tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

健の場合…(もしも類とつくしが兄妹だったら…(家族編))<つかつく>



【道明寺つくし 編】


<つくしside>


健と杏ちゃんが二人の出した結論として、“お付き合いする事に成った。”と、健から連絡して来た。


あれだけ、私は、お兄様に怒られたけれど、健と杏ちゃんがお付き合いする事に不満も何も無かった。


私にとって健と杏ちゃんは、健は甥っ子・杏ちゃんは姪御。
何方も可愛いのは確か…。


あれだけ、お兄様から色々言われたけれど、『健と杏ちゃんは繋がっていたんだ⤴。』と、嬉しく思っていた。


そして、静お姉様からは謝られた。


「つくしちゃん、健と杏ちゃんの事で、類から色々怒られたのよね?
 ごめんね⤵。」
「静お姉様に謝ってもらう訳にいかないわ‼
 お兄様と私の兄妹の問題だから…。
 でも、心配してくれて、嬉しいよ⤴。
 静お姉様、有難う‼」


私は、お兄様の代わりに謝ってくれた静お姉様の優しさに感謝していた。


静お姉様はお兄様には勿体無過ぎるのよ‼


私は、そう思っていた。



<類side>


つくしには色々言ったけれど…、結局、健と杏が付き合う事にしたらしい。
健から報告を受けた。


だからって、つくしが余計な事に首を突っ込む癖は直させないといけない。


俺は、花沢邸につくしを呼び出した。


司も一緒に現れたのには、びっくりしたが…。


「お兄様、私を呼び出す何て、如何いう事?」
「分かっているよね?
 健の事には違いないけど…⤵。
 今回は、健と杏は上手く行った。
 けど、時と場合に寄っては、両家に溝を来たす事も有るくらい微妙な問題なんだよ⤵。
 男と女の問題は…。
 もう、これからは、直ぐ、何にでも首を突っ込む癖、止めなよ‼」
「………」



<つくしside>


つくしは、類が謝ってくれると思っていたので、“意気揚々と花沢邸に帰って来たのに…。”と、唖然として何も言い返せなかった。


ましてや、夫で有る司にまで言われてしまう始末だ。


「類の言う通りだ。
 お前、もう少し、何にでも首を突っ込むのは止めた方が良いな‼
 道明寺HDの専務としてもな‼」


何よ、二人して‼


でも、確かに、健と杏ちゃんが上手く行ってなかったら…。
そう思うと、寒気した。
そうだよね、上手く行く事ばかり考えていたけれど…⤵。
両家に溝が入ってしまえば、私の立場が…。



おぉ~、怖ぃ‼
これからは、気を付けよ‼”…っと。 ← ほんとかぁ~??
                             by 司&類






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。