tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

記憶を失って…<つかつく>  7.




楓はつくしの調査結果を待って居た。


1週間足らずで調査結果が楓の前に持って来られた。



~~調査結果は…


*つくしが大学1年の夏に階段から転落後、意識不明の重体で病院に運ばれた。
 手術後、2週間昏睡状態で覚醒後は、それまでの18年間の記憶が全て失われた。


*その後、つくしを助けた古菱夫妻の養女に成っている(古菱夫妻には実子は居ない)。


*世間では、古菱夫妻の実子として認識させている。


*つくしには記憶の無い18年間の虚偽の記憶が刷り込まれている形跡が有り。


*大学は、○○大学 経営学部をトップの成績で卒業


*つくしの実父母と弟は事故に寄り、他界。  ~~



また、余談として、楓は古菱商事の調査結果の報告も受けていた。


古菱社長は、5年程前から2回程、東京進出を狙っていた事を確認した。
2回とも、不発に終わっている。
唯、2年前から(つくしが入社した頃から)、古菱商事としての実績は、顕著に伸ばしていた。



調査結果を受け取った楓は直ぐに、古菱社長にアポイントを取る様に指示を出した。
また、『耕平』とか言う青年がつくしの傍に居る事も厄介で有る。
“早く手を打たなくては…。”と、楓は思っていた。


そして、アポイントを取って、古菱社長に面会した。


「これはこれは、道明寺社長が私共のような弱小企業にお越し下さるとは、どの様な用件
 でしょうか?」
「つくしさんの件ですわ。
 『牧野つくし』の筈が、何故、『古菱つくし』として、第2の人生を過ごしてらっしゃ
 るのかしら?」
「………」


古菱社長は、何も答えられずに居た。


「つくしさんは高校生の頃、私共の息子 司の彼女でしたの⤴。
 お恥ずかしいお話しですが、息子は今でも、つくしさんを忘れられないようで、足掻い
 ているようですの⤵。」
「ですが、御子息は確か、婚約者がお出ででは有りませんか?」
「ええ、以前は…⤵。
 ですが、司自身が受け付けず、婚約解消致して折りますの⤴。
 この婚約は、私(わたくし)一存で居たした事。
 つくしさんには辛い思いをさせてしまいましたわ⤵。」
「………」


楓は、此処で本題に持っていった。


「古菱社長、東京進出を狙ってお出でとか…?
 私共が手助けをさせてもらう事は可能ですのよ。
 但し、条件がございますの⤴。」
「どのような、条件でしょうか?」
「私共の息子 つくしさんをお見合いの席で引き合わせたいと思っておりますの⤴。
 如何でしょうか?」
「それは将来をも含めてという事でしょうか?」
「お見合いと言うのは、そう言う意味じゃ御座いませんの?
 それと、東京進出の際は、つくしさんを責任者として、据え置いて頂きたいわ⤴。」
「承知致しました。
 また、日取りは、そちらにお任せ致します。
 宜しくお願い致します。」


此れにて、交渉成立した。



古菱社長は、その後すぐ、耕平と耕平の両親に会い、道明寺社長との経緯(いきさつ)を話しして聞かせ、つくしとの結婚の件はなかった事にしてくれとお願いした。


これに異を唱えたのは、耕平だった。


「おじさん、約束が違うよ‼
 つくしは俺と結婚出来るんだったよね⤴。
 それが何故、『道明寺』何だ⤵。
 『道明寺HD』の方が、うちよりデカいから…?
 そうでしょ‼
 なら、今からでも俺、頑張るよ⤴。
 おじさん、もう一度、考え直してよ‼」
「………」


古菱社長は、黙ってしまった。


「耕平、古菱には古菱の仕方ない状況ってもんが有るんだよ。
 諦めなさい‼
 それが企業だ‼」
「弱い者は撒かれてれば良い訳?」
「この業界は弱肉強食だ‼
 耕平、諦めなさい‼」


耕平はつくしに会って、つくしの気持ちを聞こうと画策していた。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。