tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…(続編)<総優>  6.


<オリキャラが出て来ます。  不快になられた方にはお詫び申し上げます。>



【恋人 編】


そんなある日。


優紀に声を掛けてきた奴がいた。
俺が隣に居るのに…だ。


「優紀ちゃん??
 久し振りだね?」
「山本さん??
 お久し振りです。」
「優紀ちゃん、元気そうだね。」


総二郎は思いっ切り、不快感マックスになっていた。
顔はいつも通りのポーカーフェイスでは有るのだが…。


「優紀、誰だよ。
 優紀、お前、女子大だったよな?」


優紀は総二郎の不機嫌さは気付いていないようだ。


「他大学の先輩。
 私の通っている女子大は提携大学が有って、其処の大学とはサークルを行ったり来た
 り、出来るようになっているの…。
 もう、卒業されて、社会人ですよね?」
「ああ。
 優紀ちゃん、隣の人、もしかして……彼氏?
 優紀ちゃんは彼氏を作らないと、思っていたよ…。」
「………」


私は、総二郎さんしか見ていなかったんだけど…なぁ。←そうだったの、優紀ちゃん??              
                          (誰の声??)


「俺は彼氏じゃねぇ、婚約者だ。」
「えっ??
 優紀ちゃん、まだ、大学生だよね?
 結婚するんだ?」
「………」


勝手に婚約者にして、大丈夫なの総二郎さん?


「大学生は、結婚してはいけない法律でもあるのか?」
「そうじゃないけどね、優紀ちゃんは、男子のアイドルだったから、結構、モテたんだよ 
 ね。
 皆、がっかりすると思うよ。
 それに、密かに、優紀ちゃんを、狙っていた奴が多かったしねぇ…。
 “今度、同窓会しよう”って、話しになっててね、優紀ちゃん、呼ぶ予定だったんだ。
 そうか⤵、結婚するんだ。」


もう、総二郎のポーカーフェイスも崩れ出した。
優紀はおろおろし始めた。


「お前、俺らの前から失せろ‼」
「お邪魔みたいだから、俺、行くね。
 優紀ちゃん、じゃあ、またね。」


総二郎はジェラシーに震えていた。
総二郎は今まで、女遊びの相手だけでは無く、優紀にもこんな思いをさせていたとも知らず、嫉妬に狂っていた。
総二郎にとっては初めての感情だった。
総二郎はこのイラつきを優紀に気付かれたくなくて、優紀を一人で先に帰らせてしまった。


「悪ぃ、優紀、先に帰ってくれ。
 少し飲んで帰る。」
「………」


優紀はリムジンに乗せられて帰って行った。


優紀の気持ち等、考えない総二郎は、メープルのVIPルームで一人で飲んで居た。


優紀は3回ルールが復活するんじゃないかと、脅えていた。
優紀が悪い訳では無いから、総二郎の気持ちの中には3回ルールの考えは無かった。


自分自身の気持ちを処理し切れないで居る総二郎は自ら、あきらにTELしていた。


「あきら、今、何処に居る?」
「邸だけど…。
 総二郎、お前、普段酔わないよな。
 如何した、ぐでんぐでんに酔っぱらって無いか?
 何杯、飲んだんだよ…?」


あきらは、普段、どんだけ飲んでも酔わない総二郎だけに、心配になっていた。


「分かんねぇ。 
 一人で飲んでんだからな。」
「お前、今、何処に居るんだ?」
「はぁ、メープルのVIPルーム、一人で居る。」
「分かった、今行くから、待ってろ。」


あきらは総二郎が心配になり、桜子に話しして、総二郎に会いにメープルに向かった。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。