tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…(続編・その後)<総優>  11.



【家族 編】


<総二郎side>


更に、月日が経ち、俺は家元を襲名する事になった。


優一郎が小学4年、光紀が小学1年の年だった。
俺は35歳になっていた。


俺の家元襲名パーティーには、司&牧野の家族 ・ 類&静の家族 ・ あきら&桜子の家族 が来てくれた。


滋は、彼氏と来てくれた。


パーティー後、久し振りだったという事も有り(司の家族が、この4月から、帰国して帰って来たと言うのも有り)、司ん家(ち)で、二次会を開いてくれた。


司&牧野の家族は、翼と蘭の男女の双子の兄妹(小学1年)。


類&静の家族は、健(小学1年)と仁(幼稚舎年中)の兄弟。


あきら&桜子の家族は、つよし・やすしの双子の兄弟(小学1年)


似たり寄ったりの年齢なので、子供達が揃えば、大騒ぎになり、母親達の動きも活発になる。


まあ、当然って言えば、当然なんだが…。
父親連合であるF4が静観している間に止めれば良いのだが、そうはいかないのが、ガキ共って奴で、父親連合のF4から、雷が落ちてやっと、落ち着くって、どんだけだよ。


先ず、司が雷を出した。


「お前ら、分かってんのか?
 おい、翼、何、先頭に立って、遣ってんだ‼
 つくしが怒っている間に、何故、止めれねぇんだ?」


顔が鬼の形相の司に震え上がって泣き出した翼。


次は、類が出て来た。


「健、仁、いい加減にしなよ。
 分かってるよね‼」


類の睨みは、普段、牧野が言う所の『ビー玉の瞳』だから、冷たく感じて怖ぇ~んだよな。
やっぱり、健も仁も泣き出した。


で、あきらが出て来た。


「つよし・やすし、分かってんな。
 何故、桜子が止めても止まらない‼
 いい加減にしろよ‼」


ドスの聞いたあきらの低い声は、俺らでも、縮み上げるくらいだから、つよし・やすしはそりゃあ、怖ぇ~よな。
つよし・やすしも泣き出した。
俺らの中でマジ怒りしたら、一番怖ぇ~のがあきらだからな。


で、最後が俺…。


「優一郎、分かってるよな?
 右手は、優一郎にとって、どんなに大切な手か言って有るよな?
 何故、優紀が止めてる間に止めねぇんだ?
 いい加減にしねぇと、本気で怒るぞ‼」


俺は優一郎を睨んで於いた。
優一郎は一番上って事だろうか、我慢していたようだが、泣き出した。



蘭と光紀は、人形遊びをしていたようで、キョトンとしていた。


ほんと、男が揃うと、気が大きくなるのは年齢関係ないみたいだな。


まあ、こんだけ怒れば、当分、大人しいだろ‼



ああ…ぁ、今日は疲れたぜ‼





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。