tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  3.




ある日、つくしは父親で有る大河原社長より、社長の執務室に呼ばれた。
つくしだけが呼ばれたので有るが、滋も付いて来た。


【コンコン】…つくしは、社長の執務室の扉をノックした。


「社長、つくしです。」
「入りなさい。」


つくしの後ろから滋も入って来た事に、父親で有る社長は戸惑った。


「社長、お呼びでしょうか?」
「何故、滋まで着いて来ているんだ?
 呼んだのは、つくしだけだろ?」
「あら、パパ、私は、必要ないって事?」
「そんな事は言ってない。
 今日、呼んだ理由は、つくしへの話だからだ。」
「って、事は、私に聞かれたら拙い話しって事?」
「そうも言ってない。
 まあ、取り敢えず、座りなさい。」


大河原社長は、滋が、司を毛嫌いして居る事を承知していたので、内心、“拙いな‼”と、思っていた。


社長は、何れにしても、『滋には後々、バレる事だろうから』と、思い、滋が一緒に居ても、つくしに本題を話しし出した。


「つくし、道明寺家より、見合いの話しが入って来た。
 受けるか受けないかはつくしが判断しなさい。」
「ちょっと、パパ、如何言う事よ‼
 道明寺家って、道明寺司とのお見合いって事よね?
 私がダメなら、今度は妹のつくしって訳?
 如何いう神経してるのよ、道明寺家って…?」
「………」


つくしは、答えられないでいた。


滋は尚も話しを続けた。


「つくし、お見合いはお断りしな‼
 あんな男の為に、一生を台無しにする必要は無いわよ‼」
「お姉様、如何いう意味?」
「道明寺司って、男はね、『暴君・横柄・自己中』って、言われてるの。
 それに、世間では、『暴れ馬』と評されてるの。」


つくしは、“それって、お姉様にも言える事よね?”と、思ったが、口を慎んでいた。


其処に、進が、執務室に入って来た。


「姉ちゃん、止めときなよ‼
 そんな男だったら、苦労するのが目に見えてるよ‼」
「でしょ。
 進も分かってるね‼」


進は言ってはいけない言葉を口にしていた様だった。


「姉さんの言っている事は、姉さんにも言える事だけどね。」


思わず、つくしが、進に声を掛けた。


「進っ‼」


進は滋の歪んだ顔を見て、思わず叫んでいた。


「あっ‼」


社長はその『姉妹弟』の会話を聞いて居て、急に笑い出した。


「あははははは‼」


滋・つくし・進は驚愕した顔で、父親を見ていた。


「進も言える様に成ってきたじゃないか。
 良い現象だよ。
 もう、本当の『姉妹弟』だな。
 今までは、遠慮がちだったからな。
 確かに、滋も世間では、『女・暴れ馬』と、評されていたからな。
 まあ、今は、つくしのお陰で更生したがな。
 道明寺家でも、司君を更生して欲しいんじゃないかと思うんだがな。」


滋は、尚も反論していた。
当の本人のつくしは、じーっと、様子を窺っていた。


「だからって、可笑しいんじゃない?
 つくしは、大河原家の娘よ‼
 自分の息子なら、道明寺家で何とかするべきよ‼
 つくしは、『更生請負人』じゃないのよ(怒)‼」


滋の怒りは収まる事を知らなかった。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。