tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<つかつく>  30.




<つくしside>


私は、次は、桜子に、白羽の矢を向けた。


「で、桜子は、美作さんとは、何時(いつ)からなの…⁉」
「ああ、その事ですか?」
「その事って…⁉」


桜子は、飄々としていた。
それが、何か悔しい‼


「こう成ったのは、先輩にも、優紀さんにも、責任は有るんですから…ね⁉」
「「如何いう意味…(よ)⁉」」


桜子…?
何、人の責任にしてんだぁ~?


「先輩が、道明寺さんの居るNYに居た事は、まあ、頷けます。
 それに、優紀さんがNYに行く事に成ったのも、私が美作さんに頼まれて、誘った訳で
 すし、頷けます。」
「だったら、それで良いじゃない?
 何で、私と優紀の責任なのよ(怒)。」
「だから、最後まで、話しを聞いて下さいますぅ~⁉」
「分かったわよ。」


桜子は、苦笑いを浮かべながら、言って来た。


「だから、その後です。
 道明寺さんは、先輩を放って置けないと、成人式の為に、休みを取ってまで、日本に帰
 国して帰って来るって宣言したり…。
 西門さんは、優紀さんに思いが通じてからは、全く、優紀さんを離せずで…。」


桜子は、優紀の方を見ながら、言って除けていた。
優紀は、桜子の視線に恐縮したまま、俯いたままだった。


「帰国の際の滋さん家(ち)のPJの中の西門さんを思い出しません?
 あんな、熱々振りを見せ付けられれば…。
 誰だって、羨ましく成るのは当然ですよね?」


ああ、そっちね。


「私は、羨ましいって思う寄り、“優紀が幸せそうなのが良かった‼”って、思ってたけ 
 ど…。
 “微笑ましなぁ~‼”って。」
「そう思うのは、素敵な彼氏がいらっしゃるからです‼」


そんなものか…⁉
感じた事無いけど…。
桜子には、言わないけど…。
また、反論されるのがオチだから…。


で、桜子が、付き合う様に成った切っ掛けを教えてくれた。


「ある時、美作さんと、大学で、偶然、会ったんです。
 その時に言われたんです。
 “俺、あいつ等が羨ましく成ったわ‼
  何か、“青春してんな‼”って、思ってよ。
  本命が居るって、良いな⁉
  桜子、俺等も、付き合ってみるか?”って。」


ああ、成程…ね。


「今までは、私達の仲間内は、先輩と道明寺さんだけだったから、それ程、羨ましく思わ
 なかったんですよ。」
「何でよ?
 其れ、如何言う意味よ?」
「だって…。
 先輩と道明寺さんって、全然、熱々振りが、全く、見受けられないでしょ?
 先輩って、ツンデレ出し…。」


そう言われても、仕方ないか?
だって、私自身、人前では、照れるし…。


「それに、道明寺さんは、NYで、先輩とは、遠距離でしょ?
 だから、先輩は、私達と、相変わらず、一緒に居ましたし…。」


まあ、確かにそうだね。


「でも、西門さんは、そうじゃない。
 西門さんの情熱を、西門さんの想いを優紀さんに全てぶつけてるって、感じでしょ?
 熱いって言うか…⁉」


だね。
司は、私にそうしたくても、私がさせないもんね⁉


「優紀さんは、西門さんには、逆らえないみたいだし…⁉」
「だって、西門さんを怒らすと、後が大変そうだから…⁉」


優紀は、俯き加減で言って居た。


「だから、西門さんは、優紀さんが可愛くて、仕方ないんでしょうね?
 本当は、道明寺さんも、そうしたいんだと思いますよ?
 先輩も、甘えて上げたら良いのに…⁉」
「もう、煩いなぁ~?」



そんな事を言ってる時だった。


私は、滋さんの目線が…?
私は、気に成った。


相槌…以外は、終始、黙ったままだったから…。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。