tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…(続編・その後)<総優>  3.



【婚約・結婚 編】


優紀は何時までも、此処に居ても仕方ないと思い、部屋に入る決意をする。


「総二郎さん入ります。
 只今、戻りました。」
「優紀、お帰り。」


と、言いながら、総二郎は優紀を抱き締めてキスをして来る。


「総二郎さん、巧三(たくみ)君が居るから…。」
「お姉さん、兄さんはお姉さんが好き過ぎて離せないんだよ。
 俺の事は気にしないで良いよ。」
「ほれ、見ろ‼
 巧三(たくみ)の方が物分かり良いだろ。
 流石、俺の弟だ。」


其処、じゃないでしょ、兄さん?
ほんと、変わったよね、兄さん?
『男は女で変わる』って、本当だったんだ。


「ほんと、前にも言ったけど、あのクールでカッコいい兄さんは何処行ったんだろうね。
 お姉さんに腑抜けた男に成ってるよ。」


優紀は俯き加減で、巧三(たくみ)に謝った。


「巧三(たくみ)君、ごめんなさいね。」
「お姉さんが悪い訳じゃないよ。
 兄さんでしょ‼」


総二郎は居た堪れなくなっていた。


「うるせ~なぁ、巧三(たくみ)は?
 俺らはこれで良いんだよ。
 分かったか、巧三(たくみ)?
 で、何か、優紀に相談が有ったんだろ?」
「ああ、大した相談じゃないんだけどね。
 お姉さん、大学生の女性は、どんなプレゼントが喜ぶの?」
「巧三(たくみ)君、彼女が出来たの?
 そうだなぁ~?
 何か、嬉しいなぁ、相談してくれて…。
 でも、私は物欲が無いから分からないけど、大学生なら、身に付ける物は如何?
 指輪なら、重く思われてもだから、ネックレスは?」
「どんなタイプが良い?」
「それは、総二郎さんの方が得意分野じゃない?」


優紀、今、何つった?
俺の得意分野??


「はぁ~???」


お姉さん~、ナイス発想‼


「それはそうかも…。
 お姉さん、冴えてるね。
 買いに行く時は、兄さんに相談してからにするよ。
 お姉さん、有難う‼」


総二郎は不貞腐れていた。
巧三(たくみ)が部屋から出た後、総二郎は優紀に問い詰め出したので有った。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。