tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>51.


【花沢つくし 編  51.】


今日は、海外勤務している類・滋以外の久々のF3&T3会であった。


F3はF3だけで集まって座り、T3はT3だけで集まって座っていた。
そして、つくし達T3で近況報告をし合っていた。


「先輩、久々ですね。
 お元気でした?」


つくしは、急に嘆き出した。


「う~ん、ほんと、もう、邸には帰りたくないわ…。」


優紀は心配に成り出した。


「つくし、何が有ったの?」


つくしは、何も答えず、寧ろ、いつもと違い過ぎて、桜子と優紀は引いていた。


「………、ねぇ、今日は飲んで良い?」
「私達は良いですけど…。
 道明寺さんが如何、仰いますかね?
 って、先輩、そんな無茶飲みしたら…。」


つくしは態とか、桜子のアルコール度数の高い、普段、つくしが口にしないブランデーを口に含んで飲んだ。


「つくし、それ、桜子さんの?
 今日のつくし、やばいよぅ~。
 つくし、ほんと、何が有ったの?
 私で良かったら、聞くから…。」


つくしは落ちる前、とんでもない事を口走っていた。


「あのくそ親父‼」


優紀と桜子は首を傾げていた。


「つくし、誰の事?」
「私のパパ‼」
「「はぁ~??」」


優紀と桜子は、驚愕していた。


「つくしのパパって、ナイスガイって、雑誌で有名な方よね?」
「確か、そうだったかと…。
 おじ様のDNAを色濃く受け継いでいるのが、花沢さんだって、言われている筈です
 よ。」


「そんな方が、何故、くそ親父なの?」
「さあ、親子関係は、他人には分かりませんからね?」


優紀は、慌てていた。


「ちょっと、つくし~。
 寝ちゃったね。」


桜子はやれやれと、思っていた。


「少し、このまま、寝てもらった方が良いんじゃないでしょうか?」
「そうだね。
 その方が良さそうだね。」


つくしは寝込んでしまっていた。
つくしの顔をよ~く見てみると、寝ながら、涙を流していた。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。