tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  26.




<司side>


俺は、ババアに寄って、つくしと会える事は腑に落ちねぇにしても、つくしと会えると思うと、顔が緩んでくるのを自覚していた。


必死の形相で、俺は、何時もの何倍ものハイスピードで、仕事を遣り上げた。


で、俺は油断していた。


会長・社長・副社長専用重役階ロビーのエレベーターホールで、俺は、エレベーターを待って居る時、ババアが、エレベーターから、下りて来た。


で、ババアに釘を刺された。


「司、貴方は、道明寺HDの副社長なのよ。
 幾ら、つくしさんに会えるからって…。
 顔が、喜びを表現し過ぎよ…うふふ
 顔が緩んでいるわよ。
 顔を引き締めなさい。
 誰に見られているか分からないのよ。」
「………」


俺は、何も言い返せなかった。
と言う寄り、今は、何も言わねぇ方が良いに越した事はねぇ‼


唯、俺は、珍しいものを見てしまった。
ババアの笑い顔…⁉
微かでは有ったのだが…。


ババアの笑い顔に驚愕より、呆気に取られて言い返せなかったと言うのも有る。


で、俺は、ババアに頭を下げて、エレベーターに乗った。


ババアは、俺の態度を見て、怪訝な顔をしていたが…。



もう直ぐ、つくしに会える。


何日振りだ。
俺は、つくし欠乏症で、身体が動かなく成る寸前だった。
ギリギリの所だった。



つくしから、『地下駐車場で待ってる‼』と、LINEが来た。


あいつは、“本当に、大河原財閥の令嬢か?”と、疑いたくなる位ぇ、表立って前に出るのを嫌う。


まあ、だからなのだろう…。
つくしは、“あのお祭り姉ちゃんの陰で居れるのかも知れねぇな⁉”とも思う。



俺は、やっと、つくしと会えた喜びをつくしに爆発させてしまった。


俺は、つくしをリムジンに乗せる成り、つくしを抱き締め、離せなかった。
否、離さなかった。


つくしは苦しがっていたけど…。
“お前が俺を寂しくさせたんだ、諦めろ‼”
と、言わんばかりに、つくしを俺の傍に居させ続けた。



そして、俺は、気に成っていた事をつくしに聞いた。


「なあ、つくし‼
 お前の姉ちゃんが、『類を好き』と、言うだけで、お前の父ちゃんが、何故、其処まで
 して、お前の姉ちゃんの傍につくしを見張り役に置くんだ?」


つくしは、言おうか、言わねぇ方が良いのか迷っていたみたいだが、言わなければ、多分、俺が誤解すると判断して、言う事にしたのだろう‼


「この事は、他言無用にして、お願い‼」
「ああ、分かった‼」
「実はね、以前、姉は、世間で言う処の『女・暴れ馬』と、言われていたでしょ⁉
 それ位、猪突猛進型なの…。
 自分の思った事は貫くと言うか…⁉
 良い意味にも、悪い意味にも…。
 だから、花沢さんの事を好きだと気付いた姉が、次に行動するとすれば、花沢さんを追
 い掛ける事…。
 花沢さんにご迷惑が掛からないとも限らない。
 だから、私が見張り役なの。
 それでも、前よりは、随分、変わっては来てるんだけど…ね。」


つくしの姉ちゃんはまるでストーカーだよな?  ←司坊っちゃんも、『そう成る可能性
                        は無きにしも在らず…?』でした
                        が…。   by  西田


「じゃあ、今日のこの後は、誰が見張ってんだ?」
「進…。」
「弟か?」
「そう…。」
「じゃあ、此れからは、弟が見張るのか?」
「分からない?
 もし、じゃ如何にもならないって事に成れば、“私かも…。”って、思ってる⁉」
「はぁ~??
 何だよそれ?
 じゃあ、また、会えねぇって事か?」
「そう成らない様にしたいけど…。
 父の判断次第だから…?」



俺は、俺のバッテリー充電の為に、“今夜は、つくしを離せねぇ‼”と、誓っていた。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。