tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…(続編)<総優>  5.


【恋人 編】


ある日、総二郎は家元…親父に呼び出された。


「何でしょうか?」
「お前は、優紀さんのご両親には、いつ会いに行くつもりなんだ?」
「正直、そこまでまだ、考えていなかった?」
「そんなんでどうする?
 松岡家に失礼だろう。」


総二郎もまだ、其処までの考えに至ってなかっただけに戸惑った。
取り敢えず、話しだけは合わせた。


「分かった。
 優紀と相談して会って来る。」
「そうしなさい。」


まだ、大学生の俺が、相手の両親に挨拶って、普通、早過ぎないか?
でも、そんな事は言ってられねぇのか。
俺は、もう直ぐ大学を卒業出しな。
優紀に相談して、優紀の両親に会いに行く事になった。


「お初にお目に掛かります。
 西門総二郎と、申します。」
「私は優紀の父親で、此れが優紀の母親です。」


優紀の父親、母親、総二郎が挨拶した。


「「「宜しくお願いします。」」」


「先日、総二郎君のご両親がご挨拶に来て下さってね。
 挨拶してもらったよ。」
「えっ‼」


総二郎は両親から、何も聞いていなかった。


「知らなかったのかね?」
「はぁ、まあ。………。」


総二郎は何も言えなかった。


「総二郎君の事は、もう、散々、伺っているよ。
 優紀を宜しくお願いするよ。
 優紀にとって、頼りは総二郎君だけだろうから…。」


親父、優紀のご両親に何を言った?


総二郎は誓った、優紀の未来を含めて…。


「承知致しました。
 宜しくお願い致します。」


これで、優紀の両親との顔合わせも終了した。


総二郎と優紀は、両家の許しを得て、恋人として付き合いを謳歌していた。



<2018年6月1日9:00までに、ご覧頂きました読者の皆様、追記・変更しております。
 お詫び致します。
 追記・変更日時→2018年6月1日9:00>










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。