tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…(続編)<総優>  14.


【恋人 編】


優紀はお稽古が有る日は如何しようか、悩んでいた。
お稽古に行くなら、西門邸に行かなければいけない。
そうなれば、当然、総二郎も居る。


桜子に相談を持ち掛けた。


桜子は事投げに言って見せた。


「そんな事は簡単ですわ。
 お祖母様から家元夫人にご連絡して頂きますわ。
 お祖母様も優紀さんの味方ですから…。」


優紀は恐縮していた。


「ご迷惑をお掛けしてしまうのが…。
 申し訳ないし…⤵。」


桜子は優紀の不安を取るように言った。


「大丈夫ですよ。
 優紀さんは大船に乗ったつもりで居てくれたら良いんですよ。」


その後、桜子のお祖母様から話しを聞いた家元夫人は、三条邸でお稽古をしょうと提案して来た。
勿論、桜子のお祖母様も桜子も了承した。


家元夫人は優紀の気持ちが総二郎から離れるのではないかと、不安になっていたので、優紀に許しを請うつもりで話しした。


「優紀さん、総二郎の事、ごめんなさいね。
 親の私(わたくし)が言うのも何だけどね、総二郎は優紀さんに捨てられたら、生きて
 はいけないと思うの。
 頃合いを見て、許して遣ってくれない?
 総二郎を見捨てないで頂戴ね。」


優紀は家元夫人にそんなに心配を掛けているとは知らず、家元夫人に詫びた。


「家元夫人、ご心配をお掛けして申し訳ございません。
 総二郎さんから、離れる事は私にも出来ません。
 でも、総二郎さんと一緒に居る日々が長く成れば長く成る程、お互いの気持ちを理解し
 ていけたらと、思っているんです。」


家元夫人は優紀の気持ちが聞けて、“ほっ”と、していた。


「そうよね、それは凄く大切な事よね。
 優紀さんに別れる気持ちが無いと分かったので、優紀さんに協力させてもらうわ。」


家元夫人の言葉に優紀も、“ほっ”と、していた。


「有難うございます。
 宜しくお願い致します。」


「では、当分の間、三条邸でお稽古をさせてもらえるよう、三条の大奥様に改めてお願い
 させてもらうわ。
 もう少し、三条邸でお世話になるのよね。」
「はい、そのつもりです。」
「分かったわ。」



家元夫人は、三条の大奥様 と 優紀の両親にも謝りの連絡を入れていた。


三条の大奥様には…。


「大奥様、この度は、優紀さんがお世話になって申し訳ございません。
 また、ご心配をお掛けして申し訳ございません。」
「いいえ、お構いなく…。
 でも、総二郎さんは如何しようも有りませんね。
 『女たらし』の汚名を受けていたとは思えませんわね。」


家元夫人は、居た堪れなかった。


「恐れ入ります。
 申し訳ございません。。」


三条の大奥様は、総二郎の事で、怒っていらっしゃると、家元夫人は、察知した。


「優紀さんは私(わたくし)の孫同然。
 しっかり、お預かり致しますわ。」
「有難うございます。
 宜しくお願い致します。」



また、優紀の両親には…。


「この度は、総二郎が不甲斐なく申し訳ございません。」


優紀の両親も優紀の起こしている行動を詫びた。


「いいえ、優紀も辛抱が足りないようで、申し訳ございません。」


家元夫人は、優紀の両親の気持ちが聞けて、“ほっ”として、提案を持ち掛けた。


「取り敢えず、様子を見たくありますが、宜しかったでしょうか?」
「家元夫人が、そう仰って下さるようでしたら、私共には異論はございません。
 宜しくお願い致します。」


優紀の両親のこの言葉には、再び、“ほっ”とした、家元夫人で有った。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。