西門さんっ⁉」
「優紀、分かったか?
 これからは、優紀だけだから…な。
 今まで、悪かった‼」


俺は、優紀に頭を下げた。


今までの俺の過去で、女に頭を下げた事等、ねぇんだぞ‼


頭を下げるのも、優紀だけだから…な。
否、優紀だから、頭を下げれるんだよ‼


優紀、もう、分かってくれよ‼



<優紀side>


西門さんは、私に頭を下げてくれた。


「もう、許せねぇって、言うなら、一生、恨んでやるぞ‼」


と、私に脅しを入れ乍ら…。


西門さんからすれば、かなり、私に譲歩してくれているんだろう⁉


だから、私も、西門さんに譲歩する事にした。



で、その後は、ディナーしたり、夜景を見に行ったり…して、メープルに戻った。



そして、前以て、西門さんが美作さんにLINEして居た様で…。
“T2もF3の部屋に呼んで於く様に…頼んだぞ。”と、西門さんは、美作さんに伝えて居たらしく、西門さんと私がメープルに戻った時には、既に、T2も、F3の部屋に居た。



で、F2&T2に西門さんは、私達、二人の事を話しすると、私は、聞かされた。


「其処から、また、二人で始めよう‼」


と、言ってくれた。


もう、後には、引けないのかも知れない。
 


<総二郎side>


俺と優紀が、メープルに戻った時には、滋と桜子は、F3の部屋に居た。


「滋、桜子…。
 俺は、優紀と付き合う事に成った。
 お前等の言いたい事は、分かってる‼
 だから、はっきり言える。
 もう、俺は、優紀だけだから…‼
 そして、類もあきらにも聞いてもらいてぇ事が有んだ‼
 お前等の前で誓う。
 そうしねぇと、優紀が、信用出来ねぇらしいから…な‼」


俺は、一呼吸置いて、こいつ等の前で、誓って遣った。


「優紀、しっかり聞いて於けよ‼
 俺 西門総二郎は、優紀に誓います‼
 『プレイボーイ』は、返上する。
 『3回ルール』は、もう、しねぇ‼
 序に言う成れば、『俺の百戦錬磨は、優紀だけの為に有る』…‼」


F2&T2は、呆気に取られていた。


俺は、続けて言って遣った。


「類、あきら、滋、桜子…。
 お前等が証人な‼
 しっかり、聞いてくれたよな?」
「ああ。」(あきら)
「まあ…ね。」(類)
「きゃーーーー‼」(滋)
「………」(桜子)


滋は、優紀に抱き着いてやがる。


「ああ~ぁ。
 俺等、総二郎の証人にされてしまったね⁉」
「ほんとだぜ‼
 まあ、何か有ったら、俺等に言って来たら良いよ、優紀ちゃん‼
 俺等は、総二郎と優紀ちゃんの証人らしいからさ‼」
「はい、有難うございます。
 宜しくお願いします。」


俺は、類の言葉に、こいつ等の前で、宣誓した事を、“早まったか?”と、後悔する事に成った。


「何てったって、俺等は、『時の証人者』だもんね‼」




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。