tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>55.


【花沢つくし 編  55.】


司×つくし・総二郎×優紀・あきら×桜子の婚約発表 及び 類×静の入籍報告と出産報告がFAXにて、それぞれ、マスコミに発表された。


一気にF4同時発表だった為、各マスコミは挙って、スクープネタを撮ろうと、躍起に成っていた。


特に、F4狙いのお嬢様方にとっては死活問題では有ったが、それぞれのカップルの女性は、有名処の出身者の為、二の句を告げれないで居た。


優紀に至っては、桜子のお祖母様が優紀の後見人を務めて下さる事に成り、誰からも揶揄の声は出なかった。
寧ろ、桜子のお祖母様が揶揄の声を出させなかった。



F3&T4が道明寺邸に集結していた。
今回の事態に怒ったのが日本に一時帰国していた滋だけだった。


自分がドバイに行って居る間に、何故、報告が無かったのか?
不貞腐れてしまった滋で在った。


こうなってしまっては、手が付けられないのが常。
諦めるまで暴れさせるのが一番。
皆、黙って話しを聞いていた。


「皆、酷いじゃない?
 私だけ知らなかった何て、有りな訳…?
 大体、仕事とは言え、私は一人、ドバイでさぁ~、皆、日本に居るんだから、連絡くら
 いしてくれても良いと思わない?
 滋ちゃん、寂しかったんだからねぇ~。」


“自分の事ばかりかよ。”と、皆はそう言いたかったけど…、黙った。


「俺と優紀、あきらと桜子は、“付き合ってる。”って、伝えていたよな?
 付き合うようになった訳も、伝えたよな?」


滋はトーンが少し小さくなった。


「4人の事は聞いた。
 でも、司とつくしの記憶が戻って居る事は聞いて無い。」
「俺とつくしが悪ぃってか?」
「其処まで言ってないけど…。」


あきらが説明し出した。


「司の時は、日本に一時帰国していただけで、その時も、記憶がないつくしちゃんと司が
 会う事は、類が許さなかったんだよぅ。」


司が補足して話した。


「俺はつくしに記憶がない事も、日本に一時帰国した時に聞かされて、つくしに会いたく
 ても会えなくて、精神的にしんどかったんだよぅ。
 無理言うな‼」
「………」


滋は何も言えずに居た。


「つくしの記憶が戻った時も、つくしが忘れていたかった記憶まで蘇って、つくしの精神
 的なダメージは相当なもので、一時は命の危険だって有ったんだぞ。
 そんな時に、連絡出来るのかよぅ。
 無理に決まってるだろ。」
「えっ??」


滋は呆気に取られていた。


そして、皆は、つくし以外が頷いていた。



総二郎が、更に補足説明した。


「記憶が戻った司とつくしちゃんなら、元さやに戻るのは、時間の問題だけだって事は、
 滋でも、理解出来るだろ。」


あきらが、類と静の事を説明して話した。


「類だってそうだ、静が離婚しているって、知ってて渡仏した訳じゃないのは、滋も知っ
 ているだろ。
 類が渡仏する1ケ月前に静は離婚していたらしいぞ。」
「………」


滋は、更に肩身の狭い思いをしていた。



総二郎が更に、補足説明して話した。


「静が離婚して居るのが分かったら、類の初恋は静なんだ、何が有っても、類が静を離す
 訳、無いだろ。」
「………」


滋は黙り出した。


皆、その時、その時に色々、事情を抱えていた。



「「「滋さん、本当に言えずにごめんなさい。」」」


T3は滋に言えなかった事を謝った。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。